読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

つらいことを何でもないかのように平気で話す

つらい状態の時には話す口調もつらい感じ、また重々しい感じになります。つらいわけですから当然そうなります。聴いている側にもつらさが伝わってきます。 ところが、つらいことを何でもないかのように平気で話す人がおられます。マリリン・モンローなんかが…

親からひどいことを言われてきて人生を楽しめない

親からひどいことを言われて育ってきて、それで人生を楽しむことができないという人も少なくありません。そして、自分が結婚して子どもができたときに、同じような悪影響を自分が子どもに与えてしまうのではないかと心配する人もおられます。 そういう人たち…

精神世界ではあらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまう

精神的な世界に入りますと、感受性が鋭くなって敏感になり、あらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまうようになりますから、周りの環境や他人の言動に多大な影響を受けるようになり、気分が自分では制御できないほど揺れることになります。 ですから、精神…

体の見た目が気になって仕方がない

女性に多く見られることですが、抱えている何らかの心理的問題が体の問題へと替わったりします。 本来なら、心の悩みをそのまま悩めればいいのですが、それが苦痛だったり、悩むことに耐えられない場合には、身体のことで悩むように悩み事がすり替えられてし…

精神の世界で起こる極端な言動と強迫

気持ちが不安定になっていると、言い換えれば、精神の世界に少し足が入っていると、向こうの世界とこちらの現実の世界を行き来するようになるので言動が極端になりがちです。 しかし本人にとっては必死でそれらの世界を行き来しているので、なかなか気づけま…

考えすぎと言われている場合に -切迫焦燥感-

人から「あなたは考えすぎ」と言われたことがある人もおられると思います。そういう人の中には、単なる考えすぎではなくて、切迫焦燥感が強く出ているのかもしれません。感覚が研ぎ澄まされて現実が強烈に自分のなかに入ってくる状態です。

心理療法を受けてからの一時的なわがまま

心理療法を受け始めて日にちが経ちますと、わがままを言うようになったり、理不尽な要求をするようになる場合があり、本人や周りの人から見て、精神状態が悪くなっているようにみえます。 それで「心理療法を受けているのにどうして余計にひどくなるのだ?」…

ダイエットは食事や運動の問題が解決すればいいと思い込みやすい

ダイエットという言葉が口癖のように氾濫する時代となっています。ダイエットでは「食事を摂る(あるいは摂らない)」こと、または「運動をする」ことが特に叫ばれるために、「行為」や「態度」が問題の中心だと思い込みしやすくなります。そしてそれが解決…

精神的な苦悩

精神的な苦悩は誰一人として同じものはありません。他人から判断したら「そんなことあり得ない」と思えるようなことでも、本人にとって現実に起こっていることであり、深刻な悩みなのです。 ですから、そういうことをわかってくれる専門家、そういうことをわ…

自分を大切にしてくれている人をないがしろにする

「自分を一番大切にしてくれている人を、一番ないがしろにする。」 この心理状態になっているときは自分自身ではなかなか気づけないので、相手からみると「なぜこんなに冷たい態度をとられるのだろう」と理解できない疑問を感じることになります。