読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

恋愛体質だとか愛人体質と言われているもの

恋愛体質だとか愛人体質だとかというのをふざけて言えるぶんにはいいですけれど、それで本当に悩んでいる人もおられます。 恋愛体質や愛人体質といったものは一種の愛情飢餓状態であったり、家庭トラウマを抱えている人にみられたりしますから、心理療法など…

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。 ところが、発達障…

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで飲んだ」などといつも周りの人に言いふらす行為ですが、そういう行為が出る場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

親から関心を得られなかった子どもが刺激の多い世界に身を投じてしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるためです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は…

昔の酷かった時代の記憶を抱える親たちの問題

昔の親の多くは子ども時代に戦争で食糧や物が不足していたり、軍人の親に厳格に育てられて愛情をもらえなかった人がとても多い。 しかし現在は物も豊かにあり快適に過ごすこともできます。だから複雑な気持ちになるのです。昔はひどかったけれども今はこんな…

すぐに不機嫌になり相手をバカにしたり嫌味を言う

心の問題や病といいますと気分が落ち込んだり、不安になったりする状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは理解しやすいものです。 一方で理解しにくいのが「怒り」という心の問題や病です。 極端に真(ま)に受けやすく、すぐイライラしたり、すぐ不機…

相手が自分に対してどんな言い方をするかに敏感

つらい思いをしてきていたり、立場が弱かったりすると、相手が自分に対してどんな言い方をするか、ということにとても敏感になります。 「今の言い方は本当に自分のことを考えてくれていた言い方だろうか?」とか、「あんな言い方をするということは、きっと…

人にわかってもらいたい気持ちが気づかないうちに出ている

自分が自分自身に気づいている以上に、人は自分のことを相手にわかってもらいたいという願望をもっています。そしてその気持ちは自分が気づかないうちに、別の言動としてあらわれているものです。

愛情をたくさん吸収できなかった人

幼い頃や若い頃に愛情をたくさん吸収できなかった人のなかには、後々、愛情をなんとかもらおうとして男女関係が大変になったりすることがみられます。

自分の中にある怒りをコントロールできない

自分の中にある怒りをコントロールできずに、「相手を不機嫌にさせたらどうしよう」とか、「怒らせたら嫌われるんじゃないか」と不安になっている人は多くいます。 まるで自分の中に地雷原があるようなものでして、“怒りが爆発してしまったらどうしよう?”と…