読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

会社から外れたらもう生きていけないという考え

会社に勤めている人の世界というのはとても狭い世界であり閉鎖的な世界です。自分でその外側に目を向けなければ内側の閉じられた世界しか見えません。 しかし、ほとんどの人がその狭い世界を広い世界とみなしており、かつ自分の人生だとみなしています。 そ…

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になってしまう

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすればその他の人たちは結束力が強まる、とはよく言われることでして、大抵の人が実際にやっていると思います。 友達関係はもちろんのこと、職場などでもそういう人間関係によって成り立っている部分があります。 世の…

職場で上司に気をつかいすぎて用件を言い出せない

職場などで先輩や上司が忙しそうにしていると一瞬ためらってしまい、用件を言い出せないなんてことがあります。「仕事の邪魔になってしまわないか」とか、「いま話しかけたら迷惑になるのではないか」などと気をつかってしまい言い出せなかったりします。あ…

会社や学校に行かなければいけないという義務意識

私たちは学校や会社に対して「行かなければならない」という義務意識を強くもちすぎています。「休んではいけないものだ」という気持ちが強すぎるために、人によっては余計に行けなくなったりします。

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になった気になる

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすれば、その他の人たちは結束力が強まる、ということはよく言われることでして、まあ、大抵の人がやっていることだと思います。 職場などではそういう人間関係によって成り立っている部分もあります。 世の中では大概…

嫌いな人が社内にいる時に考えてみること

会社に勤めれば嫌な人はたいてい一人はいます。嫌な人といっても自分にとって嫌な人なわけでして、嫌だと思っても相手をどうにも変えようがないですから、「仕方ない」と考えるのが一般的な考えでしょう。 それとは別に「それを自分のこととして考えてみる」…

会社におけるメンタルヘルスケアという動きについて

会社などのなかで行なわれている「メンタルヘルスケア」という動きは、心の病気になった患者の症状や精神状態を「正常に戻す」という意味合いがものすごく強い。しかし実際には、患者だけが病気なのではなく、社会や職場、世間のありかたなどの様々な良くな…

家庭や会社の組織には外から別の空気(人)を入れる

家族は、たとえてみれば卵の殻みたいなものでして、内側ではいろいろなことが起こっているのですが外から見ても何もわかりません。だから外部から第三者が入らないと変わらないところがあります。 第三者が入ってくると中の動きに変化が生じて、家族の成員が…

「あの人は心が弱い」などと言う人

「あの人は心が弱い」などと言う人がおりますけれども、職場にいる周りの人が圧力をかけていたら、心も弱くなります。それを精神力が弱いというふうにとらえるならば、それはおかしな話です。相手を気遣い助け合う方向にもっていけばいいのですから。

ストレスを無自覚にどこかで発散している

世間でもよく言われますように、現代の職場や社会では、非常に高度な能力や気遣いを求められるようになっています。 そのせいで高いストレスを感じるわけですけれども、その気持ちをどこで発散したらいいか、あるいはどうやって発散したらいいかわからないこ…