加藤直樹の深層心理学/精神分析・健康相談

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

生き方

心の症状とその後の生き方

心の扱いはとても難しいものです。 抑うつも神経症も含め、心の苦しみは脳にも原因があるのだから、薬で治す方がずっと効果的で早い、と言われることがあります。 仕事をしている人はなおさらで、毎日忙しいですから、時間のかかる「精神分析」のような心の…

アネゴ肌の役割を演じている私

一見しっかりしていて頼られる存在で、アネゴ肌とみられている女の人のなかには、「私は本当はとても甘えたくて、寂しがり屋で。」と告白する人もおられます。 しかし、みんなの前に出ればアネゴ肌の私を演じなければならないと感じ、そういう生き方を選択し…

まじめな生き方から反動で華やかで派手な生き方に

ずっとまじめに生きてこられた人が、何かをきっかけにして、華やかで派手な生き方になる人もおられます。 きちんと秩序立って生きてきたことの反動です。 これまで自分の生きてきた世界が狭い世界だと知り、もっと広い世界があることを見つけ、世の中にはこ…

人生のある時期に生き方や考えの転機が訪れる

私たちはこれまで試行錯誤しながら生きてくるなかで、「おそらくこれが良いだろう」という判断・選択をしながら、自分にとって良いパターンをつくり上げて生きてきています。 それゆえ、失敗や後悔を繰り返しながらも「自分の考えに沿った生き方」を積み重ね…

生き方のパターンに気づきたい時に

ご自身の生き方のパターンについて顧みたい時はご依頼ください。

人間関係が「仲間か他人か」「敵か味方か」

若い時期は、白黒をはっきりつけたがるものです。正しいか間違っているかの二通りで判断しがちです。大人でもそのように判断する人は多いです。 そのため人間関係も白黒をはっきりつけてしまうために、「仲間か他人か」、「味方か敵か」の区分になりやすい。

色々な分野に首を突っ込んで器用貧乏になっている

「色々な分野に首を突っ込んでしまっていて、器用貧乏になっている」と感じている人もおられるでしょう。そういう人はなかなか一つのものに集中することができずに、色々なことをやりたくなってしまう。 自分自身でも「なんで自分はこうなのかな」と思ってい…

人から学ぼうとする態度が過ぎると相手は搾取されている気持ちになる

日々学ぶ意識をもっていることは素晴らしいですが、人と会うときに、常に相手から何かを得よう、何かを学ぼうという意識・態度でいると、相手からしてみると何か搾取されているような気持ちになってきます。 それが仕事の関係の人であればいいでしょうが、友…

ゆとりがなくなってくると精神不安定になる

ゆとりがなくなってくると精神が不安定になります。 そういう状態になると人によっては症状が出たりしますので、ゆったりとした生き方をするように心がけるといいでしょう。

生き方をきちんと見直していくことが病気を治していくことにつながる

つらい無理な生活をしてたら健康を害して病気になります。 多くの人が頭でわかっていることです。わかっていることですが、そのつらく無理な生活をやめられないというのがこれまた多くの人の意見でしょう。そうやって多くの人は病気になっています。 ですか…

「こだわり」をもっていても、こだわり過ぎない

こだわりをもっていることで自分のする仕事の質を高めたり、人の役に立つことができたりします。しかし、こだわりが強すぎれば周りの人に迷惑をかけたりすることも起こります。

一日一日を大切にしようということ

一日一日を大切にしようと世間ではよく言われます。確かに、せっかく生きているのですから毎日を大切にしたいものです。 ただ、だからといって焦る必要はありません。 今日、自分自身を向上させる必要もないですし、世のため人のために何かをしなくてもいい…

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて

「あの人と付き合うのをやめた方がいい」と友人に言われて、その忠告を聞き入れる人もいれば、聞き入れない人もおります。 自分で大変な思いを体験してみないとわからないと考える人や、恋愛や友人関係は自分の意志で決めるものと考えている人は、友人からの…

すべての道はどこかに通じる

「すべての道はどこかに通じる」と世の中では言われます。 どの道を進もうとも、つまりどういう生き方を選ぼうとも、どこかに行きつくのでしょうね。その途中、自分が何をしているのかわからなくなる時が出てくるかもしれませんし、別の道に行ってしまうかも…

厄年と呼んでいる時期

人生の節目(ふしめ)節目でたいてい大きな悩みや困難が生じます。これを世の中の人は厄年と呼んでおります。 そして、「厄年なので」不幸なことが起こったとか、「厄年だから」嫌な目に遭ったという言い方をします。 人生の節目には、自分が生きる世界(範…

感動をしたくて文学や映画などを鑑賞する行為

「感動したい」とか「涙を流したい」と感じたときに、文学や映画などを鑑賞して自分の気持ちを解放したり、快感を得たりしている人もおられるでしょう。 この作用は皆さんもよくご存知の「カタルシス」でして、日本語では一般的には「浄化」と訳されています…

あなたも自分と同じようにやったらいいという気持ち

自分がむちゃくちゃ頑張っていると、相手にももっと頑張れと説教したくなるものです。 自分が幸せな状況にいると、相手に「あなたも私と同じようにやったらいいのに」と思ったりする。

会社から外れたらもう生きていけないという意識

会社勤めの世界というのはとても狭い世界です。 とても狭い世界なのですが、その中にいる限りは、自分がいる世界しか見えませんから、その世界が絶対であり、かつ自分の人生だとみなしてしまいます。 そういう中にいれば見方も狭まってきて、会社から外れた…

身体症状が出ていたらご自身の状況・状態をみていきましょう

「つらい」と感じるような生き方が続いてますと、人によっては皮膚も荒れてきますし、目には見えませんけれども内臓も荒れてきます。 身体が荒れるということは、精神的には何とか踏ん張れていても、身体がその分のつらさを負担しているということです。 身…

何もしないことをする -ドリトル-

ドリトルというのは、“do little”の読みをカタカナにしてもので、「ほとんど何もしない」という意味です。 何もしないことが良い結果を生むこともたくさんあるんだよ、ということです。 最近は「何かを成し遂げること」や「目標を決めて達成すること」が素晴…

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。 17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。 20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよ…

私はこういう生き方で生きている

クライエントが相談に来られて、「私はこういう生き方で生きているんです」と言われる時、その本心は「私はこういう生き方でしか生きられなくてつらいのです」と言いたいのです。

生き方を定義することで息苦しくさせている

「○○のように考えると生きるのが楽になる」といったように、人は定義されたものが好きで、それに従うと楽に生きられるような気になったりします。 ところが、そういうふうに自分を定義のなかに入れてしまうことが自分の考え方や生き方を限定させてしまい、逆…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理が生じてくると、たとえば無関心、無気力、無感動などが出てきたりします。そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がよくわからなくなって、さらにいっそう無気力が感じられるようになったりします。

生命力が回復するとき

人というのは不思議なもので、自然体でいる人と一緒にいると、自分の生命力が回復してきたりします。自分に対してこれといって何をしてくれるわけではないけれど、その人がその人の生き方をしていることで、自分が自分の生き方をできるようになるのかもしれ…

自分の様々な状態を表す無気力

無気力といっても様々です。頑張りすぎて活力がでなくなってしまった状態の無気力や、人に気を遣いすぎて疲労困憊している状態の無気力や、緊張が長く続いたためにそれが解けない状態の無気力や、今まで生きてきた生き方が通用しなくなったことへの失望感か…

人生や生き方について一緒にお話ししましょう

これからの人生や生き方を考えてしまう、という場合には一緒にお話ししましょう。

どう生きるべきかを考え始める

自分の周りで起きたある出来事や問題をきっかけにして、自分がどう生きるべきかを考え始める人もおられます。 その出来事や問題自体は自分にとって困ったことなのだけれども、そのおかげで、世間と同じような生き方に自分がとらわれていたことに気づき、これ…

SNSに不満や文句を書き込んでしまう生き方に悩んでいたら

「気がついたらSNSに不満や文句を書き込んでいる」、そういう生き方から脱したいと悩んでおられましたらご相談ください。

毎日が充実しないと感じる

「何か毎日が充実しない…」とか、あるいは「毎日、同じ繰り返しで退屈」と感じていたら、その気持ちを話しにいらしてください。