加藤直樹の深層心理学 「ヴェール心理」 /発達心理と精神,大磯

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング  ご依頼ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

深層心理

外面は良くなっても内面の成長が追いついてこない

自分を変えていくためには自分をしっかりと省みることが必要になります。 ところが、それは時間のかかる面倒なことです。 そのため省みることをせずして、知識を学んだり技能を身につけること、つまり自分を強化することによって自分を変えていこうとするこ…

相手と競争関係だったり依存関係だったりする

私たちは様々な相手といろいろな関係をつくっています。 相手と比較・競争関係であったり、依存関係であったり、あるいは幇助(ほうじょ)関係(支援関係)の場合もありますし、代替関係(身代わり関係)の場合もあります。 それは相手によって関係が替わり…

自分のことを過剰に反省してしまう人が増える

自分のことを反省できない人が増えれば、それに伴って自分のことを過剰に反省してしまう人が増えます。

ご自身の行為・行動の心理を知りたいなら

ご自身の行為・行動の心理を知りたい、ということでしたら、私にご相談ください。

あれが欲しいとかこれを食べたいという欲望は本当に自分の気持ちか

私たちは自分の欲望をわかっているつもりでいます。あれが欲しいとかこれを食べたいとか、そういう気持ちになるので、それが自分の欲望だと認識しています。 だからお金を出して「あるモノ」を買って手に入れたり、長期間の予約を待ってまで「ある飲食店」で…

見た夢が心配になるときは夢診断をおこなっています

なんらかの夢を見て心配だなと感じるときはご相談ください。 私がおこなっているのは夢診断です。夢占いとは異なります。 こういう夢を見たら現実にはこうなるとか、ある生き物や場所が出てきたら現実にはこんなことを暗示しているといったことをするのでは…

人間関係がうまくいない場合に心理学や技法論を学びたくなりますが

人間関係がうまくいない場合、うまくいくための技法とか心理学といったものを学びたくなります。ただ、それを知ったからといって人間関係が良いほうに変わるかどうかはわかりません。 といいますのも、問題を生じさせているのは自分が無自覚にしている発言や…

病気が自分自身に何をしてくれているのかを知っていく

心理療法家や心理カウンセラーは患者の病気だけを診るのではなく、その人の生活や歴史、思考や傾向といった様々な部分を診ていき、それを語り合っていきます。 そうすることで、患者自身がどこでつまずいているのか、何が問題となっているのかに気づき知るこ…

ご自身の心理や精神状態を知りたい場合に

人は自分自身がしている行為や発言なのにそれを理解できないときがあります。「なぜ私はこんなことをしたり言ったりしてしまうのだろうか」とふと思ったりする。 そうしたご自身の心理や精神状態を知りたい場合にはご依頼ください。

感動をしたくて文学や映画などを鑑賞する行為

「感動したいな」とか「涙を流したいな」と感じたときに、文学や映画などを鑑賞して自分の気持ちを解放したり、快感を得たりしている人もおられるでしょう。この作用は皆さんもよくご存知の「カタルシス」でして、日本語では一般的には「浄化」と訳されてい…

解決する能力が高くても悩みや問題は起こる

解決策を導く能力が高い人もいれば低い人もいます。ただ、高い解決能力が良い結果を導くわけではありません。 解決しようとすることは時に悩みや問題を引き起こす場合もあります。

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで飲んだ」などといつも周りの人に言いふらす行為ですが、そういう行為が出る場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

無自覚の行動や、その行動の裏にある感情や気持ちを理解する

人の行動というのは自覚していないところで動いている部分があります。それは本人の「ある感情や気持ち」が「ある行為」として表れているものです。ですから「その行為」を深くみていくと、本人がどんな気持ちや感情を抱えているかがわかってきます。 しかし…

過剰な倫理心による逸脱行為

倫理は人間にとって必要なものですが、より強く身につければいいというものではありません。倫理が過剰に身につきますと、思考が偏ったり逸脱行為をしてしまったりすることもあります。

過剰な道徳心による過剰な怒り

道徳心が過剰に身につきますと、怒りの感情も過剰に起こったりすることがあります。

心理を知らずして自分を知ろうとしても迷子になる

心理を知らない状態で自分を知ろうとしても、探れば探るほど自分のことが分からなくなってきます。心がどういうものかがわかっていないのですから、ガイドなしでは心の世界の中で迷子になってしまうのです。

人格分析をおこなっております

人格の分析をおこなっております。ご自身の人格を詳しく知りたいという方はご依頼だくさい。

世の中で役に立つことをしようという思い

世の中に役の立つことをしようと考えてしていることが、実際には世の中に迷惑をかけていることもありますし、逆に、世の中で役に立っていないと考えられていることが、実際には世の中で役に立っていたりすることもあります。

悩みの意味を考えて解決すべきかどうかを考えながら聴く

悩みというものは一つが解決すればまた別の悩みが生じてきます。 たとえば、大学受験に合格できて悩みがなくなったけれども、入学してから授業がつまらなくて行きたくないという悩みが出てきたりする。たとえば、結婚できて悩みが消えたけれども、一緒に住み…

本で読んだ心理を実践しても意味がない

一般に売られている心理の本を読んで、「ああ、これはいいことが書いてあった。参考になった」などと感じることも多いでしょう。なかには「早速これを実践してみよう」なんて思う人もいると思います。 ところが、やってみると大抵うまくいかない。むしろ良く…

相手のネガティブな発言を聞いていられずに止めてしまう

相手が「あれもできない」「これもできない」と話をする場合、それを聞いている方は「ネガティブなことばかり言ってないで、実際にやってみたらどうなの?」と言いたくなる人がほとんどでしょう。 人はあまりにもネガティブなことを聞いているとイライラして…

心理的な問題は本人にとって意味あるもの

心理的な問題というのは解決・解消されなければならないものではなくて、その人が必要としているから問題として起こっていたりします。 もちろん、その人にとっては確かに困った問題として起こっているのですが、その問題の深層を探ってみると本人にとって意…

男と女が二人で話した時に生まれる心理

「男にはこんな心理がある」とか、「女にはこんな心理がある」ということが言われますけど、心理はそうした分かりやすいものばかりではありません。男と女が二人で話し合った時に初めて生まれる心理もありまして、その心理はその時にしか表れません。その時…

嫌いな人が社内にいる時に考えてみること

会社に勤めれば嫌な人はたいてい一人はいます。嫌な人といっても自分にとって嫌な人なわけでして、嫌だと思っても相手をどうにも変えようがないですから、「仕方ない」と考えるのが一般的な考えでしょう。 それとは別に「それを自分のこととして考えてみる」…

心理を理解するには体験と照らし合わせて学ぶ

人間の心理は、教科書を読んだり講演を聞いたりしただけで理解できるものではなく、自分が直接体験し、そしてその経験と照らし合わせながら学んでいくものです。

悩みが解決する時には常識では考えられないことが起こる

悩みが解決していくのに際し、常識では考えられないようなことが本人のまわりに起こったりします。 今まで頭で考えて「どうすればいいのだろうか?」と思考を巡らしていても、その悩みの渦から抜け出せなかったのに、あるとき、フッと自分の思考をはるかに超…

「飲んでおりますが、何か?」という挑発言語

「朝から(お酒を)飲んでおりますが、何か?」などと発言するのを見かけます。こうした挑発的な言語を発する人たちのなかには、一見楽しそうな生活を送っているようにみえても、実際の生活では、幼いころからの家庭環境が良くなく、つらい目に遭ってきた人…

気疲れすると肩も凝(こ)る

気疲れすると同時に肩も凝(こ)りますでしょう。気疲れするということはある特定のことに気を集中して使う、それ言い換えれば、偏(かたよ)った気の使いかたをしていることになります。そのため身体も特定の部分にだけ疲れが偏って出てきます。

相手の気持ちを知るために

相手の心理は自分の心理と密接に関係していますから、相手を知ろうと思ったらまず自分を知ることです。 ところが相手の気持ちを知りたい時に限って、自分のことは忘れて「あの人はどうしてあんなことをするんだ!」とか、相手を責めたり説教したくなる方向に…

なにか満たされない気持ちがある

みなさん、こうしたいとか、ああしてほしいといった願望がいろいろあると思いますけど、深いレベルでの自分の願望というのはなかなか気づくことができません。その深いところにある願望というのは叶えるのがものすごく難しいので、気づけないようになってい…