加藤直樹の深層心理学 「ヴェール心理」 /発達心理と精神,大磯

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング  ご依頼ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

知識

外面は良くなっても内面の成長が追いついてこない

自分を変えていくためには自分をしっかりと省みることが必要になります。 ところが、それは時間のかかる面倒なことです。 そのため省みることをせずして、知識を学んだり技能を身につけること、つまり自分を強化することによって自分を変えていこうとするこ…

相手の言っていることにすぐに賛成したり反対する

日常生活では相手の言っていることが正しいと思えたら同意・賛成し、相手の言っていることが間違っていると思えたら否定・反対しますでしょう。 何気なく生きているときには、そんなふうに深く考えずに簡単に判断を下しています。 ところが、本気で自分自身…

人からバカと思われたくないために気をつかう

人からバカと思われても結構と考えている場合は気楽に生きられますが、人からバカと思われたくないと考えている場合は、いろいろと体裁を整えたり人にいろいろと気をつかうことが出てくるので疲れるのです。

自分が体験して知ったことを人に教えたくなる

私たちは何かを体験すると、そのことについては理解した、もう知っていると勘違いしてしまいがちです。そして、そのことを人に教えてあげたくなります。ある出来事を自分が一時的に体験したということに過ぎないのにです。

学校で学ぶ知識の扱い方を学ぶ

私たちはいろんなことを学びたいという欲求があります。歴史を知りたいという人もいれば、英語を学びたいという人もいるでしょう。 学校で学ぶ知識は、その知識を「覚える」ことが目的になりやすく、それをどれほど多く覚えていられるか、ということが問われ…

大量な情報と生きるための知恵

マスメディアは大量の情報を発信してきます。「こんなこともある、あんなこともある」とテレビや雑誌、本、ネットでもものすごい量を送り出してきます。「これを知らないと損です」と言い切っているところさえあります。しかも私たちもそうした情報のおかげ…

知識を手に入れるよりも愛情をたくさんもらう

過去からつらい経験をしてきたりトラウマなどを抱えていれば、そこから回復しようとよりよく生きようともがいてきているはずです。たとえば知識や情報をたくさん手に入れようとしたりすることもみられます。 なぜなら、知識を身につければ何かの解答が得られ…

「こう考えたらいい」とうたう人生論の本を読みたがる場合に

人生について書かれた書籍などにありがちなのは、「こういうことをやったらいい」とか「こう考えたらいい」などと書かれたものです。そういうものを読みますと、参考になったりヒントをもらったように感じて、次から私もこれを実践しようなどと考えてしまう…

自己向上に励み、相手の分析ばかりしている

自分が能力的に向上することにばかり精を出していますと、相手を分析したり診断したりする傾向が強くなり、相手の気持ちを深く考えたり、相手に寄り添って話を聴くということがおろそかになりがちです。

なんでも知っていたら良いわけでもない

「知らない人は損している」なんて言い方をしますけれども、なんでも知っていたら良いというものでもありません。