ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

神経症

子どもの攻撃性と児童神経症

子どもは悪さをしたり、ふざけたりするのが楽しいのですから、親はそういうのを見守ったりして気楽にしているのがいい。 そうした行動は攻撃性が適切に出ている状態と言えますから。 それを真に受けて、子どもをうっとうしがったり叱ったりするので、子ども…

ノイローゼ(神経症)の症状は様々な形で出てくる

ノイローゼ(神経症)をおおざっぱに言いますと、意識状態がごちゃごちゃになって不安や恐怖があふれ出し、それで緊張が引き起こされ、心身や精神がおかしくなっていると感じられる状態です。 ノイローゼ(神経症)という名称は様々な症状や状態の総称のよう…

自分の視線が相手に不快感を与えている

思春期には「眼」に関する意識の変容が生じることがあります。 自分の眼や視線が、相手を嫌な気持ちにさせているのではないか、不快感を与えているのではないかといった思い込みが生じます。

意識しないようにすればするほど意識されてくる

あることを意識しないようにしようとすればするほど、そのことがさらに意識されてきます。

神経症症状や精神症状に関する質問があれば

神経症症状や精神症状でわからないことがありましたら訊いてください。

どう見られているかが気になって、したいように行動できない

相手から悪く思われたくないという気持ちが強くなりすぎると、自分がどうみられているかが過剰に気になり、相手の気持ちを勘ぐって、自分のしたいように行動することが難しくなります。

神経症は自分に嘘をついている状態

嘘(うそ)というのは、日常生活を送っている限りは、つく必要がほとんどありません。 相手を傷つけないためにするといった特別なとき以外は。 ところが神経症の場合、自分に嘘をついている状態になっています。 言い方を変えれば、自分の本当の気持ちを封じ…

人に合せようと無理をして精神的な具合が悪くなる

人と会ったり話をしたりすれば、誰でも多かれ少なかれ人に合せようとします。 人によってはかなりの精神的負担になります。 人に気をつかい過ぎてしまう人は自分の意志に関係なく、どうしても人に調子を合わせようと無理をしてしまうので、精神的な具合が悪…

ヒステリー性格とは

ヒステリーというと多くの人が考えるのは、情緒が不安定で何かにつけ騒ぎ立てるような状態のことだと思います。 精神分析ではそれをヒステリー性格と呼んでいて、感情が言動を通して表れることをいいます。 相手の言うことを真に受けやすく、自己中心的で誘…

両親の不和で子どもに死の恐怖が生じる

子どもは、両親の不和を目の当たりにして暮らしていると、心の中に不安がどんどん溜まっていき、「私はどうしたらいいの?」とか、「私はここから消えてしまいたい」と感じるようになります。 それがふとした拍子に心の外に出てしまうと、「まだ死にたくない…

神経症としての「痩せたい願望」

やせたい願望やダイエットは、一般的には異性や同性を意識したものであり、「人から魅力的にみられたい」というものです。 ところが神経症としての「痩せたい願望」は、異性や同性を意識したものではなく、また恋人をつくるためのものでもありません。 まっ…

赤面恐怖症と赤面症

赤面恐怖症は実際には赤面していないんだけど、赤面しているであろう自分を見られて恥ずかしくて逃げ出したくなるものです。 赤面症は実際に赤面するものです。

将来が不安であれこれ気を揉んでしまう

今この瞬間を積み重ねていくことによって将来と成っていきます。 ですから将来がとても不安になってしまう場合は、今のこの瞬間もどうしたらいいかとあれこれと気を揉(も)んでいます。 色々なことが頭のなかに生じてくるので、それらを悩むことで意識がい…

客観的な生き方しかできない苦しさ

客観的に見ることが良いこととみなされていますが、客観的な生き方しかできずに苦しんでいる人もおられます。 みんなの中に入って楽しんだり、没入するとか熱中するということができず、いつも外から観察するような自分を感じながら生きています。

考えすぎていたり気分が落ち込んでいる場合に

答えの出ないことを延々と考え続けてしまい苦しくなっている場合や、気分が落ち込んでどうしようもない精神状態になっている場合はお電話ください。

原因を見つけ出すことに心を奪われる

人は原因がはっきりしないものについてはモヤモヤして、とても不安になります。 だから、なんとかして明確な原因を見つけ出そうとします。 「私がこうなのはなぜか?」とか、「あれがいけなかったんじゃないか」とか。 そうやっていろいろと考えてしまう気持…

過労による体調不良で病気の不安がおこる

疲れが非常にたまってきますと体調も崩れてきます。 健康がすごく気になる人の場合、それで余計に身体の健康が非常に気がかりになってきますから、何かの病気なんじゃないだろうかと不安になったりします。

心の病では仕事をするのが難しく、人格に問題を抱えている場合は仕事ができる

心を病んだ場合、たいていは仕事ができなくなります。気分障害の場合はさまざまな気分が自分を覆ってしまいますし、統合失調症の場合は様々な不安や恐怖が襲ってきますので、とても仕事どころではなくなります。 神経症の場合はかろうじて仕事はできますが、…

深く悩んでいる人は他人になかなか理解されない

深く悩んでいるときは意識が自分の内面に向っていますから、心や精神の世界に入り込みやすくなります。 心や精神の世界は現実の世界とは異なりますから、向こうの世界の話をこの社会で普通に暮らしている人にしても話がかみ合いません。 それゆえ、深く悩ん…

人間関係を良くしようと力(りき)みすぎ

人間関係が良くないのでそれを変えようとしている場合に、どうしたら良くなるかと深く考えすぎてしまいますと、相手に対して気軽に接することができなくなってしまうこともあります。言い換えれば、力(りき)みすぎてしまう。 そうすると自分が自分を追いつ…

人からバカと思われたくないために気をつかう

人からバカと思われても結構と考えている場合は気楽に生きられますが、人からバカと思われたくないと考えている場合は、いろいろと体裁を整えたり人にいろいろと気をつかうことが出てくるので疲れるのです。

責任感を過剰に感じていて辛い

責任感を過剰に感じていて辛くなっていたらご相談ください。 何もかもをご自身で背負う必要はないのですから、その背負っているものを話してください。

会社をすぐ辞めて問題から避ける「退却神経症」

数十年前に転職を繰り返していたら、ただの「根性なし」と思われていました。現在は転職を繰り返しても、あまりそういうふうには見られません。 派遣業態も広まったし、正社員を望まない人もおります。また会社の倒産があったりとか、職を変えて自己躍進を求…

神経や気を使い続け、我慢をし続けて生じた喘息(ぜんそく)

神経や気を非常につかう状態、言いたいことも言えないような我慢を強いられる状態が長く続くと、人によっては喘息(ぜんそく)が生じる場合があります。とくに女性にみられます。

医原神経症とは -悩んでいる人を余計に悩ませ不安にさせる-

心理カウンセリングや民間療法、医学、スピリチュアルや占い、そして自己啓発や人生論などの勉強を中途半端に学んだ人が、悩んでいる人の人生相談やセラピー相談を受けて、悩んでいる人を余計に悩ませ不安にさせてしまうのを医原神経症といいます。 そういう…

病気になっているのではないかという強迫的観念が心気症

病気になっていないにもかかわらず、「私は重い病気になっているのではないか」、あるいは「これから大変な病気にかかるのではないか」とずっと気に病んでしまう状態を「心気症」と呼んでいます。

地球崩壊妄想

地球的規模の自然災害が起こって地球が崩壊してしまうのではないか、と恐怖に苛(さいな)まれる人もおられます。 災害が起こるというのは妄想なのですが、本人にとっては現実のことに感じられ、しかもそれが近々の未来で起こるように感じられるために日々苦…

人に気を使いすぎてイライラが起こってくる

人に気をつかえるのは人間としてすばらしいことです。 ただ気をつかうことが身につきすぎてしまって、自分の意志とは関係なしに、あまりに人に気をつかうようになっていると、人と一緒にいるだけでも疲れてしまいます。 気をつかうのを程ほどにしておければ…

あまりにも美を追求し続ける行為

女の人で、美(美しい顔や美しいスタイル)をあまりにも追求し続ける人もおられます。 そういう人のなかには、つらい生活を送ってきたりして、そのつらさに対する凄まじい怒りや嫌悪を溜め込んでいる人もいます。 そうした感情をどうにかしようとするのです…

狭い空間が怖い感覚

閉所、いわゆる狭い空間が怖いと感じる人がおられます。 これは環境からの侵入的な感覚が起こることによって恐怖感が生じたりします。 言い方を変えれば、自分が追い込まれ圧迫されるような心理が働くためです。