ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

精神疲労

正常な判断ができるように「休む」「話す」

疲れていると正常な判断ができなくなり、本来の自分であればしないようなことをしてしまうことがあります。 ですから身体だけじゃなく頭もゆっくり休めてください。 そして、心にゆとりが出てくるようになるために、話をしにいらしてください。

心理カウンセリングに来られる人たちの水準の高さ

心理療法や心理カウンセリングに来られる人たちは、世間ではコミュニケーション能力が低い人たちと思われていたりしますが、そんなことはありません。 むしろその逆で、コミュニケーション能力がとても高い人が多いです。 コミュニケーション能力の水準がと…

生きる活力が希薄でみんなと一緒に楽しめない

生まれながらにしてかどうか分かりませんが、生きる方向の活力が希薄な人というのも、多くおられるのだろう、と私はよく思います。 何があったわけでもないけれど、生きる方向の活力が希薄であるがゆえに、世の中を冷めた感じで見てしまい、みんなと一緒にな…

自分の弱み(恥ずかしさ)を隠そうとして疲れる

自分の弱み(恥ずかしいと感じていること)を隠して、見せないように見せないようにしているとすごく疲れます。 たとえばそれは、頭の悪さ、どもり、体形、顔の悩み、家族の問題などが挙げられます。 家からいったん外に出れば、みんなの視線や意見を気にす…

家に帰りたくない、帰宅しようとすると具合が悪くなる相談

家に帰りたくない、または帰宅しようとすると緊張や動悸がするという場合の相談をおこなっています。 家に帰ることに対して否定的感情や否定的反応が生じていたり、なんとか家に帰ることができても、家に居づらい、家に居場所がない、家にいても緊張して気が…

長時間労働や仕事のプレッシャーによる精神的症状の相談

長時間労働や仕事の過度なプレッシャーで、精神的な症状が生じている場合はご相談ください。

苦しいときにはサポートします

苦しいときにはサポートしますので、いつでもおっしゃってください。

「日本はもうダメだ」という発言をする場合

ニュースなどを聞いては、「日本はもうダメだ」とか「もう日本は終わっている」と頻繁に言う人がおられます。 こういう発言をするということは、日本がダメなのではなくて、発言している本人が精神的にダメな状態になっているということです。 仕事など何ら…

自己中と思われないようにするための気づかいと気疲れ

自分に対して「ありのまま」になろうとしても、多くの人は自己中だと人から思われたくないために、「ありのまま」になることをためらいます。 それほど、ありのままと自己中は混同されやすい。 「私は自己中じゃないのよ」ということを示そうとして、そこに…

自分の感覚に鈍く、私の身体は頑丈だと勘違いしている

仕事をバリバリこなしている人のなかには自分の感覚に鈍くなっていて、ストレスを感じているんだか感じていないんだか分からなくなっている人がいます。 疲れや仕事のしんどさに鈍くなっているがゆえに、「私の体は頑丈にできている」などと勘違いしているこ…

威張っていることでの疲労

「虚勢は自信のなさの裏返し」とよく言われます。 自信がないので相手からバカと思われることを怖れていて、また恥じていて、それで威張ってしまう。 威張っていても心のなかでは無理をして、そして気を張っているのですからすごく疲れます。

感受性を鋭くしたことから意識過敏になり、精神疲労が生じる

何らかの事情で相手の気持ちをすぐに察知しなければならないとしたら、感受性を鋭くせざるを得ません。 感受性を鋭くすれば、相手が何かをする前に相手の気持ちを読み取ることができ、事前の対処ができるようになります。 ただ、感受性を鋭くするとそれに伴…