加藤直樹の心理相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

生きづらさ

どうしたら「うまく生きられるか」を知りたい

「どうしたらうまく生きられるか」ということを知りたい時もあります。それでいろいろと探し求めることをする。どこかに出かけたり、何かを読んだり、誰かに会ったりなどしてね。 だけど自分の周りにあるもの、出会うものは表面的で薄っぺらく感じられるもの…

親から関心を得られなかった子どもが刺激の多い世界に身を投じてしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるためです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は…

過去から引きずっているものを捨てる必要はない

新しいことを始めるのに、または新しい気持ちに切り替わるのに、今もっているものや過去から引きずっているものを捨てなければならないということはありません。 過去を引きずっているから自分が変われないのではなくて、過去を無理に切り捨てようとしたり、…

どうして私は空しいのかがわからない

「むなしい」と感じるときに、なぜ私はこんなに空しいのかを考えようとしても、なかなかその空しさの原因を見つけることができないものです。 なぜできないかというと、空しさを感じるときというのは、自分のなかが空っぽだったり、空っぽの中に自分がいたり…

親からひどいことを言われてきて人生を楽しめない

親からひどいことを言われて育ってきて、それで人生を楽しむことができないという人も少なくありません。そして、自分が結婚して子どもができたときに、同じような悪影響を自分が子どもに与えてしまうのではないかと心配する人もおられます。 そういう人たち…

感受性が強くて相手のことがよく見えてしまう

感受性の強い人たちは相手のことや世間のことがすごくよく見えてしまいますでしょ。それで、相手の状況や世間の状況を感じすぎてつらくなったり、また、どうにかしてあげたいと考えると余計に深く悩んでしまったりします。そしてさらには、どうにもできない…

意識が心の内面にばかりいきすぎる場合

意識が心の内面にばかりいくと、繊細になりすぎたり敏感になりすぎたりして、現実の社会では生きづらくなる場合があります。

人に気をつかうのをやめたいと思うのにできない

人に気をつかう生き方はもう嫌だと感じて、人のことを気にしないようにしよう、と頑張る人も多いと思います。 ところが人を目の前にすると、相手から何を言われるのかを考えてしまい、何かを言われる前に相手の心を読もうとして、結局、気をつかって疲れてし…

いい加減に考えられない ~思考強迫~

人生というのはまじめに考えたらものすごく大変なものです。あれこれ考えてしまって、その考えてしまうという悩みから抜け出せなくなります。だから“いい加減”に考えているくらいがちょうどいい。 とはいっても「はい、そうですか」と言って、そう簡単に“い…

社会の中に居場所がないと感じていたら

社会の中に居場所がないと感じておられましたら、私のところに話しにいらしてください。

生きづらい感覚がどうして出てくるのか

生きづらさを感じている場合、生きづらいんだけれども、何が生きづらいかと聞かれるとなかなか具体的に答えることができなかったりします。もちろん、大まかにはわかっていて、人と仲良くできないとか、無意識に迷惑をかけているとか、余計なことを言ってい…