読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

遺伝ではなくて人との関わり合いによって人は変わってくる

脳や容姿などといったものは遺伝やDNAなどで決まっていますから、受け継いだ通りに発達していきます。ただ、発達といっても遺伝やDNAなどで決まっているのは「方向」だけですから、自分という人間が心身を含めてどうなっていくかは、人との関わり合いによっ…

品位は顔にも言葉にも出る

世間でよく言われるように、歳を経てくると「品位」というのが顔にも出ますし、ちょっとした言葉にも出るようになります。 品位というのは時々勘違いされますけど、オーラとかキラキラ輝いているとか、そういうものではありません。 つつましさとか奥ゆかし…

見た目や格好から言葉へと自己表現が変わる

若い時は自分の考えを言葉で表現するのが難しいですし、まだ得意分野を持っていないことが多いですから、見た目や行動で自分を表現しようとします。 たとえば髪型で表現したり、服装や持ち物で自分を表したりする。つまり、相手からどんなふうに見られている…

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよう…

安心していられるから肉体的にも精神的にも成長・発達できる

「寝る子は育つ」と言われます。寝られるということは安心していられる環境があるということです。そして安心していられれば肉体的にも精神的に成長・発達できます。つまり健康でいられるということです。それは子どもだけでなく大人も同じです。

自分を理解してくれて支えてくれるパートナーをもつ

病気を治していくにはお医者さんというパートナーが必要なように、自分を変えていくには「自分の話を聴いてくれて理解してくれて支えてくれるパートナー」が必要です。 自分一人で自分を何とかしようとしてもそれは無理な話です。自分を変えていくにはどうし…

自分にとって嫌いな性格を他人に言ってしまう

誰しも「ああいう性格の人は好きじゃない」というのがあります。人間ですからそういう気持ちが出てくるのは普通のことです。 そういう気持ちを言いたい時は仲のいい友達のなかだけで言えばいい。 ところがその気持ちをネット上に書き込んで、大勢の人にまで…

人間を深く理解していく ~反抗期などの発達過程~

私たちは「反抗期」というものを知っています。子どもが成長していく段階で親に歯向かったり、言うことを聞かなかったりするものです。 私たちはその反抗期というものを知っているから、子どもの悪態や暴言、無視などを温かく見守っていけるわけでして、もし…