ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

批判

草食男子といった分類は自分や社会を考えるために使う

草食男子といったような分類は、他人を批判したり揶揄(やゆ)するのに使うのではなくて、自分自身を省みたり、社会を深く考えるのに使うべきものです。

世の中のおかしさを批判したくなったら

世の中のことに対して、これはおかしいんじゃないか!と批判したくなるときには、私と対話しましょう。

相手を非難することで自分の悪の面を見ないようにしている

人は自分の悪の面を見たくないですから、見ないようにしています。というのもそれに真剣に向き合おうとするとつらいですから。 それで、自分と同じような悪をもった人を見ると、その人のことはよーく見えますから、その人にその悪の面を指摘したくなります。…

相手を理解できれば批判や非難の気持ちも薄らいでくる

相手を理解できないがゆえに、相手を批判したり非難したくなる時は、語りにいらしてください。 相手を理解できるようになってくれば、批判や非難の気持ちも薄らいできます。

持論を聞いてもらう

持論を言いたくなりましたら、私にお聞かせください。 じっくりきちんと聞いてもらうのは、いい体験になります。

自分の行動を批判されて腹が立つときは

自分のした行動に対して他人から批判され、他人からとやかく言われることに腹が立つときは、私に語りにいらしてください。

時代の変化に合わせられなくなり若い人たちを批判する

歳をとっていくと時代の変化に合せることが難しくなり、自分が時代遅れの考えや行動、価値観をしていることに気づくのも難しくなります。 ただ自分が世の中の流れに乗れてなく、取り残されていることにはうすうす気づいていますから、それに対して苛立ちを感…

相手を批判・非難せずに聴き受けとめていく難しさ

相手の発言や行為に対して批判・非難することは誰にでもできる楽なことです。 楽なことだからこそ、批判・非難された人は「もうこの人には話しても無駄だから話すのはやめよう」と考えます。 一方で、相手の発言や行為に対して「相手がなぜそれを言うのか」…

他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりする

自分とは関係のない他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりするというのは、自分の人生が納得いっていない状態にあるということでしょう。自分のことで楽しんでいたら他人のことなど見向きもしないものです。

我慢できずにはっきりズバッと言ってしまう

「口は災いの元」と昔から言われます。 相手に向って何か言いたいことがあっても、“ここはまず黙っていよう”とできればいいわけですけど、なかなか我慢できずにズバッと言ってしまう。 それは自分の方の考えが正しいと考えているからであり、相手の考えや行…

頑張りたければ自分が頑張ればいい

頑張るのはいいのですが、「私は頑張っている」と心の中で感じている人ほど、たいてい相手にも頑張りを要求し、厳しいことを言ってたりします。 頑張りたいのなら、自分が頑張ればいいのです。相手ではありません。 相手にも頑張ることを強要していたら、な…

自己向上に励んでばかりいて、相手を分析・批評しがちになる

自分の能力を向上させることにばかり精を出していると、相手を分析したり批評したりする傾向が強くなる場合があります。 相手の事情を深く考えたり、相手の立場になって話を聴くことがおろそかになりがちです。

あの人はくだらないことをしていると感じるときに

「あの人はくだらないことをしている」と見下したくなることもあるでしょう。 ただ、自分も他人から見れば何かしらくだらないことをしているものです。