深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

無自覚

親から言われてきたことを人に言っている

私たちは自分が親から言われてきたことと同じことを、今度は自分が友人や恋人に言っていたりします。 自分では気づいていないことが多いですが。

「彼氏(彼女)ができない」と言う場合に、自分の無自覚な態度を知る

「彼氏ができない」「彼女ができない」と言う場合、自分が人に対して無自覚にとっている態度が人それぞれあります。 どういう態度を自分がとっているかに気づきたい方はご依頼ください。

安心感を得るための本能的な回避行動

私たちはあまり自覚はしていませんが、安心感を得るために自分の行動を統制しているところがあります。 あそこは危ないから行くのをやめておこうとか、良くないことが起こりそうだから何もしないでおこうといったように自覚している時もありますが、自分の意…

気づかないうちに自分に厳しい「習慣」を課している

私たちはこの世の中に生きていると気づかないうちに、理由もなく自分に厳しい「習慣」を課していたりします。 それで息苦しくなっていたり、生きづらくなっていたりすることがあります。

人間関係がうまくいない場合に心理学や技法論を学びたくなりますが

人間関係がうまくいない場合、うまくいくための技法とか心理学といったものを学びたくなります。ただ、それを知ったからといって人間関係が良いほうに変わるかどうかはわかりません。 といいますのも、問題を生じさせているのは自分が無自覚にしている発言や…

天邪鬼は自分ではそうと気づいていない

相手の言ったことと反対のことをわざわざ言う人のことを「天邪鬼」と呼んでいます。 「暑かったでしょ?」と聞けば、「暑くなかったよ」と答え、「疲れたでしょ?」と聞けば、「こんなので疲れるわけないよ」と答えたりします。 相手を気づかって言っている…

人に不満を言ったり説教をするので自分は悩みがない

「私は悩みなどない」などと言う人がおられます。 そういう人は、自分が悩まないで済んでいる分、周りにいる人が悩んでいたりします。 周りにいる人に不満をいろいろ言ったり説教をしますから、周りにいる人は悩まされるけれども、本人はスッキリするので悩…

無自覚の行動や態度の裏にある感情や気持ち

人の行動や態度というのは自覚していないものが多い。 その無自覚の行動や態度は、本人が知りたくない「ある感情や気持ち」が表現されたものであったりします。 ですから「その行為や態度」を深くみていくと、本人の心の奥ではどんな気持ちや感情を抱えてい…

願っていることと実際にしている行動のズレ

自分が願っていることと、実際にしている行動にはズレがあります。 これは大なり小なり誰にでもあることでして、ズレがあまりにも大きくて乖離(かいり)している人もおられます。 そのズレが大きく開いてくると疑問も大きくなってきます。 たとえば「どうし…

自分をわかってもらうために無自覚の努力をしている

人は自分のことをわかってもらうために 、自覚のない努力をどれほどしているかわからない程です。 周りの人から見て痛々しいほどの無理をしている人もおられます。 でもその一方で、そんな簡単に自分をわかってもらいたくないとも感じています。

断ったり、反論したりすることがうまくできない

人から何かを言われたときに、断ったり反論したりすることがうまくできないと感じている人は少なくありません。脳が素早く回転せず、すぐさま言葉が口から出ないという人もいれば、気質的あるいは性格的に人に反論したり断ったりするのが好きじゃない人もい…

自分のしていることに自覚がないとアドバイスをもらっても活かせない

自分のしていることを自覚していないと、いくら良いアドバイスをもらっても、それを活かすことは難しいでしょう。人からアドバイスをしてもらって実践しているのに、うまくいかないのでしたら、アドバイスが本当の意味では活きていないのかもしれません。で…

なぜこの人と結婚したのか理由がわからない

「なぜこの人と結婚したんだろう」と悩むとき、その理由が本人にはまったくわからないことがあります。なぜ理由がわからないのかは、その理由がまさに本人が気づきたくないものだからかもしれません。

人にわかってもらいたい気持ちが気づかないうちに出ている

自分が自分自身に気づいている以上に、人は自分のことを相手にわかってもらいたいという願望をもっています。そしてその気持ちは自分が気づかないうちに、別の言動としてあらわれているものです。

はっきりものを言う性格と攻撃性

人は攻撃性や破壊性をもっています。しかし多くの人は自分のなかに攻撃性や破壊性があることを認めたくないものです。 たとえば、人にはっきりものを言う傾向がある場合、その「はっきり言う」行為は攻撃性や破壊性を含んでいたりします。ところが本人からし…

考えが偏るからこそ人と話をしている

人というのは普通に生きているだけでも、どうしても考えが偏(かたよ)ってきます。偏ったままだと社会生活を送るのが難しくなったり生きづらくなってきますから、偏りを戻さないといけない。 ところが人間はうまいことできていて、その偏りが自然と元に戻る…

自分の興味あるものしか見ていない

本や雑誌、インターネット、そして人の集まりもそうですが、ほとんどの人は自分の興味あるものしか見ないものです。本人としてはいろいろと幅広く見ているようでも、実際にはものすごく偏(かたよ)っています。 興味のないものは端(はな)から除外していま…

自分自身をわかっていないと自覚できるから「謙虚になれる」

「自分のことは自分が一番わかっていると思っている人ほど、自分のことを一番わかっていない」とは世間でよく言われることです。 私たちは大人になるにしたがって、自分のことを何もわかっていないのだと自覚していくことで本当に成長していると言えます。 …

ストレスを無自覚にどこかで発散している

世間でもよく言われますように、現代の職場や社会では、非常に高度な能力や気遣いを求められるようになっています。 そのせいで高いストレスを感じるわけですけれども、その気持ちをどこで発散したらいいか、あるいはどうやって発散したらいいかわからないこ…

コミュニケーションをうまくとる方法への興味

多くの人が興味をもっているのは、人とどうコミュニケーションをとるかという方法です。それは話す内容だとか、話し方をどうするかということです。その方法さえわかれば、人といいコミュニケーションをとれると考えてしまいがちです。 ところが、実際にもっ…

悩みがないと思っていても無自覚に行為に出てしまう

「私は悩みがない」と大きな声で言う人がおられます。そういう人のなかには本当に悩みがない人もおれば、実際に悩みはあるけれども自分自身で気づいていない人もおられます。 悩みが本当はあるんだけど自分では気づいていない人の場合、それが行為・行動に無…