読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

恋人関係

恋愛体質だとか愛人体質と言われているもの

恋愛体質だとか愛人体質だとかというのをふざけて言えるぶんにはいいですけれど、それで本当に悩んでいる人もおられます。 恋愛体質や愛人体質といったものは一種の愛情飢餓状態であったり、家庭トラウマを抱えている人にみられたりしますから、心理療法など…

「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出る

もっと自分のことに関心をもってもらいたいという気持ちが強くあったり、自分のことをもっとわかってもらいたいという気持ちが強くあれば、「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出るものです。

DVをする相手と自分との病んだ関係

DVを受けている人は、暴力を振るう相手が全面的に悪いにしろ、自分自身がどうして暴力を受けるのか、また、なぜそういう人と一緒になったのか、ということを考えていくのは後々大切なことです。 相手のことを「どうしようもない奴」と考えるだけでなく、自分…

相手の気持ちを知るために

相手の心理は自分の心理と密接に関係していますから、相手を知ろうと思ったらまず自分を知ることです。 ところが相手の気持ちを知りたい時に限って、自分のことは忘れて「あの人はどうしてあんなことをするんだ!」とか、相手を責めたり説教したくなる方向に…

説教すると元気になる

人に説教をすると元気が出ます。「こうした方がいい」とか「そういう考えじゃダメだ」なんて言いますと、相手の活力を奪いますから話す側は元気になります。だから会社の上司もそうだし、友達や恋人の間柄でも優位に立っている人は元気がいい。一方で説教を…

生命力が回復するとき

人というのは不思議なもので、自然体でいる人と一緒にいると、自分の生命力が回復してきたりします。自分に対してこれといって何をしてくれるわけではないけれど、その人がその人の生き方をしていることで、自分が自分の生き方をできるようになるのかもしれ…

「この人は何を考えているんだろう」と感じる

心はものすごい深みをもっていますから、たとえ「心がわかった」と感じても、それは瞬間的なある一側面、瞬間的なある一部分をわかったにすぎません。だから少しでも状況が変わったり、自分や相手の気分が少しでも違うと、心をまったく読めなくなってしまい…

感受性の強い者同士がお互いに勘ぐりあう

感受性の強い者同士が会話をするとお互いに腹の探り合いになったりします。「あのメールの内容はこんな意味が含まれているはず」とか、「あのとき言った発言には別の意図があるはず」とか、ものすごく勘ぐりあう。それでお互いにものすごく気を遣って疲れて…