読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

感受性

神経や気を使い続けていると喘息(ぜんそく)が生じる

神経や気を非常につかうような状態が続いていると、人によっては喘息(ぜんそく)が生じる場合があります。とくに女性にみられます。

境界例や境界性人格の人たちの感受性の鋭さ

境界例や境界性人格の人たちの感受性というのはものすごく鋭く、本当に人の心を読めるほどのものです。 相手の状況や言動をものすごく観察していて、私に対して「何をしてくれるのか」、「何をしてくれないのか」、そして「私が思っていることにいつ気づいて…

症状を性格や生き方のせいにできずに身体のせいにする

症状が生じている場合、多くの人は自分の性格や生き方や感受性が症状を引き起こしたとは考えたくないものです。なぜなら、自分自身が責任を負うことになるからです。これまでの自分の行為を省みて、何が悪かったのかを見つめなければなくなるからです。それ…

癌の発症が心配なら自己意識や環境を見直す

癌の発症が心配でしたら、食べ物に気をつけるだけでなく、生きている環境や立場、自己意識や感受性などを見直していくといいでしょう。

人と比較してしまう自分をありのままに感じていく

「人と比較しなくていいんだよ。」などと言われることがありますけれど、人と比較してしまうのが人間です。人間とはそういうものですし、自分もそういう人間だということです。 他人が気にならない人はそれでいいですし、他人が気になる人はどうしても比較し…

精神世界ではあらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまう

精神的な世界に入りますと、感受性が鋭くなって敏感になり、あらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまうようになりますから、周りの環境や他人の言動に多大な影響を受けるようになり、気分が自分では制御できないほど揺れることになります。 ですから、精神…

感受性の強い人からみた「空気を読む」行為

世間で言われている「空気を読む」という行為ですが、感受性の強い人からみたら、そんなレベルでは全然物足りないと感じています。感受性の強い人たちは、もっと深いレベルで空気を読みますから、相手に対して「どうしてもっと考えて対応ができないの?」と…

感受性が強くて相手のことがよく見えてしまう

感受性の強い人たちは相手のことや世間のことがすごくよく見えてしまいますでしょ。それで、相手の状況や世間の状況を感じすぎてつらくなったり、また、どうにかしてあげたいと考えると余計に深く悩んでしまったりします。そしてさらには、どうにもできない…

感受性の鋭敏化から意識過敏へ

何らかの事情で相手の気持ちをすぐに察知しなければならないとしたら、感受性を鋭くせざるを得ません。 感受性を鋭くすれば、相手が何かをする前に相手の気持ちを読み取ることができ、事前の対処ができるようになります。 ただ、感受性を鋭くしすぎるとそれ…

意識が心の内面にばかりいきすぎる場合

意識が心の内面にばかりいくと、繊細になりすぎたり敏感になりすぎたりして、現実の社会では生きづらくなる場合があります。

感受性の強さと身体症状

感受性が強い場合、本人が感じたものを身体に症状として出しやすい場合があります。

モヤモヤとした漠然とした人生の悩み

親しい友人や先輩に「人生って何だろう」と訊いても、大抵は、「そんなことで悩んでもしょうがないよ」とか、「考えても分からないことは諦めて、今できることをやればいいんだよ」などと言われた経験のある人も多いかもしれません。 もちろん、その意見はそ…

見捨てられ不安による拒絶感

感受性が強く鋭くなり、見捨てられ不安があまりも強くなっているときは、相手の優しい心遣いが逆の意味に感じたりします。たとえば治療者から「だんだん気持ちも落ち着いて、良くなってきたんじゃないですか」と言われると、『もう会いたくないから来なくて…

感受性が強いほど受け取る情報量も多くなる

感受性が強ければ、あるいは強い状態になっていますと、人から言われた言葉や人の行動からたくさんの情報量を感じ取ることになります。一般の人が相手の言葉や行動を、その言葉通り、行動通りにしか受け取らないところを、その何倍もの情報量をそこから得て…

考えすぎと言われている場合に -切迫焦燥感-

人から「あなたは考えすぎ」と言われたことがある人もおられると思います。そういう人の中には、単なる考えすぎではなくて、切迫焦燥感が強く出ているのかもしれません。感覚が研ぎ澄まされて現実が強烈に自分のなかに入ってくる状態です。

感受性の強い者同士がお互いに勘ぐりあう

感受性の強い者同士が会話をするとお互いに腹の探り合いになったりします。「あのメールの内容はこんな意味が含まれているはず」とか、「あのとき言った発言には別の意図があるはず」とか、ものすごく勘ぐりあう。それでお互いにものすごく気を遣って疲れて…