加藤直樹の心理相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

心理療法

きりがなく口から出てくる「不満や文句」

悩みは口に出して人に語れば徐々に解決してきたりします。また一般的な不満や文句も口に出して人に語れば徐々に無くなっていきます。 しかし、人格形成に問題を抱えている場合には「不満や文句」を口に出して人に語っても、キリがなく出てきます。無くなると…

心身の治療相談ができます

私のところでは心身の治療をおこなっています。まず初めにどのような治療が適切かの相談ができます。その後に「なぜ症状が出ているのか」という症状が出るメカニズムを説明しながら治療をおこないます。 また心の傷やトラウマ、過労などで「精神的に病んでい…

行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断する

医者の能力は、症状と病気とを結びつけること、つまり症状から何の病気なのかを判断することです。心理療法家の能力は、行為や発言と心理的問題とを結びつけること、つまり行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断することです。

治療効果が高まる状況

患者に「症状を治したい、自分自身が変わりたい」という強い動機があり、その気持ちをしっかりと治療者が受けとるといった“治療関係”ががっちりとでき上がれば、治療効果はとても高いものとなります。それは薬物療法であろうと心理療法であろうと変わりませ…

理屈で人間関係を学ぶのではなく、人づきあいのなかから学ぶ

人間関係がうまくいかなくて悩んでいる場合、心理学の本や人生・生き方に関する本をたくさん読んできた人も多いでしょう。本に書かれている内容を頭で理解して人間関係がうまくい人はいいですが、たいていはうまくいかないものです。なぜならそれは理屈だか…

神経性胃炎や大腸炎などの症状に心理療法を

神経性胃炎や大腸炎などの症状が出ている場合には、私の心理療法を受けてみてください。

心の知識と技能がないのに深い相談にのれば手に負えなくなる

心の悩みには浅いものもあれば深いものもあります。心の世界の知識と技能もなしに深い悩みをもつ人の相談にのれば、手に負えなくなり投げ出すことになります。

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは、心理療法を受けてみてください。

ありのままの自分を受け入れてくれる人の存在

どんな人だって、いま悩んでいる問題の原因が「自分にある」と認めるのはつらいことです。それが簡単にできるなら苦労はしません。 でもだいたい本人も薄々気づいているのです、自分に原因があるんだろうって。そうわかっていても自分のなかに受け入れられな…

気持ちを聴いてもらって、頼って、相談して、心身を健康にする

自分の気持ちを聴いてもらうこと、自分の話を聴いてもらうこと、何かあったら頼ること、すぐに相談すること、こういうことをしていけば心身が健康になっていきます。

何を心理療法や心理カウンセリングから学ぶのか

心理療法や心理カウンセリングを学ぶといいますと、心理の知識や技を学ぶことと思われがちです。もちろんそれも大事ですが、それ以上に「人間を学ぶ」、あるいは「人間から学ぶ」ことの方が重要です。 先生や師やクライエントが自分のなかに入ってきて自分の…

心理療法や心理カウンセリングは臨床家とのやり取りを体感するもの

心理療法や心理カウンセリングを受けることの本質は、クライエントが頭脳で心理の理屈を理解するものではなく、臨床家との出会いや人間的なやり取りを体感するものです。臨床家とさまざまな語り合いをするあいだにクライエントのなかで変化が起こったり、何…

薬を飲むことに対する不安の相談

薬を飲むことでいい面もありますし悪い面もあります。それをよく話し合うことが大切です。薬を飲むことに不安があったり、薬を飲んでいてて不安がある場合、あるいは心理的援助がいる場合には私にご相談ください。

心の中に人がつくられる作業

「誰々さんが私の心の中にいる」というふうに言われることがあります。誰かが自分の心の中に居ることによって人は精神や気持ちが安定します。 心の中に人がいる人は恵まれていますが、心の中に頼れる人が居ない人もおられます。 そういう人には、ある先生か…

うつ病というものを治すのではなく、その人の状態を個別に考えて治していく

うつ病と診断されますと、うつ病をどう治すかということにしか頭がいかなくなります。うつ病をどうやったら治せるのか、その方法を知ることに注力することになるわけです。 しかし、うつ病といっても人それぞれ違いますから、その人の状態を個別のこととして…

心が癒え、そして癒されるには

心が癒され、本当の意味で変わっていくためには、自分が変わっていくのをじっと待ち続けてくれる人がいる、という感覚を持てることです。 もっと成長した方がいいと説教したり、考え方を変えた方がいいと言う人はたくさんいるけど、そうじゃなくて、温かく見…

過去の記憶のすべてを思い出さなくても治療になる

トラウマなどを治療するための心理療法やカウンセリングをやっていく上で、患者が記憶の中に閉じ込められた感情の“すべて”を思い出す必要はありません。そもそもやろうとしてもそれは不可能です。 患者が過去の重要な記憶を“すべて”思い出さなくても、現在の…

心の病的な部分を診つつ、心の健康な部分の割合を大きくしていく

私たちの心には健康な部分と病的な部分があります。その割合がどれほどなのかは個人個人によりますが、病的な部分の割合が多いと、心が不健康ということになります。 それで我々心理療法家や心理カウンセラーは、心の病的な部分を診つつ、心の健康な部分の割…

心理療法を受けてからの一時的なわがまま

心理療法を受け始めて日にちが経ちますと、わがままを言うようになったり、理不尽な要求をするようになる場合があり、本人や周りの人から見て、精神状態が悪くなっているようにみえます。 それで「心理療法を受けているのにどうして余計にひどくなるのだ?」…

心理カウンセリングや心理療法の知名度

日本においては心理カウンセリングというものを知らない人がほとんどだと思います。知っている人でも、ただ話を聞いてくれるだけとか、そう感じている人も少なくありません。 ましてや、心理療法となると専門家と患者さん以外は誰も知らないといっても言い過…

訪問での心理カウンセリングをすること

私は、往診といいますか訪問での心理カウンセリングもしております。患者さんの家に行きますと、患者さんのことがわかるようになってきます。どういう気持ちで暮らしているのかとか、どういうふうに育ってきたのかとか、そういうことがわかってきて、患者さ…

正直な気持ちを言葉にして相手に伝えることの難しさ

自分の考えていることや正直な気持ちを言葉にして相手に伝える技術は、心理療法家ですら何年もかかる難しいことですから、ましてや、悩んで困っている状態の人が自分の気持ちや考えをきちんと相手に伝えられないのは当然です。相手(治療者や専門家)に悪い…

相談をしようとするときの不安

人に相談するのは勇気がいることです。話をしてわかってもらえるだろうかという不安や、説教されないだろうかという不安などいろいろなことが頭をよぎります。そのため、そうやって相談できずに何カ月、あるいは何年とすぎてしまう人も少なくありません。 で…

統合失調症の治療には

統合失調症は多くの場合、治るかあるいは軽度になりますから、治らないんじゃないかと不安になっている人がおられましたら安心してもいいと思います。 それには治療者や周りにいる人たちが統合失調症になっている本人の世界をきちんと理解してあげて、心を通…