加藤直樹の深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

批判

人の失敗を批判することは誰にでもできる

人が失敗をしてしまった時に、その落ち度を批判することは誰にでもできます。ですから、誰にでもできることはしないでおいて、誰にもできない「人を助けること」に自分の時間と力を使えばいいでしょう。

相手の悪口は言うけれども自分の批判はされたくない

人は他人への悪口や世の中への文句を言いたくなるものです。 悪口や文句を言えば、それに同調する不満を持った人を寄せつけることになります。ですから自然と悪口を言い合う人が集まります。そうした自分と同じ意見や方向性をもった人との一緒にいるのは居心…

我慢できずにはっきりズバッと言ってしまう

「口は災いの元」と昔から言われます。相手に向って何か言いたいことがあっても、「ここはまず黙っていよう」とできればいいわけですけど、なかなか我慢できずにズバッと言ってしまう。 それは自分の方の考えが正しいと考えているからであり、相手の考えや行…

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になった気になる

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすれば、その他の人たちは結束力が強まる、ということはよく言われることでして、まあ、大抵の人がやっていることだと思います。 職場などではそういう人間関係によって成り立っている部分もあります。 世の中では大概…

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

頑張りたければ自分自身が頑張ればいい

本人自身が頑張るのはいいんだけど、「私は頑張っている」と心の中で思っている人ほど、たいてい相手にも厳しいことを言ってたりします。 本人が頑張りたいのなら、本人だけが頑張ればいいのです。 相手にも頑張ることを強要したくなったら、なぜ自分が頑張…

説教すると元気になる

人に説教をすると元気が出ます。「こうした方がいい」とか「そういう考えじゃダメだ」なんて言いますと、相手の活力を奪いますから話す側は元気になります。だから会社の上司もそうだし、友達や恋人の間柄でも優位に立っている人は元気がいい。一方で説教を…

自己向上に励み、相手の分析ばかりしている

自分が能力的に向上することにばかり精を出していますと、相手を分析したり診断したりする傾向が強くなり、相手の気持ちを深く考えたり、相手に寄り添って話を聴くということがおろそかになりがちです。

あの人はくだらないことをしていると感じるときに

「あの人はくだらないことをしている」と見下したくなることもあるでしょう。でも、自分も他人から見れば何かしらくだらないことをしているものです。

悩みは無くても問題を抱えている

「私は悩みがない」と言われる人がおります。「私は悩みがない」と言われるのですが、SNSなどネットでは汚い言葉を吐いたり、悪口や不満を言ったりしているのを見かけます。こういう人は自分では自分自身に悩みはないと認識しているのでしょうが、問題は抱え…

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない場…