加藤直樹の深層心理学/精神分析

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

怒り

気に食わないことがあるといきなり怒鳴る

自分の気に食わないことがあると、いきなり怒鳴るという人もおられます。 これは人格的な問題をかかえている場合が多く、頭にきた瞬間に感情が表出してしまうもので、自制心は働かず、意志(自我)の力でどうにかなるものではありません。

嫌がらせをされた憤(いきどお)りが湧き起ってくる場合に

嫌がらせをされたことに対する憤(いきどお)りが今でも湧き上がってくるという場合には、その気持ちを私に聴かせてください。

悲惨なニュースで自分の感情がかき乱されてしまう

世の中の悲惨なニュースで自分の感情がかき乱されたり、振り回されたりしてしまって困っているかたはご相談にいらしてください。

人に対して寛容になれないときに

人に対して寛容になれないという場合は、私のところに語りにいらしてください。

気性が激しくて困っておられたら

気性が激しくて困っている、という方はご依頼ください。 お話ししましょう。

人に寛容になれれば争いは起きづらくなるはずですが

人に寛容になることができれば相手との衝突やトラブルは起きづらくなるはずです。しかしそれは理想論であって、人に寛容になれない場合も出てきます。それゆえ世の中には争いごとが絶えず、その歴史を私たちは繰り返しています。

腹が立つことやイライラすることがあったら

腹が立つことやイライラすることがあったら、私に話してください。話せばきっと気持ちが落ち着いてくると思います。

衝動を抑えられずに困っている場合の心理カウンセリング

衝動を抑えられずに困っている場合の心理カウンセリングをおこなっています。 衝動とはたとえば、すぐ怒りを爆発させてしまうとか、たくさんの買い物をしてお金を使ってしまうとか、自分自身ではどうにかしたいと考えているのにでも意志では抑えにくい欲求の…

あまりにも美を追求し続ける行為

女の人で、美(美しい顔や美しいスタイル)をあまりにも追求し続ける人もおられます。 そういう人のなかには、つらい生活を送ってきたりして、そのつらさに対する凄まじい怒りや嫌悪を溜め込んでいる人もいます。 そうした感情をどうにかしようとするのです…

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

お酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで酒を飲んだ」などと友達に言いふらしたりする。 そういう行為をしてしまう場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

友達や知り合いのことで腹の立つことがあればお聴きします

友達や知り合いのことで腹の立つことがあれば、私がお聴きしますのでどうぞお話しください。

「私は負けない」という対抗心 -痛みと体調の悪さ-

困難に対して、「こんなことで私は負けない!」と気合を入れることもあるでしょう。そういう気持ちも大切です。 しかしその一方で、困難に“対抗”しようとしてばかりいると攻撃態勢が維持されますから、普段の生活でもイライラが起こったり、人に対してケンカ…

イライラする本当の理由に気づけていない

子どもは親から見捨てられるのではないか、という恐怖心を多かれ少なかれ持っています。見捨てられればどうしていいかわからないですから、しぶしぶ親の言う通りに従います。 親の言うことが納得できる範囲であればいいのですが、親の言うことがあまりにも理…

イライラしていると余計に腹の立つことが起こる

イライラしていますと腹の立つことがまた起こりますから、余計に怒りが増していくことになります。 ですから、イライラすることは私にお話しください。

自分が大切にされていないと感じれば

自分が大切にされていないと感じれば、怒りの感情も出てきます。

親に対する怒りの感情が消えない場合は

親に対する怒りの感情が消えない場合は、私のところに来て話をしてみてはいかがでしょうか。

非難して仲間と結束しているうちに自分が正義の人になった気になる

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすれば、その他の人たちは結束力が強まる、とはよく言われることでして、大抵の人が実際にやっていることだと思います。 友人関係はもちろんのこと、職場などではそういう人間関係によって成り立っている部分もあります…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。 人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ったり、人との縁を切ったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をう…

育った環境の不満や、親への怒り・恨みが引き起こす問題

育った環境の不満や、親への怒り・恨みをいまも持ち続けているという人は、心理療法や心理カウンセリングを受けてみてはいかがかと考えます。 なぜかと言いますと、そうした怒りや恨みは現在の人間関係や夫婦関係に影響を与え、問題を起こしたりするからです…

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

「飲んでおりますが、何か?」という挑発言語

「朝から(お酒を)飲んでおりますが、何か?」などと発言するのを見かけます。こうした挑発的な言語を発する人たちのなかには、一見楽しそうな生活を送っているようにみえても、実際の生活では、幼いころからの家庭環境が良くなく、つらい目に遭ってきた人…

見捨てられ不安による献身、そして怒り

見捨てられ不安が強いと、どうしても相手に尽くしすぎてしまいがちです。これ以上、淋しい気持ちを味わいたくないですから、これでもかというくらい異性や同性に献身します。 相手から見れば「これほど尽くしてくれる人はいない」と感じますから、すごく良い…

すぐに不機嫌になり相手をバカにしたり嫌味を言う

心の問題や病といいますと気分が落ち込んだり、不安になったりする状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは理解しやすいものです。 一方で理解しにくいのが「怒り」という心の問題や病です。 極端に真(ま)に受けやすく、すぐイライラしたり、すぐ不機…

理性を通さない感情の放出

通常、感情や気持ちを理性で包み、理性を通して生活していると私たちは考えています。だからこそ、きちんとした生活をおくれている部分があります。 ところが、心の動きというのは理性を通すばかりではありません。理性を通さないで感情を放出するという心の…

イライラを抑えたくて、抑える方法を知りたい

ちょっとしたことでイライラや怒りが出てしまうので、「怒りを抑えたい」と言われる人はとても多くいます。それで「どうしたらイライラが抑えられるか?」という方法を知りたくなるわけですが、方法を頭で理解して意志や理性でコントロールができるようなら…

はっきりものを言う性格と攻撃性

人は攻撃性や破壊性をもっています。しかし多くの人は自分のなかに攻撃性や破壊性があることを認めたくないものです。 たとえば、人にはっきりものを言う傾向がある場合、その「はっきり言う」行為は攻撃性や破壊性を含んでいたりします。ところが本人からし…

怒りっぽさと攻撃性

怒りっぽい人は自分の攻撃性について考えてみるといいと思います。ご自身だけで考えても分からない場合は私にご相談ください。

自分の中にある怒りをコントロールできない

自分の中にある怒りをコントロールできずに、「相手を不機嫌にさせたらどうしよう」とか、「怒らせたら嫌われるんじゃないか」と不安になっている人は多くいます。 まるで自分の中に地雷原があるようなものでして、“怒りが爆発してしまったらどうしよう?”と…

悩みは無くても問題を抱えている

「私は悩みがない」と言われる人がおります。「私は悩みがない」と言われるのですが、SNSなどネットでは汚い言葉を吐いたり、悪口や不満を言ったりしているのを見かけます。こういう人は自分では自分自身に悩みはないと認識しているのでしょうが、問題は抱え…

つらい記憶が人生の一部になっていく過程

つらい記憶というのは、なかなか人生のなかに組み込まれないものです。自分の体験から外したいという思いがありますから、人生の一部として成っていかないのです。しかし人間というのは何とかして自分を癒すために、その記憶を人生のなかに組み込もうとしま…