深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

対人過敏性

人の気持ちを汲(く)む能力

人の気持ちをどこまで深く汲(く)めるかは、その人のもっている能力に依ります。ものすごく汲める人もいれば、ほとんど汲めない人もいます。 これは学問を学んで知識を増やしていくのと違い、何かを学んで吸収すれば能力が上がるような単純なものではありま…

統合失調症などにおける幻聴(幻声)は外の世界から聞こえたように感じる

幻聴(幻声)は本人の中で起こっているものなのですが、それが外で起こっていると感じます。それゆえ外の世界から聞こえてきたものになります。 だから幻の言葉は現実であり本当に誰かが言ったのだと感じてしまうのです。 そこで非常に妄想が膨らんでしまい…

神経や気を使い続け、我慢をし続けて生じた喘息(ぜんそく)

神経や気を非常につかう状態、言いたいことも言えないような我慢を強いられる状態が長く続くと、人によっては喘息(ぜんそく)が生じる場合があります。とくに女性にみられます。

相手の心を読めてしまうほどの感受性の鋭さ

感受性がものすごく鋭く、相手の心を読めてしまうほどの人もおられます。 相手の態度や言動をよく観察していて、自分に対して「何をしてくれるのか」、「何をしてくれないのか」、そして「私が考えていることにいつ気づいてくれるのか」という点にものすごく…

気をつかいすぎることによる疲弊状態

本人も気づかない間に気をつかいすぎている人がおられます。 相手に対して緊張するために過剰に気をつかっていて、しかもそれが長く続いているために疲弊状態になっていたりします。 そしてその疲弊状態によって心身の具合が崩れている人もおられます。

恋愛がうまくいきそうになると異性と距離をとってしまう

恋愛もしたいし、好きな人もほしいけれども、恋愛がうまくいきそうになるとその状況を避けてしまう。 相手の何が嫌とか、相性が合わないとかでもないのに、相手との距離感が近くなると、その人との距離を取ってしまい、どうして自分はこうなんだろうと悩んで…

対人緊張による気疲れ

私たちは自分自身の内側から出てきた感情が、あたかも外側(人や環境)から来たように感じたりします。 たとえば「人から何か批判されるんじゃないか?」と考えていたりすると、周りにいる人が自分を監視しているように感じたりします。 自分のなかで“何か言…

感受性が強くて相手のことがとてもみえてしまう

感受性の強い人たちは相手のことや世間のことがとてもみえてしまいます。 それゆえ相手の状況や世間の状況を感じすぎてしんどくなったり、また相手のかかえている問題がみえるので、その人をどうにかしてあげたくなり自分が悩んでしまったりします。 そして…

感受性を鋭くしたことから意識過敏になり、精神疲労が生じる

何らかの事情で相手の気持ちをすぐに察知しなければならないとしたら、感受性を鋭くせざるを得ません。 感受性を鋭くすれば、相手が何かをする前に相手の気持ちを読み取ることができ、事前の対処ができるようになります。 ただ、感受性を鋭くするとそれに伴…

人に対して配慮が十分にできないと自分を責めてしまう

「人に気をつかわせたくない」とか、「相手を嫌な気持ちにさせたくない」という気持ちが人一倍強い人もおられます。 こうした状態は人に対する配慮性が過剰に強化されている場合があります。 そういう人は相手に対して配慮が十分にできないと、そのことで自…

相手の自分に対する言い方や態度に敏感になる

つらい状態のときや、立場が弱い状況のときには、相手の自分に対する言い方や態度にとても敏感になります。 「いまの言い方は本当に私のことを考えた言い方だろうか?」とか、「あんな態度をするということは、きっと私に関心がないからだろう」とか、そうい…

人に気をつかっていないようにみえる

人に気をつかっている人ほど、周りの人からは気をつかっていないようにみえたりします。

人に気をつかうのをやめたいと思うのにできない

人に気をつかう生き方はもう嫌だと感じて、人のことを気にしないようにしよう、と頑張る人も多いと思います。 ところが人を目の前にすると、相手から何を言われるのかを考えてしまい、何かを言われる前に相手の心を読もうとして、結局、気をつかって疲れてし…

自分の様々な状態を表す無気力

無気力といっても様々です。頑張りすぎて活力がでなくなってしまった状態の無気力や、人に気を遣いすぎて疲労困憊している状態の無気力や、緊張が長く続いたためにそれが解けない状態の無気力や、今まで生きてきた生き方が通用しなくなったことへの失望感か…

神経過敏というアンテナ

神経過敏という状態は遠くのかすかな兆候を感じとり、こんなことが起きるのではないか、という不安が襲ってくる状態です。過去の記憶が蘇ると同時に、未来に対して何らかの予測をするので、これからどうなるかということに敏感になります。そのため相手の言…

「つらい」という感覚が分からない

非常につらい体験をしてきた人は、自分が「つらい体験をしてきた」という感覚が認知できないということが多く見られます。嫌な体験はたくさんあったけど、つらいということがよく分からないのです。

相手のことを考えすぎて行動に移せない

相手のことを心底色々と考えてしまう人は、相手のことを考えているだけでヘトヘトに疲れ切ってしまいます。というのも、私がこれを言ったら相手はどういう気持ちになり、どう反応するだろうかとか、私がこれをしたら相手がどういう態度をとるだろうかという…

つねに自分が悪いと感じてしまう自責感情

何か問題が起こったときに、「私に問題があります」と責任をとる姿は人格的にとても素晴らしい。ほとんどの人が大人だなあと思うでしょう。男女関係においても揉め事が起こったときに、「私の方が悪かった」と責任をとれば、とった方が大人でいられます。 し…

精神的緊張が生じる場合

人はみんな誰かと一緒にいないと孤独感におそわれるので、誰かと一緒にいようという気持ちになります。 その際、相手に非常に気をつかってしまうとか、相手の機嫌をうかがってしまうという人は、知らず知らずのうちに精神が緊張した状態になります。 この精…

感受性の強い者同士がお互いに勘ぐりあう

感受性の強い者同士が会話をするとお互いに腹の探り合いになったりします。「あのメールの内容はこんな意味が含まれているはず」とか、「あのとき言った発言には別の意図があるはず」とか、ものすごく勘ぐりあう。それでお互いにものすごく気を遣って疲れて…

他人が気になりすぎる「関係妄想」

他人が咳をしたり、鼻に手をやったり、または笑ったりする行為が、自分に嫌がらせをしているんじゃないかとか、自分をやっつけようとしているんじゃないかと思ってしまうのを「関係妄想」と呼んだりしています。自分には全く関係のない他人のしぐさが、あた…

相手の気持ちを読める人の苛立ち

相手の気持ちを深く読めてしまう人は相手にとても気をつかいますから、人の気持ちを読めない人をみるとイライラしてくるものです。「なぜ、人の気持ちを考えないのだろうか」と。人の気持ちを深く読めれば読める人ほど、その苛立ちも大きくなります。