ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

精神症状

心の病の発症時期と症状移動(シンドロームシフト)

心の病には、幼い頃には発症しづらく、大人になってから発症しやすいものがあります。 なぜ大人になってから発症するかというと、幼い時期は精神に柔軟性があるからです。 こんな目に遭うのは自分が悪いからだと思い込んだりするなど、辛いことがあってもそ…

家に帰りたくない、帰宅しようとすると具合が悪くなる相談

家に帰りたくない、または帰宅しようとすると緊張や動悸がするという場合の相談をおこなっています。 家に帰ることに対して否定的感情や否定的反応が生じていたり、なんとか家に帰ることができても、家に居づらい、家に居場所がない、家にいても緊張して気が…

思春期の精神状態や精神症状についての相談

思春期における精神状態や精神症状について、困っていることや悩んでいること、また理解できないことがありましたらご相談ください。 尚、思春期は10歳代とは限りません。

精神症状や心の病の治癒過程を説明します

精神症状や心の病がどのような心の内部の変容や人格変化を経て治っていくのか、治癒過程を説明します。 またその治癒過程で、周りにいる人たちの意識がどのように変わっていくのかも説明します。

神経症症状や精神症状に関する質問があれば

神経症症状や精神症状でわからないことがありましたら訊いてください。

相手の性格が変わってしまい困っていたら

相手の性格が変わってしまって、対応に困っておられましたらご相談ください。

長時間労働や仕事のプレッシャーによる精神的症状の相談

長時間労働や仕事の過度なプレッシャーで、精神的な症状が生じている場合はご相談ください。

何かによってに精神的に支えられている

何気なく暮らしているときは気づきませんが、いったん精神の安定さが失われると、これまで自分が何かによって精神的に支えられてきたかがわかります。 精神が乱れると情緒が安定せず、晴れない気分に覆われ、心身症状が出たりすることがありますが、精神的な…

精神的に追い詰められると誰も信用できなくなってくる

職場や学校でつらく苦しい状況が続いて精神的に追い詰められますと、周りの人が敵に思えてきて、誰も信用できなくなったりします。

心の病や精神症状の疑問にお答えします

心の病や精神症状のことで疑問や分からないことがあれば、どのようなことでもご質問ください。詳しくお答えします。

身体は症状によって本人に現状を気づかせようとしている

症状は何らかの目的があって出ていることが多いものです。ほとんどの場合は本人に自分の現状を知らせるために出ています。 どのような現状を知らせるかといったら、「何かに対して無理をしすぎている」ということです。そして「自分自身を守りなさい」という…

心身不調や精神不調の相談ができます

私のところでは心身不調や精神不調の相談をおこなっています。 まずじっくり話をお聴きします。そしてどのようにしていけば良いかの話をします。 心が病む仕組み、精神状態が悪くなる仕組みを説明いたします。 また精神的ダメージ、過緊張、過労などで精神症…

地球崩壊妄想

地球的規模の自然災害が起こって地球が崩壊してしまうのではないか、と恐怖に苛(さいな)まれる人もおられます。 災害が起こるというのは妄想なのですが、本人にとっては現実のことに感じられ、しかもそれが近々の未来で起こるように感じられるために日々苦…

症状が自分にとって何を意味するのか

身体は自分自身を治すような仕組みになっていますから、症状が出ている場合には、何ゆえに症状が出ているのかを知ることが大切になってきます。 早く治してほしい、早く症状を取り除いてほしいという気持ちになるのはわかるのですが、自分にとってその症状が…

過労で精神的身体的に病んでしまう前に

過労で精神的身体的に病んでしまう前に、私のところにいらしてください。

精神に負担がかかっていても無理に踏ん張ろうとする

筋トレや運動をして身体に負担をかけているときは、だんだん疲れて体が動けなくなりますから、自分自身が疲れているということがわかりますし、疲れたら休まざるをえなくなります。 ところが、精神に負担がかかっているときは、つらいということは分かってい…

これまでの人生で抱えてきたものがあまりにも大きい

心の病になるといってもある日突然に病気になるわけではありません。 これまでたくさん抱えてきているものがあるわけです。 その抱えてきているものが本人にとってあまりにも大きくなってしまったので、それが心の病となってあらわれてきたということです。

仕事を頑張りすぎることでの心身の不調

仕事をしていることが何よりも楽しいという人も多いと思います。 そういう人は体調を崩しても頑張り続けたりします。 頑張って頑張って目標を達成したり、人に喜んでもらったりすることがめちゃくちゃ楽しいのです。 だから休むということをまずしない。 と…

気づけないストレスによる精神不調や心身症状

自分で気づけているストレス、たとえば仕事がつらいとか恋愛や家庭が大変だとか自覚できている場合、心身に症状が出たり病気になったとしても、どうして自分がそうなったかをだいたい理解できます。 ところが、たとえば相手のことを好きで好きで仕方がないと…

奥さんが旦那に話さない苦労話と心身症状

奥さんが旦那さんにしゃべらないでいる話なんてたくさんあります。 その中でも、過去の苦労話というのは旦那さんにはまずしゃべらない。 好きな旦那さんと楽しく一緒に暮らすために、自分のなかでしゃべらずにいよう、と決心しているからです。 それで、奥さ…

心身の歪んでいる部分に症状が生じる

身体はどこかが歪んでいますし、性格もどこかが歪んでいます。 みんなそうです。 完全体の人なんて一人もいません。 ですから身体の歪みや性格の歪みがあること自体はそれほど問題ではありません。 ただ、そこに対人関係やら仕事やらの外部からのストレッサ…

心が病んだ意味、精神的症状が出てきた意味を考える自分

心が病んだり精神的な症状が出てきたら、たいていの場合、その原因は何だろうと考えます。 無理をしすぎたんじゃないかとか、ストレスがたまっていたんじゃないかとか、つらさが耐えられる限界を超えたんじゃないか等と考えます。 そしてその後に、病気にな…

生き方を見直すよりも症状の除去を願う

症状に苦しんでいる人は、症状を生み出している自身の心の悩みを解決するよりも、「早く症状を取り除きたい」と願うのは当然だと感じます。 本来であれば、自身の生き方を見直すといった長期的な治療に目を向けるのが大事なのですが、実際にはなかなか難しい…

病を見るより人を診る

治療においては、「病を見るより人を診る」ことが根幹です。 その人の人間そのものを診ることが、病気にどのような意味が含まれているのかを教えてくれて、どのように治したらいいのかを教えてくれます。

治してあげる態度から尊重する態度に変わる

心が病んでいる状態や精神症状を治していく際には、具合が悪くなった経緯や、本人の人生の歩みついて十分にお聴きしています。 そういうことをお聴きしていますと、相手のことがよくわかり、治療者の“治してあげる”といった態度が間違っていることに気づきま…

自分をわかってもらいたい時の心身症状

人は、自分のことをもっとわかってもらいと切実に感じていたら、自ら心身症状をもつくりだします。

同じような状況でも症状が出るときと出ないときがある

人混みが平気な人もいれば、人混みを苦手と感じる人もいます。人混みが苦手な人にとっては人がたくさんいる所にいけば気分が悪くなったりします。でも、同じ人混みでも友達がたくさんいる状況であれば大丈夫だったりします。 ですから同じような状況でも、本…

うつ病の人の人間全体を診ていく必要性

うつ病について言いますと、時々、うつ病の原因が脳内物質ということで片づけられてしまうことがありますけれども、原因をそういう局所的に考えるとうつ病というものがよくわからなくなってしまいます。そうじゃなくて、うつ病になっている人を、社会環境や…

家事や弟妹の世話に追われてきた人

大人の見本となるべき両親もいない状況で、幼い頃から家事をしなければならなかったり、弟や妹の世話に追われてきたという人も少なくありません。友達と遊ぶこともなかなかできず「若い時期に楽しめなかった」と聴くこともしばしばです。そういう人たちの中…

愛情失調による心身の不調

栄養失調はほとんどの場合に誰でも自覚があります。お腹がすいたと感じますし、空腹は耐えられませんから。 ところが愛情失調は多くの場合、自覚がありません。愛情が足りてないとか寂しいと感じていたとしても、その気持ちを無意識に抑えることができますか…