深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

甘え

おとうちゃん、おかあちゃんに頼れないのでSNSに頼っている

おとうちゃん、おかあちゃんに精神的に頼っていたいですが、大人になったらそうもいきません。 なぜなら、親に頼っていると幼いとみられるからです。 でも、おとうちゃん、おかあちゃんに頼っていない人も、その対象を替えて頼っているものです。 現在はSNS…

相手と競争関係だったり依存関係だったりする

私たちは様々な相手といろいろな関係をつくっています。 相手と比較・競争関係であったり、依存関係であったり、あるいは幇助(ほうじょ)関係(支援関係)の場合もありますし、代替関係(身代わり関係)の場合もあります。 それは相手によって関係が替わり…

事前に頼りにできて相談できる人を見つけておく

私たちは悩んだ際に誰に相談しようとかと考えますが、悩みごとが起こる前に、頼りにできて相談できる人を見つけておくことが大切です。 そして、その人と普段から何気ない話をしておくことが大切です。

寂しい時やつらい時は私に電話を

寂しい時やつらい時は、私に電話することをためらわないでくださいね。

「甘え」がどういう形で出ているか

私たちはみんな誰かに甘えています。 甘えていない人はいません。 その甘えがどういう形で出ているかで健康状態がわかります。 たとえば、人に「きちんと頼みごとする」という形で甘えることができる人もいます。 一方で、「人を批判する」「相手を見下す」…

甘えたくても甘えられないのが悩み

「甘えたくても甘えられない」性格になってしまっている人もおられます。 甘えたい気持ちはあるんだけどどうしても甘えられなくて、その葛藤で苦しんでいる。 これは軽い神経症のようなものでして、自分の気持ちをどうも素直に表現できません。 だから、人に…

心の中の“頼れる人”が助けてくれる

心の中に“頼れる人”をもっていますと、「こんなとき、あの人ならどう考えるだろうか?」と考えることができます。 そうすると、“あの人”がもっている観点から見ることができますから、「いま私はどうすればいいんだろう?」と考えを深めることができます。 …

総合職や営業職の女性たちの「甘えられない性格」

総合職や営業職の女性のなかには、「私はどんなことにも頑張ってきた」、「私は誰にも負けなくない」という雰囲気がとても出ている人もいます。 男性と対抗しようとする「競争心」が過剰で、強迫的ともいえるほど勝ち負けや優劣にこだわります。 そういう彼…

自分を理解してくれて支えてくれるパートナーをもつ

病気を治していくにはお医者さんというパートナーが必要なように、自分を成長させて変えていくには「自分の話を聴いてくれて理解してくれて支えてくれるパートナー」が必要です。 パートナーというと大げさですが、友人でも専門家でも誰でも構いません。 自…

忙しいときほど自分の気持ちを聴いてもらう

忙しいときほど時間をつくって自分の気持ちを人に聴いてもらう。 この積み重ねが大切です。 「気持ちを聴いてもらって一体何になるの?」と思う人もいるかもしれませんが、一見、何にもならないようなことが実は自分を色々なところで助けてくれるのです。

心の中に人がつくられる作業

「誰々さんが私の心の中にいる」というふうに言われることがあります。誰かが自分の心の中に居ることによって人は精神や気持ちが安定します。 心の中に人がいる人は恵まれていますが、心の中に頼れる人が居ない人もおられます。 そういう人には、ある先生か…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理が生じてくると、たとえば無関心、無気力、無感動などが出てきたりします。そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がよくわからなくなって、さらにいっそう無気力が感じられるようになったりします。

知識を手に入れるよりも愛情をたくさんもらう

過去からつらい経験をしてきたりトラウマなどを抱えていれば、そこから回復しようとよりよく生きようともがいてきているはずです。たとえば知識や情報をたくさん手に入れようとしたりすることもみられます。 なぜなら、知識を身につければ何かの解答が得られ…

私を引っ張っていってほしいという気持ち

私たちは誰か指導者的な人に引っ張っていってほしいという気持ちがあります。「こう考えたらいいんだよ」とか、「こうしたらいいんだよ」といったことを言われると楽ですし、安心できます。寄りかかっていられます。 そうした時に、いい人に出会えればいいで…