読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

苦手意識を理解して、苦手なものをどうするかを考えていく

苦手意識というのは当然出てくるものですから、「苦手意識を持ってはいけない」なんてことはありません。私はこれが苦手なんだと自分でしっかりと理解して、そこから自分はどうするのかを考えればいいわけです。

身体に対する考えや気持ちが変わると身体症状も治ってくる

自分の身体に対する考えや気持ちが変わってくると、身体症状も徐々に治ってきたりします。 身体症状が出ている時はつらくて苦しいですから、「どうして自分だけがこんな目に遭わなければいけないのか」とか、「自分の身体はどうしてこうなのか」と腐々したり…

悩むことに価値がある

「悩んでいる時間はもったいない。どんどん先に進んだ方がいい」と考える人もおられるでしょう。しかし悩んでいるからこそ人間は成長します。 悩みに対する解答が見つからないと先へ進めないのではなくて、悩んでいること自体に価値があります。

イライラを抑えたくて、抑える方法を知りたい

ちょっとしたことでイライラや怒りが出てしまうので、「怒りを抑えたい」と言われる人はとても多くいます。それで「どうしたらイライラが抑えられるか?」という方法を知りたくなるわけですが、方法を頭で理解して意志や理性でコントロールができるようなら…

問題に対して解決しなければならないと考えてしまう

問題があったら、これを解決しなければならないと考えてしまうのも強迫性格です。

考えることの意味

考えるということは、まさに「考える」ことであって、答えを求めることではありません。考えるというと、その先に解答があるように感じてしまいますが、それを手に入れるために考えるわけではありません。さらに言えば、考えることは「答えがない」というこ…

考えが偏るからこそ人と話をしている

人というのは普通に生きているだけでも、どうしても考えが偏(かたよ)ってきます。偏ったままだと社会生活を送るのが難しくなったり生きづらくなってきますから、偏りを戻さないといけない。 ところが人間はうまいことできていて、その偏りが自然と元に戻る…

「思い込み」を捨てなくてもいい

「思い込み」を捨てることまでしなくてもいいのです。そもそも思い込みを捨てることなんてできないですし、思い込みがあることによって、先を見ることを可能にしたり、予想できたりするのです。ですから、自分が思い込みをもっているということを分かってい…

考えや気持ちのバランスを良くする

栄養バランスや食事バランスを良くするのと同じように、考えのバランスや気持ちのバランスを良くすることも大切です。 「これが正しい」という考えにとらわれてしまいますと、ほかの考えを排除してしまいますので、偏った考えになってしまいがちです。 また…

しないことも大事

行動に移すことも大事なら、行動に移さないことも大事です。考えを形にすることも大事なら、考えを形にしないことも大事です。

論理的に考えることの行き詰まり

問題や悩みが起きた場合、多くは論理的に考えて解決策を出そうとします。しかし、その論理的思考によって思考が行き詰ってしまうことがあります。 頭が良い人が陥りやすいのは、きちんと論理的に考えれば解答が出ると思い込んでしまっているところに盲点があ…