読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

相手の話を聞き取りづらいので笑顔でごまかす

何らかの事情で相手の言っていることを聞き取りにくい場合、何度も相手に聞き返すのは失礼だと感じますから、人によっては笑顔でごまかしたり、聞き取れたようなふりをしたりします。 しかし、実際には相手が何を言ったのか分かっていないわけですから、そう…

職場で上司に気をつかいすぎて用件を言い出せない

職場などで先輩や上司が忙しそうにしていると一瞬ためらってしまい、用件を言い出せないなんてことがあります。「仕事の邪魔になってしまわないか」とか、「いま話しかけたら迷惑になるのではないか」などと気をつかってしまい言い出せなかったりします。あ…

「自分がない」ことに悩んでいる場合

周りの人に流されてしまい「自分がない」という悩みを抱えている場合、実際には、自分がないのではなくて、自分はあるのだけれども、何らかの事情により「自己主張できなくなっている」のかもしれません。

感情にフタをしてきた人の献身さ

長い間、自分自身の感情にフタをしてきた人のなかには、自分を犠牲にして相手に尽くすようになっている人もおられます。 しかも、それが強迫的になっていたりして、「私がどんなに辛かろうとも、とにかく相手が幸せになってくれればいい」と頑なに信念を貫こ…

見捨てられ不安による献身、そして怒り

見捨てられ不安が強いと、どうしても相手に尽くしすぎてしまいがちです。これ以上、淋しい気持ちを味わいたくないですから、これでもかというくらい異性や同性に献身します。 相手から見れば「これほど尽くしてくれる人はいない」と感じますから、すごく良い…

人に気をつかっていないようにみえる

人に気をつかっている人ほど、周りの人からは気をつかっていないようにみえたりします。

人に気をつかうのをやめたいと思うのにできない

人に気をつかう生き方はもう嫌だと感じて、人のことを気にしないようにしよう、と頑張る人も多いと思います。 ところが人を目の前にすると、相手から何を言われるのかを考えてしまい、何かを言われる前に相手の心を読もうとして、結局、気をつかって疲れてし…

人を喜ばせたいという気持ちの空回り

「人を喜ばせたいという気持ちや行為」が空回りしてしまうことは、つらい経験をしてきた人にはよくみられます。

その場の空気を壊したくない

「その場の空気を壊したくない」と考えて、嫌なことでも我慢してその場をやり過ごしている。そうしたことが積み重なっていて気持ちもつらく心も重くなってきていましたら、語りにいらしてください。

相談したいことを事前にメモしてこられる

相談に来られる人のなかには、先生に迷惑をかけたくないということで、話したいことを事前にメモしてこられる人もおられます。メモをしてこないと何を話していいかわからなくなってしまうかもしれないし、話したいことの整理がつかなくて話が支離滅裂になっ…

相手のことを考えすぎて行動に移せない

相手のことを心底色々と考えてしまう人は、相手のことを考えているだけでヘトヘトに疲れ切ってしまいます。というのも、私がこれを言ったら相手はどういう気持ちになり、どう反応するだろうかとか、私がこれをしたら相手がどういう態度をとるだろうかという…

緊張症の根底にあるもの

緊張症について少しお話させてもらいます。人はみんな誰かと一緒にいないと孤独感におそわれるので、誰かと一緒にいようという気持ちになります。その際、緊張症をもつ人は、誰かと一緒にいるとその人の前では気をつかい、相手の機嫌をうかがってしまうので…

相手の気持ちを読める人の苛立ち

相手の気持ちを深く読めてしまう人は相手にとても気をつかいますから、人の気持ちを読めない人をみるとイライラしてくるものです。「なぜ、人の気持ちを考えないのだろうか」と。人の気持ちを深く読めれば読める人ほど、その苛立ちも大きくなります。