ヴェール心理カウンセリング【人間理解】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などを専門としています。家族や夫婦の相談、子育てや子どもの心の相談、不登校やひきこもり、発達障害、恋愛や不倫、離婚の相談、仕事の相談などをしています。精神疾患、精神障害、精神症状や心の病などの相談をおこなっています。心理療法や心理カウンセリングが受けられます。人間性育成、人格育成などをおこなっています。TEL 0463-62-0325 心理療法家 加藤直樹

思春期

自分の視線が相手に不快感を与えている

思春期には「眼」に関する意識の変容が生じることがあります。 自分の眼や視線が、相手を嫌な気持ちにさせているのではないか、不快感を与えているのではないかといった思い込みが生じます。

親のせいにしなければあまりのつらさに耐えられない

親のせいではないとわかっていても、親のせいにしなければあまりのつらさに耐えられない場合もあります。

思春期の精神状態や精神症状についての相談

思春期における精神状態や精神症状について、困っていることや悩んでいること、また理解できないことがありましたらご相談ください。 尚、思春期は10歳代とは限りません。

人の集まる所に怖くて行かれない

みんなが集まるようなところに行けないとか、知らない人たちの中に入って行くことができないのを社交恐怖などと言うことがあります。 人が集まる所に行くことを考えただけで恐怖や緊張が生じ、頭の中が真っ白になる人もおられます。 対人恐怖症の特徴は、こ…

深く悩んでいる人は他人になかなか理解されない

深く悩んでいるときは意識が自分の内面に向っていますから、心や精神の世界に入り込みやすくなります。 心や精神の世界は現実の世界とは異なりますから、向こうの世界の話をこの社会で普通に暮らしている人にしても話がかみ合いません。 それゆえ、深く悩ん…

17歳から22歳くらいに無茶をして自分の限界を確かめようとする

17歳くらいから22歳くらいにかけて、自分の限界を確かめようとします。 どこまで無茶ができるのか、どれほど無理がきくのか、そうやって自分の限界を知りながら成長してゆきます。だから危険なことも向こう見ずでやったりします。 その際にほとんどの若者は…

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。 17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。 20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよ…

他の人と同じようになろうとする努力

「私という人間は私だ」と思っている人がほとんどでしょうが、自分自身になるということは実はとても難しいことです。 とくに若い頃は「なんとかして他の人と同じようになろう」と努力しますから、他人と比較してしまい、すごくつらくなったりする。 自分は…