読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

イライラしていると余計に腹の立つことが起こる

イライラしていますと腹の立つことがまた起こりますから、余計に怒りが増していくことになります。ですから、イライラすることは私にお話しください。

自分が大切にされていないと感じれば

自分が大切にされていないと感じれば、怒りの感情も出てきます。

親に対する怒りの感情が消えない場合は

親に対する怒りの感情が消えない場合は、私のところに来て話をしてみてはいかがでしょうか。

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になってしまう

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすればその他の人たちは結束力が強まる、とはよく言われることでして、大抵の人が実際にやっていると思います。 友達関係はもちろんのこと、職場などでもそういう人間関係によって成り立っている部分があります。 世の…

頭脳では分かっているのに衝動を制御することが難しい

人は頭脳では理解していても行動が伴わないものです。これはほとんどの人が感じていることでしょう。たとえば、言わない方がいいと分かっているのに言ってしまって後悔するなんてことはよくあります。それで今後は気をつけようと思うわけですが、次の時には…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

実家から独立するのが早すぎる

親を嫌っていたり憎んでいたりしますと、「ここから早く出てやる」とつねに考えていて、家を離れて独立するのが非常に早くなりがちです。 そして特に女性の場合は、だいたいちょうどその頃に出会った男性と一緒になって、大変な目に遭ったりすることが多くみ…

育った環境の不満や、親への怒り・恨みが引き起こす問題

育った環境の不満や、親への怒り・恨みをいまも持ち続けているという人は、心理療法や心理カウンセリングを受けてみてはいかがかと考えます。 なぜかと言いますと、そうした怒りや恨みは現在の人間関係や夫婦関係に影響を与え、問題を起こしたりするからです…

暴力という行動でしか表現できない状態

DV(ドメスティック・バイオレンス)は、「行動の病」「行動化の症状」と言ってもいいでしょう。精神的心理的な問題を抱えているのですが、それを暴力といった行動としてしか表現できない状態です。

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

「飲んでおりますが、何か?」という挑発言語

「朝から(お酒を)飲んでおりますが、何か?」などと発言するのを見かけます。こうした挑発的な言語を発する人たちのなかには、一見楽しそうな生活を送っているようにみえても、実際の生活では、幼いころからの家庭環境が良くなく、つらい目に遭ってきた人…

見捨てられ不安による献身、そして怒り

見捨てられ不安が強いと、どうしても相手に尽くしすぎてしまいがちです。これ以上、淋しい気持ちを味わいたくないですから、これでもかというくらい異性や同性に献身します。 相手から見れば「これほど尽くしてくれる人はいない」と感じますから、すごく良い…

すぐに不機嫌になり相手をバカにしたり嫌味を言う

心の問題や病といいますと気分が落ち込んだり、不安になったりする状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは理解しやすいものです。 一方で理解しにくいのが「怒り」という心の問題や病です。 極端に真(ま)に受けやすく、すぐイライラしたり、すぐ不機…

イライラを抑えたくて、抑える方法を知りたい

ちょっとしたことでイライラや怒りが出てしまうので、「怒りを抑えたい」と言われる人はとても多くいます。それで「どうしたらイライラが抑えられるか?」という方法を知りたくなるわけですが、方法を頭で理解して意志や理性でコントロールができるようなら…

はっきりものを言う性格と攻撃性

人は攻撃性や破壊性をもっています。しかし多くの人は自分のなかに攻撃性や破壊性があることを認めたくないものです。 たとえば、人にはっきりものを言う傾向がある場合、その「はっきり言う」行為は攻撃性や破壊性を含んでいたりします。ところが本人からし…

怒りっぽさと攻撃性

怒りっぽい人は自分の攻撃性について考えてみるといいと思います。ご自身だけで考えても分からない場合は私にご相談ください。

自分の中にある怒りをコントロールできない

自分の中にある怒りをコントロールできずに、「相手を不機嫌にさせたらどうしよう」とか、「怒らせたら嫌われるんじゃないか」と不安になっている人は多くいます。 まるで自分の中に地雷原があるようなものでして、“怒りが爆発してしまったらどうしよう?”と…

悩みは無くても問題を抱えている

「私は悩みがない」と言われる人がおります。「私は悩みがない」と言われるのですが、SNSなどネットでは汚い言葉を吐いたり、悪口や不満を言ったりしているのを見かけます。こういう人は自分では自分自身に悩みはないと認識しているのでしょうが、問題は抱え…

つらい記憶が人生の一部になっていく過程

つらい記憶というのは、なかなか人生のなかに組み込まれないものです。自分の体験から外したいという思いがありますから、人生の一部として成っていかないのです。しかし人間というのは何とかして自分を癒すために、その記憶を人生のなかに組み込もうとしま…

相手を変えようとしてイライラする気持ち

自分を変えたいと考えて、自分を変えてみようとする人も多いでしょう。しかし大抵うまくいかず、描いていた理想通りに自分を変えられなくて怒りがわいてきたりします。その怒りは自分に向わずに相手に向うことがありまして、その場合は、自分を変えられない…

怒りによる抑うつ症や腰痛などの心身症

抑え込んだ怒りとかの感情が溜まってきますと、当然どこかに噴出しなければならなくなります。どこに噴出されるかといえば、たとえば恋人に向けられたり、あるいは親に向けられたりするのが一般的に多くみられます。自分を一番わかってくれるはずの人ですか…

イライラや怒りの出やすいところ

イライラや怒りは出やすいところ出ます。出やすいところとは、言い換えれば「ある人」です。別の人には出ないのに、「ある人」に対してだとイライラが出てしまうということが起こります。それで怒ってしまった本人は、怒りを出してしまって申し訳なかったと…

なぜイライラしたり怒りが出てくるのかを理解する

「イライラや怒りをコントロールする」ということがよく言われます。社会生活をする上では、イライラや怒りをコントロールしないとやっていけませんから、それは必要なことでしょう。 ただ、イライラしたり怒りが出てくるということは、現実にイライラさせら…

うつ状態を経験した人の苛立ち

うつ病やうつ状態を体験した人は、気軽に「鬱っぽくなった」などと発言している人をみると、苛立ちを覚えたりします。たとえば「そんな簡単に鬱だなんて言わないでほしい」「そんな甘いもんじゃないよ、鬱は」と発言することがみられます。 こうした発言がで…