ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

無気力

人生の転換期である30代後半から40代の無気力やうつ状態

30代後半から40代にかけて突然、無気力やうつ状態になることがあります。 その状態になる理由の一つには、自身の生き方に対して「これでいいのか?」という疑問から起こっていることがあります。 「今までこういう生き方をしてきたが、これで良かったのだろ…

生きる活力が希薄でみんなと一緒に楽しめない

生まれながらにしてかどうか分かりませんが、生きる方向の活力が希薄な人というのも、多くおられるのだろう、と私はよく思います。 何があったわけでもないけれど、生きる方向の活力が希薄であるがゆえに、世の中を冷めた感じで見てしまい、みんなと一緒にな…

40歳を過ぎたあたりから生じてくる女性の無気力

女の人のなかには40歳を過ぎた頃から無気力になってきて、家事ができないとか、今まで何気なくできていたことができなくなったりします。 これは学生の頃の無気力とは異なって、すべてに対して無気力になるのではなく、仕事などはできるのですが、家の中のこ…

元気にならない時には人と会って話す

栄養を摂れば活力が出る、元気になる、これは確かなことです。 ところが栄養を摂っているのに元気にならない、活力が出ないという人もおられます。 そういう人はどうして自分がそういう状態になっているのか分からないことが多い。 活力や元気は対人関係によ…

引っ越しが引き起こす精神の不安定さと負担

引っ越しをすることは慣れ親しんだ場所から離れることになりますから精神的に不安定になりがちです。引っ越しは大好きという人もいるでしょうが、多くの人にとっては大変なことで精神的負担になります。 ですから心身が弱っている時には引っ越しをしないほう…

寒い時期には心身や精神の活動を低下させる

私たち人間は寒い時期には心身や精神の活動を低下させることによって、自分の身を守ろうとしたりします。 ただ現代は文明が発達していますから、建物の中も暖かいですし、衣服も体温を保温するものがありますし、食べ物も豊富にありますから、自分の心身や精…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理がたたってくると、無関心、無気力、無感動などが生じる場合があります。 そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がわからなくなって、自分がどうしたいのか、どうしたらいいのかすら分からなくなってきます。

自分の様々な状態を表す無気力

無気力といっても様々です。 頑張りすぎて活力がでなくなってしまった状態の無気力や、人に気を遣いすぎて疲労困憊している状態の無気力や、目標が無くなってしまって生じる無気力や、今まで生きてきた生き方が通用しなくなったことへの自信喪失からくる無気…

特定の事をしようとすると気力が出なくなる「特定無気力症」

ある特定の事をしようとすると気力が出なくなり、身体の具合も悪くなるといった状態を「特定無気力症」と私は呼んでいます。

世の中のことを楽しめない感覚

世の中のことを「楽しめる」時というのは自分の外に意識が向いている時です。あっちに旅行したいとか、こっちで食事したり買い物したいといったように、そういうことが「楽しい」と感じるときは外界に意識が向いています。 ところが自分の内に意識が向いてい…