読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

オイゲン・ヘリゲル『日本の弓術』を読む

外国人が「日本人ならこの本を読むべきである」と言うのが、オイゲン・ヘリゲルの『日本の弓術』という本です。弓術(弓道)といえば、誰でも「弓で的を射るもの」と考えます。「的を射る」ことが目的だと考える。 ところが師範は「そうではない」と言われる…

過去から引きずっているものを捨てる必要はない

新しいことを始めるのに、または新しい気持ちに切り替わるのに、今もっているものや過去から引きずっているものを捨てなければならないということはありません。 過去を引きずっているから自分が変われないのではなくて、過去を無理に切り捨てようとしたり、…

親からひどいことを言われてきて人生を楽しめない

親からひどいことを言われて育ってきて、それで人生を楽しむことができないという人も少なくありません。そして、自分が結婚して子どもができたときに、同じような悪影響を自分が子どもに与えてしまうのではないかと心配する人もおられます。 そういう人たち…

自分に厳しくするのが当たり前

自分に厳しくするのが当たり前になっていて、つねに自分を統制した生き方になっていると、自分は本当は何をしたいのか、本当は何を欲しているのか分からなくなります。

引っ越しや就職による“うつ”は当たり前

引っ越しや就職で“うつ”になるのは当たり前のことです。今までの生き方や生活スタイルが環境と合わなくなり、通用しなくなるのですから、身体的にも精神的にも具合が悪くなります。 そして自分自身のことで悩み、元気がなくなってきます。 その状態は「内面…

生き方を定義することで息苦しくさせている

「○○のように考えると生きるのが楽になる」といったように、人は定義されたものが好きで、それに従うと楽に生きられるような気になったりします。 ところが、そういうふうに自分を定義のなかに入れてしまうことが自分の考え方や生き方を限定させてしまい、逆…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理が生じてくると、たとえば無関心、無気力、無感動などが出てきたりします。そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がよくわからなくなって、さらにいっそう無気力が感じられるようになったりします。

モヤモヤとした漠然とした人生の悩み

親しい友人や先輩に「人生って何だろう」と訊いても、大抵は、「そんなことで悩んでもしょうがないよ」とか、「考えても分からないことは諦めて、今できることをやればいいんだよ」などと言われた経験のある人も多いかもしれません。 もちろん、その意見はそ…

世の中のことを楽しめない感覚

世の中のことを「楽しめる」時というのは自分の外に意識が向いている時です。あっちに旅行したいとか、こっちで食事したり買い物したいといったように、そういうことが「楽しい」と感じるときは外界に意識が向いています。 ところが自分の内に意識が向いてい…

くだらないことをみんなと楽しめない

人生について悩み始めますと、妙に世の中に覚めてしまって、みんなと楽しめないということが起きます。くだらないことを楽しめなかったり、あほらしいことを面白がれないといったように、世間や社会の中に入っていけなくなってしまう。たとえば「なんであん…