読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

病気

積極的で対抗的(攻撃的)な人に起きやすい心身症

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。そして大抵いつも頑張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。 そのため、病気ではないのに身体のあちこちが具合の悪…

心身状態を分類して病名をつけすぎる「医原性障害」

「これこれの項目が当てはまる場合は病気の可能性があります、または病気になりやすい」というようなこと啓蒙していったり、または、治療者が「○○病です」と過剰に診断することによって、健康な人を患者にしてしまう例はとても多くみられます。 このようなこ…

身体と精神の消耗感

身体を酷使すれば身体が消耗したことを感じます。それでも一日寝ていたり、たくさん休養をとれば数日後には回復します。しかし、身体を酷使し続ければ身体はダメになってしまいます。 人に対して気を過剰につかえば気が消耗したことを感じます。それでも一日…

「私は負けない」という対抗心 -痛みと体調の悪さ-

困難に対して、「こんなことで私は負けない!」と気合を入れることもあるでしょう。そういう気持ちも大切です。 しかしその一方で、困難に“対抗”しようとしてばかりいると、神経が攻撃態勢に入りますから普段の生活でもイライラが起こったり、ケンカ腰になっ…

症状を性格や生き方のせいにできずに身体のせいにする

症状が生じている場合、多くの人は自分の性格や生き方や感受性が症状を引き起こしたとは考えたくないものです。なぜなら、自分自身が責任を負うことになるからです。これまでの自分の行為を省みて、何が悪かったのかを見つめなければなくなるからです。それ…

癌の発症が心配なら自己意識や環境を見直す

癌の発症が心配でしたら、食べ物に気をつけるだけでなく、生きている環境や立場、自己意識や感受性などを見直していくといいでしょう。

気楽さを取り戻す

気楽さを失ってきますと同時に健康さが失われ、気持ちが病んだ状態になってきます。ですから、ここにいらして話をして、気楽さを取り戻してください。

寒い時期には心身や精神の活動を低下させる

私たち人間は寒い時期には心身や精神の活動を低下させることによって、自分の身を守ろうとしたりします。 ただ現代は文明が発達していますから、建物の中も暖かいですし、衣服も体温を保温するものがありますし、食べ物も豊富にありますから、自分の心身や精…

病気になって自分のことを深く考える

病気になりますと自分のことを深く考えるようになりますでしょう。 「なぜ自分が病気になるのか」という問いから始まり、「なぜ自分が存在するのか」「自分とは何か」という問いが生じてきて、自分の意義を考えざるを得なくなります。

遺伝ではなくて人との関わり合いによって人は変わってくる

脳や容姿などといったものは遺伝やDNAなどで決まっていますから、受け継いだ通りに発達していきます。ただ、発達といっても遺伝やDNAなどで決まっているのは「方向」だけですから、自分という人間が心身を含めてどうなっていくかは、人との関わり合いによっ…

心に負担がかかっていても無理に踏ん張ろうとする

筋トレや運動をして身体に負担をかけているときは、だんだん疲れて体が動けなくなりますから、自分自身が疲れているということがわかりますし、疲れたら休まざるをえなくなります。 ところが、心に負担がかかっているときは、つらいということは分かっていて…

仕事を頑張りすぎることでの心身の具合の不調

仕事をしていることが何よりも楽しいという人も多いと思います。そういう人は体調を崩しても頑張り続けたりします。頑張って頑張って目標を達成したり、人に喜んでもらったりすることがめちゃくちゃ楽しいのです。だから休むということをまずしない。 ところ…

会社におけるメンタルヘルスケアという動きについて

会社などのなかで行なわれている「メンタルヘルスケア」という動きは、心の病気になった患者の症状や精神状態を「正常に戻す」という意味合いがものすごく強い。しかし実際には、患者だけが病気なのではなく、社会や職場、世間のありかたなどの様々な良くな…

病気が出てきてくれた意味を考える

病気になったら、どうして病気が出てきたのかを考えていき、自分にとって病気が出てきてくれた意味を理解できたらいいなと思います。

世間の言っていることや世の中の出来事にイライラする

他人の言っていることや、世の中の出来事に毎回反応してイライラしていますと、身体の具合も悪くなってきます。

親身な助言に聞く耳をもたない

相手が親身な助言をしてくれても、人とというのはなかなか聞き入れられないものです。たとえば、「タバコをやめたら?」などと言われると、「そう言われることがストレスを感じるんだよ」などともっともらしい反論をしたりします。心配してくれている親や友…

「心と身体はつながっている」とよく言うけれど

「心と身体はつながっている」ということを皆さんよく言われますが、実際に自分の身に起こったときには、そう考えられないことがほとんどです。 といいますのも、身体に何らかの症状が出たときに、「あ、この身体症状は心の問題から出てきている症状だから、…

ストレスをこれ以上気にしない、と考えること

「ストレスをこれ以上気にしない強いメンタルの作り方」などということが最近よく言われます。ストレスを感じるということは心身からの警告なのですから、それを気にしなくなったら、病気になってしまいます。

どう生きるかが大事

「治る」ということも大事ですが、もっと大事なのは「どう自分が生きるか」ということです。“どういうことが自分の人生なのか”ということがわかってくると、心身の調子もガラリと変わってきたりします。

カリカリすることによる身体の不調

カリカリする気持ちも身体の状態に大きな影響を与えます。仕事をもっと頑張らなくちゃとか、もっと自分を向上させなきゃとか、そういうふうにいつも自分を急かすことによって、気づかないうちにカリカリしてしまいます。そしてそれに伴って体に不調があらわ…

身体が本人の命を守るために病気を発症させる

無理をした状態、あるいは、つらい状態がずっと続いたりすれば、病気になりやすくなります。ところが本人は無理した状態をやめようとしないことが多くみられます。というのも、人にはそれぞれ事情がありますから、そんな簡単にはやめられないのです。お金の…

病気や運命に勝つ負けるという考え方

「病気と闘う」とか「不幸な運命と闘う」といったように、勝つ負けるという考え方を多くの人は好きです。勝って乗り越える、打ち勝って勝利するということが人間としての成長につながると考えているからかもしれません。 勝つという体験も確かに大切で必要な…

入院して出てくる悪態や文句

重い病気になって入院することになったら、人に悪態をついたり文句も言いたくなるでしょう。いい人ほど「なんで私がこんな病気になるの?」という気持ちでいっぱいになるでしょうから、悔しさだとか悲しさだとか不服とか、そうした感情が悪態や文句に変わる…