読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。 ところが、発達障…

親から関心を得られなかった子どもが刺激の多い世界に身を投じてしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるためです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は…

つらいことを何でもないかのように平気で話す

つらい状態の時には話す口調もつらい感じ、また重々しい感じになります。つらいわけですから当然そうなります。聴いている側にもつらさが伝わってきます。 ところが、つらいことを何でもないかのように平気で話す人がおられます。マリリン・モンローなんかが…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

奥さんが旦那にも話さない苦労話と心身症状

奥さんが旦那さんにしゃべらないでいる話なんてたくさんあります。その中でも、幼少期の苦労話というのは旦那さんにはまずしゃべらない。好きな旦那さんと楽しく一緒に暮らすために、自分のなかでしゃべらずにいよう、と決心しているからです。 それで、奥さ…

精神的に成長するときに

精神的に成長するときには、「自分は何なのか?」「自分は何をしているのか?」ということで悩みますから、情緒が不安定になったり、矛盾した行動が起こります。そしてそういう過程を経て、自分への理解が進むと、気持ちが安定した段階に入っていきます。

「つらい」という感覚が分からない

非常につらい体験をしてきた人は、自分が「つらい体験をしてきた」という感覚が認知できないということが多く見られます。嫌な体験はたくさんあったけど、つらいということがよく分からないのです。

精神の世界で起こる極端な言動と強迫

気持ちが不安定になっていると、言い換えれば、精神の世界に少し足が入っていると、向こうの世界とこちらの現実の世界を行き来するようになるので言動が極端になりがちです。 しかし本人にとっては必死でそれらの世界を行き来しているので、なかなか気づけま…

ダイエットは食事や運動の問題が解決すればいいと思い込みやすい

ダイエットという言葉が口癖のように氾濫する時代となっています。ダイエットでは「食事を摂る(あるいは摂らない)」こと、または「運動をする」ことが特に叫ばれるために、「行為」や「態度」が問題の中心だと思い込みしやすくなります。そしてそれが解決…

「私は変わった!」と感じているとき

「私は変わった!」と感じているときが、たいてい精神的に危なっかしく情緒が安定していないときです。

情緒不安定パーソナリティ -不安定という安定-

情緒不安定パーソナリティというのがあるんですが、これは「不安定さに安定している」性質です。気持ちが安定すると次に不安になってしまうために、不安定でいることで安定が保たれている。言い換えれば、気持ちがすごく揺らいでいて一定した状態でいられな…