加藤直樹の深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

気持ち

夫婦間で生じてきた感情をどこに落ち着かせるか

夫婦関係が悪くなって、離婚しようと考えてそれができる人は離婚するかもしれません。 ところが、離婚したいと考えてもそれができない人は、「じゃあ、どうするか?」ということで、その悩ましい気持ちをどこに落ち着かせたらいいのか思案することになります…

言いたいことがあっても言えずに過ごしてきた

「感情のコントロール」ということが世間で言われます。世の中で生きていくためには感情のコントロールは必要ですけれども、これまでの人生で感情を過度に抑制してきたために情緒が不安定になっている人もおられます。 言いたいことがあっても言えずに過ごし…

SNSやtwitterに気持ちを書き込んで、自分の気持ち瞬時に切り離す

現在は、SNSやtwitterのような自分の気持ちを書き込める「場」が流行っています。気持ちを文章にしてネットに流すことで自分の知られざる気持ちをみんなに見てもらえる。 こうしたものはとても便利ではありますが、一方で自分の気持ちを瞬時にして自分から切…

話をしたくなったら

話をしたくなったら、ここにいらしてください。お気持ちをお聴きします。

悩みを言ってもわかってもらえないので言わなくなる

悩みを抱えている人が悩みを話さなかったりするのは、人に言ってもわかってもらえないと感じているからです。だから人に言わなくなっている。 たとえまた言ったところで、たいてい誰からも同じ回答が返ってくるのがわかっているので、うんざりしているのです…

抱えている気持が大きくなりすぎて爆発しそうなら

ご自身の抱えている気持が大きくなりすぎて爆発しそうでしたら、私にご連絡ください。じっくりお聴きします。

相手にも自分と同じ状態になってみてほしい気持ち

自分がむちゃくちゃ頑張っている時は、相手にももっと頑張れと言いたくなるものです。 同じように、自分がつらい状況にいると、相手にも「あなたももっとつらい状況になってみたら」と感じたりする。 そして、自分が幸せな環境にいると、相手にも「あなたも…

「人から好かれたい」とも「人から嫌われてもいい」とも思える

私たちは様々な考えや気持ちになりながら暮らしています。たとえば、「人から好かれたい」という気持ちにもなれば、「人から嫌われてもいい」という気持ちにもなりますし、その間で心が揺れることもあります。 あるいは「人から関心をもたれたい」と感じると…

男が上か女が上かを言いたくなる

自分自身が悔しい思いをしていますと、「女の方が男より能力が上だ」とか、あるいは逆に「男の方が女より能力が上だ」などと、男や女をひっくるめて優劣を言いたくなるものです。

自分のことを語っていると自分を確認するような話し方になる

自分が頭の中で考えていることや気持ちを、実際に口に出して言葉にしてみると、それらがさらにはっきりしてきます。自分が感じていたことや主張や我慢していたことなどが明確になってくる。 それで自分が話しているのに自分を納得させるような感じになったり…

気楽さを取り戻す

気楽さを失ってきますと同時に健康さが失われ、気持ちが病んだ状態になってきます。ですから、ここにいらして話をして、気楽さを取り戻してください。

自分の気持ちをうまく理解できないときには

「自分の気持ちをうまく理解できずに、しっくりこない」という場合には、ここに語りにいらしてください。

この気持ちは異性にはわからないと言いたくなる時もある

女性は男性に対して「この気持ちは男にはわからない!」と言いたい時があるでしょうし、男性は女性に対して「この気持ちは女にはわからない!」と言いたい時があるでしょう。 どちらもお互いに主張したいことが出てきますが、だからといって、いつもそう言い…

悲しいニュースばかり、という気持ち

苦しい状態のときには、世の中から自分のところにくる情報も悲惨な情報ばかりになったりします。たとえば、「世の中、悲しいニュースばかり」というふうに感じるのも、自分の状態が苦しいがゆえに悲しいニュースばかりが耳に入ってきます。そうすると、「社…

見守ってくれる人がいる思うだけで大丈夫な気がしてくる

つらい目に遭って気分がひどく落ち込んだり、どうしていいかわからなくなっても、「自分をわかってくれる人が見守っていてくれている」と思うだけで、大丈夫な気がしてくるものです。たとえ状況のつらさは変わらなくても気持ちが違ってきます。

気楽で楽しい会話ができずに重たい話になってしまう

悩んでいる度合が大きいと、話す内容が深くなります。どうでもいいような気楽で楽しい会話ができない。「こんな重い話をしたら悪いだろうな」、「こんな重い話なんか聞きたくないだろうな」と相手の気持ちを考えてしまい、なかなか自分の気持ちを打ち明ける…

感受性の強い人からみた「空気を読む」行為

世間で言われている「空気を読む」という行為ですが、感受性の強い人からみたら、そんなレベルでは全然物足りないと感じています。感受性の強い人たちは、もっと深いレベルで空気を読みますから、相手に対して「どうしてもっと考えて対応ができないの?」と…

甘えたくても甘えられないのが悩み

「甘えたくても甘えられない」性格になってしまっている人もおられます。甘えたい気持ちはあるんだけどどうしても甘えられなくて、その葛藤で苦しんでいる。 これは軽いノイローゼのようなものでして、自分の気持ちをどうも素直に表現できません。 だから、…

心理療法家はクライエントの気持ちを聴いて考えて悩む

心理カウンセリングは相談に来られたクライエントに対して、まっとうな生き方をさせるとか、きちんとした考えに変えさせるとかするものではありません。 クライエントの気持ちをお聴きし受けとめるものです。そして、クライエントがどうしてこういう気持ちに…

友人をうっとうしいと感じることによる心の安定

私たちは人との関係によって気持ちが安定したり乱れたりします。時には友人に対して「うっとうしいなぁ」なんて感じるときがありますが、そのうっとしさで心が乱されているかというと、そうとも限らず、実はそれによって自分の心が安定したりもします。

人に優しくなりたいという気持ち

人に優しくなりたいと考えて、人に優しくできる人は世の中にたくさんいるけれども、しかしながら、それが本当に相手のためになっているかは別な問題です。 一方で、人は厳しく育てなきゃと考えて、人に厳しく接している人は世の中にたくさんいるけれども、し…

自分のことをよく知っているから話したくない

自分のことをよく知っているからあの人に相談したらいいと思える時もあれば、逆に、自分のことをよく知っているから、あの人に会いたくないとか話したくないという場合もあります。そのくらい人の気持ちは複雑です。

理性を通さない感情の放出

通常、感情や気持ちを理性で包み、理性を通して生活していると私たちは考えています。だからこそ、きちんとした生活をおくれている部分があります。 ところが、心の動きというのは理性を通すばかりではありません。理性を通さないで感情を放出するという心の…

忙しいときほど自分の気持ちを語る

忙しいときほど時間をつくって人に自分の気持ちを語る。この積み重ねが大切です。 「気持ちを語って一体何になるの?」と思う人もいるかもしれませんが、一見、何にもならないようなことが実は自分を色々なところで助けてくれるのです。

私の気持ちを相談するところがわからない

悩みを“どこに”相談したらいいかわからない、という悩みをよく耳にします。具体的な悩みなら、たとえば弁護士に相談するとか経営コンサルタントに相談するとか、ある程度わかりやすいですが、“私のこの気持ち”をわかってもらおうとすると、「さあ、どこに相…

気分の作用

気分は、身体を動かしもするし、身体を止めもします。

モヤモヤした感覚を理解していく

モヤモヤっとした感覚は本人だけが感じているものです。本人にしてみれば言葉では表現しづらく、なんだか分からないけれど何か違和感があったり、しっくりこないという感じです。なにかがわからないから「モヤモヤ」という感覚になっています。 そういう時に…

相手にも同じように苦労してもらいたい

自分が苦しいときには、相手にも同じように苦労してもらって、自分の苦しみをわかってもらいたいと思う時もあります。

私を引っ張っていってほしいという気持ち

私たちは誰か指導者的な人に引っ張っていってほしいという気持ちがあります。「こう考えたらいいんだよ」とか、「こうしたらいいんだよ」といったことを言われると楽ですし、安心できます。寄りかかっていられます。 そうした時に、いい人に出会えればいいで…

自分をわかってもらいたい気持ちと、その反対の気持ち

私たちは人に「自分のことをわかってもらいたい」という気持ちももっていますが、一方で「そんな簡単に自分のことをわかってたまるか」という気持ちももっています。

気持ちを受け入れてもらえなくて悔しいときは

「自分の気持ちを受け入れてもらえない」と悔しい思いをしているときは、私のところにいらしてください。

毎日が充実しないと感じる

「何か毎日が充実しない…」とか、あるいは「毎日、同じ繰り返しで退屈」と感じていたら、その気持ちを話しにいらしてください。

考えや気持ちのバランスを良くする

栄養バランスや食事バランスを良くするのと同じように、考えのバランスや気持ちのバランスを良くすることも大切です。 「これが正しい」という考えにとらわれてしまいますと、ほかの考えを排除してしまいますので、偏った考えになってしまいがちです。 また…

どうして自分はこうなんだろう?という思い

「どうして自分はこうなんだろう?」と感じる時もあるでしょう。「どうして」と感じるということは、自分が思った通りの自分になれていないからかもしれません。「こういう人間になろう!」と心に決めている人にとって、そうなれない自分がいることは非常に…

「彼氏(彼女)に失望した」「友達に失望した」ときの気持ち

生きていますと「彼氏(彼女)に失望した」とか「友達に失望した」と感じる時もあるでしょう。それで、たいてい「あの人は一体なんなんだ」と憤慨したり、あきれたりするわけですけど、一方では、そういう人と付き合っていた自分に対しても失望を感じるわけ…