読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

心を治したり人格を育てていくには

心を治したり人格を育てていくのには、臨床家がクライエントにきちんと向き合って、クライエントと一緒に成長していくことが必要です。

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよう…

心の中の“頼れる人”が助けてくれる

心の中に“頼れる人”を持っていますと、「こんなとき、あの人ならどう考えるだろうか?」と考えることができます。そうすると、“あの人”がもっている観点から見ることができますから、「いま私はどうすればいいんだろう?」と考えを深めることができます。 そ…

自分にとって嫌いな性格を他人に言ってしまう

誰しも「ああいう性格の人は好きじゃない」というのがあります。人間ですからそういう気持ちが出てくるのは普通のことです。 そういう気持ちを言いたい時は仲のいい友達のなかだけで言えばいい。 ところがその気持ちをネット上に書き込んで、大勢の人にまで…

大量な情報と生きるための知恵

マスメディアは大量の情報を発信してきます。「こんなこともある、あんなこともある」とテレビや雑誌、本、ネットでもものすごい量を送り出してきます。「これを知らないと損です」と言い切っているところさえあります。しかも私たちもそうした情報のおかげ…

考えが偏るからこそ人と話をしている

人というのは普通に生きているだけでも、どうしても考えが偏(かたよ)ってきます。偏ったままだと社会生活を送るのが難しくなったり生きづらくなってきますから、偏りを戻さないといけない。 ところが人間はうまいことできていて、その偏りが自然と元に戻る…

自分自身をわかっていないと自覚できるから「謙虚になれる」

「自分のことは自分が一番わかっていると思っている人ほど、自分のことを一番わかっていない」とは世間でよく言われることです。 私たちは大人になるにしたがって、自分のことを何もわかっていないのだと自覚していくことで本当に成長していると言えます。 …

人間を深く理解していく ~反抗期などの発達過程~

私たちは「反抗期」というものを知っています。子どもが成長していく段階で親に歯向かったり、言うことを聞かなかったりするものです。 私たちはその反抗期というものを知っているから、子どもの悪態や暴言、無視などを温かく見守っていけるわけでして、もし…