人間理解と悩み相談「ヴェール心理カウンセリング」-加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

心理療法

心理療法では将来をどう形づくっていくかを考えていく

心理療法(心理カウンセリング)というと昔は、過去の記憶を思い出させてトラウマを解消させるというのが主でした。 今はというと、過去は過去として置いておいて、「今、そして将来をどういうふうに考えていくか」という未来志向が主になっています。 だか…

高度な医療とは

高度な医療というのは、なにもすごい科学技術(テクノロジー)を使ったもののことだけを言うのではなく、「生きること」をじっくりと深く話しあっていく対話も高度な医療だと思います。

セラピストは「わからない」という気持ちを持ちつづける

相手の悩みを聞いたり、症状を治していくときに、相手を「理解していこう」という継続的な姿勢が重要です。 「あなたの症状はこれが原因で出ています」とか、「あなたが悩んでいる原因はこれです」というように、簡単にわかってしまわないことが大切です。 …

うつ病やうつ状態、抑うつ症をどう治していくかの相談

うつ病やうつ状態、また抑うつ症などをどのように治していくかの相談が、私のところでできます。 どういう治療方法があって、どれを選べばいいのかや、どういう過程を経て治っていくのかをお教えいたします。 人それぞれ治し方は異なりますので、お話をお聴…

自分を治す力、自分を変える力が高まる状況

クライエントの治したいという気持ちや自分を変えたいという気持ちを、カウンセラーや医者がしっかりと受けとる。 ただ単に「あなたのお気持ちはわかりました」というのではなく、他人から理解されない苦しみだとか、そういう言葉にしづらい気持ちも含めてし…

悩みを解決するかどうかを慎重に考え判断を急がない

悩みというのは解決すれば気持ちが晴れ晴れするというものではありません。 晴れ晴れする場合もあるでしょうが、悩みが解決したことによって余計に悩むことが出てくる場合もあります。 ですから、私たち心理療法家は悩んでいる人が来られた際に、悩みを解決…

「更生」のための心理療法

私のところでは「更生」のための心理療法をおこなっております。「更生」を考えられておりましたらご相談ください。

SNSを使っていることによる疲労の心理療法

SNSを使っていることによる疲労、気疲れの心理療法をおこなっています。心理療法を望まれる方はご相談ください。

動悸やめまい、メニエール病などへの心理療法

動悸やめまい、メニエール病などでお困りの方は、心理療法をおこなっていますのでご相談ください。

きりがなく口から出てくる「不満や文句」

悩みは口に出して人に語れば徐々に解決してきたりします。また一般的な不満や文句も口に出して人に語れば徐々に無くなっていきます。 しかし、人格形成に問題を抱えている場合には「不満や文句」を口に出して人に語っても、キリがなく出てきます。無くなると…

心身不調や精神不調の相談ができます

私のところでは心身不調や精神不調の相談をおこなっています。 まずじっくり話をお聴きします。そしてどのようにしていけば良いかの話をします。 心が病む仕組み、精神状態が悪くなる仕組みを説明いたします。 また精神的ダメージ、過緊張、過労などで精神症…

行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断する

医者の能力は、症状と病気とを結びつけること、つまり症状から何の病気なのかを判断することです。 心理療法家の能力は、行為や発言と心理的問題とを結びつけること、つまり行為や発言から何の問題を抱えているのかを判断することです。

神経性胃炎や大腸炎などの症状に心理療法を

神経性胃炎や大腸炎などの症状が出ている場合には、私の心理療法を受けてみてください。

心理学の知識と技術がないのに深い相談にのれば手に負えなくなる

心の悩みには浅いものもあれば深いものもあります。 心理学の知識と技術もなしに深い悩みをもつ人の相談にのれば、手に負えなくなり投げ出すことになります。 これは医学の知識や技術がなければ病気の理解も治療もできないのと同じです。

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の心理療法

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の心理療法をおこなっています。 ご相談を望まれるかたはご依頼ください。

心が治ったり人格が育っていくためには

心が治ったり人格が育っていくには、多くの人の支えや助けが必要です。 とはいっても、はじめから多くの人が協力してくれだすことはありませんから、そのためには、まず心理療法家と一緒に歩み始めることです。 そうして、一緒にやっていくうちに様々な出来…

気持ちを聴いてもらい、頼り、相談して、心身を健康にする

ご自身の話や気持ちを聴いてもらうこと、何かあったら頼ること、すぐに相談すること、こういう行為が心身を健康にしていきます。

心理療法や心理カウンセリングを学ぶとは

心理療法や心理カウンセリングを学ぶといいますと、心理の知識や技を学ぶことと思われがちです。 もちろんそれも大事ですが、それ以上に「人間を学ぶ」、あるいは「人間から学ぶ」ことの方が重要です。 先生や師、そして何よりもクライエントが自分のなかに…

こころが治っていくには「尊重される」ことが必要

こころが治っていくには、本人が尊重されることが必要であり、「私は大事にされている、認められている」といった気持ちを感じられることが必要です。

心理療法や心理カウンセリングは臨床家とのやり取りを体感するもの

心理療法や心理カウンセリングを受けることの本質は、クライエントが臨床家の言うことを頭脳で理解することではなく、臨床家との出会いや人間的なやり取りを体感することです。 臨床家とさまざまな語り合いをするあいだにクライエントのなかで変化が起こった…

症状への対処行動を診ていく治療法

出ている症状に対して原因を探っていって治す方法がありますが、これは一般的な治療法でとても有効です。 また、出ている症状に対して本人がどういうふうに対処してきたかを診ていく(聴いていく)治療法もありまして、あまり一般的ではありませんが有効です…

うつ病そのものを治すのではなく、患者本人の状態を個別に考えて治していく

うつ病と診断されますと、うつ病を治すことに意識が集中します。 うつ病をどうやったら治せるのか、どこに行ったら健康に戻してくれるのか、いつになったら良くなるのかなど、色々と生じてくる“問い”に対して早く結論を出すことに囚(とら)われがちになりま…

心の傷が癒され、そして自分が変わっていくには

心の傷が癒され、本当の意味で変わっていくためには、自分が変わっていくのをじっと待ち続けてくれる人がいる、という感覚をもてることです。 もっと成長した方がいいと説教したり、考え方を変えた方がいいと言ってくれる人はたくさんいるけど、そうじゃなく…

過去の記憶のすべてを思い出さなくても治療になる

トラウマなどを治療するための心理療法やカウンセリングをやっていく上で、患者が記憶の中に閉じ込められた感情の“すべて”を思い出す必要はありません。そもそもやろうとしてもそれは不可能です。 患者が過去の重要な記憶を“すべて”思い出さなくても、現在の…

心の病的な部分を診つつ、心の健康な部分の割合を大きくしていく

私たちの心には健康な部分と病的な部分があります。その割合がどれほどなのかは個人個人によりますが、病的な部分の割合が多いと、心が不健康ということになります。 それで我々心理療法家や心理カウンセラーは、心の病的な部分を診つつ、心の健康な部分の割…

心理療法を受けてからの一時的なわがまま

心理療法を受け始めて日にちが経ちますと、わがままを言うようになったり、理不尽な要求をするようになる場合があり、本人や周りの人から見て、精神状態が悪くなっているようにみえます。 それで「心理療法を受けているのにどうして余計にひどくなるのだ?」…

心理カウンセリングや心理療法の知名度

日本においては心理カウンセリングというものを知らない人がほとんどだと思います。知っている人でも、ただ話を聞いてくれるだけとか、そう感じている人も少なくありません。 ましてや、心理療法となると専門家と患者さん以外は誰も知らないといっても言い過…

訪問での心理カウンセリングをすること

私は、往診といいますか訪問での心理カウンセリングもしております。患者さんの家に行きますと、患者さんのことがわかるようになってきます。どういう気持ちで暮らしているのかとか、どういうふうに育ってきたのかとか、そういうことがわかってきて、患者さ…

正直な気持ちを言葉にして相手に伝えることの難しさ

自分の考えていることや正直な気持ちを言葉にして相手に伝える技術は、心理療法家ですら何年もかかる難しいことですから、ましてや、悩んで困っている状態の人が自分の気持ちや考えをきちんと相手に伝えられないのは当然です。相手(治療者や専門家)に悪い…

相談をしようとするときの不安

人に相談するのは勇気がいることです。話をしてわかってもらえるだろうかという不安や、説教されないだろうかという不安などいろいろなことが頭をよぎります。そのため、そうやって相談できずに何カ月、あるいは何年とすぎてしまう人も少なくありません。 で…