加藤直樹の深層心理学 「ヴェール心理」 相談,大磯

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング  ご依頼ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

精神発達

精神年齢のことを本気では考えないようにしている

皆さんよく精神年齢が低いとか高いとかふざけて遊びますけど、あれを本気で考える人はほとんどいないでしょう。本気で自分の精神年齢のことを考えると愕然としますから。

天邪鬼は自分ではそうと気づいていない

相手の言ったことと反対のことをわざわざ言う人のことを「天邪鬼」と呼んでいます。 「暑かったでしょ?」と聞けば、「暑くなかったよ」と答え、「疲れたでしょ?」と聞けば、「こんなので疲れるわけないよ」と答えたりします。 相手を気づかって言っている…

きりがなく口から出てくる「不満や文句」

悩みは口に出して人に語れば徐々に解決してきたりします。また一般的な不満や文句も口に出して人に語れば徐々に無くなっていきます。 しかし、人格形成に問題を抱えている場合には「不満や文句」を口に出して人に語っても、キリがなく出てきます。無くなると…

好きな人にはケチをつけて、好きでもない人には優しい言葉をかけられる

人生でつらい目に遭ってきますと抱えている気持も複雑になっていますから、気持ちと行動がちぐはぐになってしまうことがあります。 たとえば、好きな人には全然甘えられなくて、すぐにケチをつけたり反抗したりしてしまうのに、好きでもない人には優しい言葉…

精神発達の問題を抱えている場合の否認の心理

自分自身が精神発達の問題をもっていること、言い換えれば、精神的に未熟であること(情緒的な成長ができていないこと)を大抵は認めたくありません。 そうすると、人によっては自分には発達障害があると考えたり、知的障害があると考える場合もあります。

「私は育ちが良い」と何度も繰り返し口に出して言う

「私は育ちが良いんだから!」と何度も何度も口に出して言う。こうした発言からは一般には、昔の裕福な生活が忘れられず今の生活を受け入れることができないということも感じられますし、また、平凡で質素な暮らしをしている人々と自分が一緒にされることが…

17歳から22歳くらいに無茶をして自分の限界を確かめようとする

17歳くらいから22歳くらいにかけて、自分の限界を確かめようとします。 どこまで無茶ができるのか、どれほど無理がきくのか、そうやって自分の限界を知りながら成長してゆきます。だから危険なことも向こう見ずでやったりします。 その際にほとんどの若者は…

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。 ところが、発達障…