加藤直樹の深層心理の相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

矛盾

何が正しくて、何が間違っているのか

「何が正しくて、何が間違っているのか」ということを追求しすぎると、だんだんと自分が何をしているんだか分からなくなってきたりします。 たとえば、最初は、自分のためにあるいは世の中のために「正しいこと」をしようとやっていたつもりが、いつの間にか…

「絶対○○をしない」と言う行為

「私は絶対○○をしない」と言う場合、大抵それをしています。絶対にしないなら、そもそもその行為について意識をしないですから、「○○をしない」などと口に出さないものです。わざわざ言葉にして言うということは、それが気になってしょうがないのです。

人は矛盾を抱えているもの

矛盾した考え、矛盾した行為を誰でもやっています。やっていない人はいません。自分が過去に言ったことと反対のことを言ったり、やったりしています。それが人間です。 そうした自分の抱えている矛盾を自覚している人もいれば、していない人もいて、自覚して…

気づけないストレスによる身体の不調

自分でわかっているストレス、たとえば仕事がつらいとか、恋愛や家庭が大変だとか、そうした自覚できているものは、身体にそんなに大きな影響を与えません。 というのも、自分がつらいとわかっているぶん、自分で制御、対処できるからです。 ところが、たと…

精神的に成長するときに

精神的に成長するときには、「自分は何なのか?」「自分は何をしているのか?」ということで悩みますから、情緒が不安定になったり、矛盾した行動が起こります。そしてそういう過程を経て、自分への理解が進むと、気持ちが安定した段階に入っていきます。

言っていることとやっていることが矛盾している

私たちは自分のなかにすごく矛盾を抱えているわけですけど、現実世界では自分の矛盾を矛盾とは感じずに暮らしています。たとえば他人に「こうした方がいい」とか「なぜこうしてくれないの」と言いながら自分は何もしてないとか、そういうことをしている。あ…