深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

欲・欲求・衝動

食べたくなったら食べればいい

食事は規則正しく食べるのが、生活や身体のリズムにとって良いと言われています。 ただ、気分の状態によって食べたくなかったり、あるいは食べられなかったりしますから、食べたくなったら食べればいい、そういう場合があってもいい。

公平に扱われることに対する欲求不満

自己愛が肥大化しますと、公平に扱われているにもかかわらず、それを不公平に感じたりします。 誰かに何かしてもらっていることが当たり前だと思ったり、人から関心をもたれたり、褒めてもらっていないと不機嫌になったりする。 つまり、自分が特別扱いされ…

愛情が足りてないので愛されたいという気持ち

私たちの欲求は色々あり、睡眠欲や性欲などがありますが、「何が自分に足りていないか」ということはよく分かります。 たとえば睡眠が足りていない時は「寝たい!」と感じますし、性が足りていない時は「抱きたい!」「抱かれたい!」と感じます。 そして「…

援助交際をしてしまう人への心理カウンセリング

援助交際をしてしまう人への心理カウンセリングをおこなっています。 相談したいことがありましたら私にご連絡ください。

自然を持ち帰って自分のものにする行為の相談

自然の一部を持ち帰り、自分だけのものにしようとする行為が止められないという人はご相談ください。

欲をかきたてたり不安をあおって、美容や健康の商品やサービスを買わせようとする行為

世の中には、優れた品物をつくってくれたり、助かるサービスを生み出して提供してくれる人たちがおり、そういうことを仕事としている人たちがいます。 一方で、必要でもなく害のほうが大きいサービスや品物を人々に買わせるにはどうしたらいいか、ということ…

人を「一流」「三流」といった言葉で区分する行為

自己啓発や自己向上などのセミナーなどを行なっている人たちに多いのは、人を「一流」とか「三流」といった言葉で区分する行為です。 人を「一流」とか「三流」と区分すること自体が未熟ですし、「一流はすごく」て、「三流はダメ」という単純な図式が低レベ…

あれが欲しいとかこれを食べたいという欲望は本当に自分の気持ちか

私たちは自分の欲望をわかっているつもりでいます。あれが欲しいとかこれを食べたいとか、そういう気持ちになるので、それが自分の欲望だと認識しています。 だからお金を出して「あるモノ」を買って手に入れたり、長期間の予約を待ってまで「ある飲食店」で…

「こだわり」をもっていても、こだわり過ぎない

こだわりをもっていることで自分のする仕事の質を高めたり、人の役に立つことができたりします。しかし、こだわりが強すぎれば周りの人に迷惑をかけたりすることも起こります。

衝動を抑えられずに困っている場合の心理カウンセリング

衝動を抑えられずに困っている場合の心理カウンセリングをおこなっています。 衝動とはたとえば、すぐ怒りを爆発させてしまうとか、たくさんの買い物をしてお金を使ってしまうとか、自分自身ではどうにかしたいと考えているのにでも意志では抑えにくい欲求の…

虚しい時の突発的な行動

虚(むな)しい時には、その虚しさを埋めようとして行動を起こしたりします。虚しさを埋めるための行動ですから“突発的”にしたりするので、あとから考えてみれば「なんで私はあんなことをしたんだろう」などと思ったりすることも出てきます。

SNSやtwitterに気持ちを書き込んで、自分の気持ち瞬時に切り離す

現在は、SNSやtwitterのような自分の気持ちを書き込める「場」が流行っています。 気持ちを文章にしてネットに流すことで自分の知られざる気持ちをみんなに見てもらえます。 こうしたものはとても便利ではありますが、一方で自分の気持ちを瞬時にして自分か…

自分のしたいことがあっても、あえてそれをしないという考え

「自分のしたいことがあっても、あえてそれをしない」という考えを持つことも大切です。 したいことがあり、それを可能にする時間もお金も力もあったとして、それでも「したいことをしないでいる」ということです。 現代は自分のしたいことをして欲を満たす…

権利じゃなくて特権があると勘違いしている

「私には~する権利がある」とか、「これは私のものなんだから何をしてもいいはず」などと言いたくなる時もあります。 ただその際に「権利」を超えて、いきすぎた要求を無自覚にしてしまっている場合もあるかもしれません。 つまり、「権利じゃなくて特権が…

裕福で快適な生活をすることは自然(地球)から色々なものをもらうこと

裕福で快適な生活をすることは、自然(地球)から色々なものをもらうことになるのですから、とてもとてもありがたいことです。

「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出てしまう

もっと自分のことに関心をもってもらいたいという気持ちが強くあったり、自分のことをもっとわかってもらいたいという気持ちが強くあれば、「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出てしまうこともあります。

世の中が便利になるほど不便に我慢できない

世の中が便利になっていけばいくほど、不便に対する耐性は低くなっていきます。 つまり、不便に対する我慢ができずに自分の欲を要求するようになります。

頭脳では分かっているのに衝動を制御することが難しい

人は頭脳では理解していても行動が伴わないものです。 これはほとんどの人が感じていることでしょう。 たとえば、言わない方がいいと分かっているのに言ってしまって後悔するなんてことはよくあります。 それで今後は気をつけようと思うわけですが、次の時に…

何も持たず死んでいく

映画『ベンジャミン・バトン』の中で、こういうセリフがあります。「生まれたときと同じように、何も持たず死んでいく」。何も持たずに生まれてきたのだから、死ぬときも何も持たずに死ぬ。私たちは多くのモノを持ちすぎてしまって、自分が何だか分からなく…

本当に素晴らしい人はマスメディアには出てこない

本当に素晴らしい人はマスメディアには出てこないものです。世のため人のために生きていますから。

嫉妬とその後の自省

嫉妬は強力な感情ですから、自分の好きな人の周りにいる異性を排除しようとします。そうやって自分の占有欲を満たしたりするわけですけれど、自省が働く場合は、そういう行動をした自分に問題があると感じ、自分を責め始めます。その自省によって、たとえば…

ビジネスセミナーなどで自己向上欲求を煽(あお)る

ビジネスセミナーなどで、特に若い社会人向けにキャリアアップとかパーソナルブランディングといったようなことをしきりにうたっているのが見られます。 人が元々もっている「自分の価値を高めたい」「もっとすごい人になりたい」という自己向上欲求を煽(あ…

お金があれば買えるという思い

「お金があれば買えるんだ」という思いが欲望を次々と生み出しています。