ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

損得

みんなと同等であるべきという感覚

日本人は同等(平等ではない)意識が強いですから、どうしてもみんなと同じでないと気が済まないところがあります。 みんなが欲しがっているものを自分も欲しいと感じ、誰かが得をしたら自分も得をしたいと感じ、自動車のスピード違反で捕まったら、みんなも…

学ばないことの価値

私たちは幼い頃から何かを「教わって」きて、それが大学、社会人になってもずっと「教わる」ことが続きます。 そうすると、何かを学ぶことは価値のあることであり、学ばないことは価値のないことだと認識してしまうところがあります。 たとえば、何もしない…

何もしないことをする -ドリトル-

ドリトルというのは、“do little”の読みをカタカナにしてもので、「ほとんど何もしない」という意味です。 何もしないことが良い結果を生むこともたくさんあるんだよ、ということです。 最近は「何かを成し遂げること」や「目標を決めて達成すること」が素晴…

この人と付き合ってもメリットがないという考え

人とのつき合いで、この人と付き合っているとメリットがあるけれど、あの人と付き合っていてもメリットがない、などといった考えをしがちです。 しかしながら、人間の関係というのはそんな表面上の損得ではかれる浅薄なものではなく、必ずどこかでつながって…

知っていたら得をするというものでもない

「知らない人は損している」などと言われることがありますが、知っていたら得をするかというと、そうとも限りません。

「いい人」になっているから…ということ

「いい人」になっているから損をするとか、「いい人」でいるから心を病むといったことが言われたりします。 そうするとすぐに、「いい人」にならなくていいとか、「いい人」をやめた方がいい、という主張をしがちです。 しかし、「いい人」が損をしているか…

みんな世渡りがうまい

「私は失敗や損ばかりしていて、みんなは世の中をうまく渡り歩いている」、多くの人はこんなふうに思っていたりします。

自分にとって「良いこと」をしているはず

何かをする時には誰でも、自分にとって得することや益(えき)になることをするのであって、わざわざ損することや害になることをする人はまずいないはずです。 ですから、自分が「これをしよう」というときは、それは自分にとって“良いことである”と考えてい…