加藤直樹の深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

家庭

自分が属している世界を世の中とみなしている

人は、ある世界にいったん身を置きますと、その世界が世の中であり、みんなが生きている世界だとみなすようになります。 それはたとえば今いる会社もそうですし、なんらかの業界、あるいはインターネットの中にある集団に属していれば、それが自分にとっての…

どこに相談しようかと悩んいたらその相談をしましょう

困っている時にどこに相談しようかと悩んでいましたら、その相談を私としましょう。世の中には素晴らしい相談所もたくさんありますが、得体のしれない相談所もたくさんあります。どういう相談所なら適切なのかを助言しますので、相談する機関を探している場…

ひきこもりや不登校の子どもが抱えている親の問題

親が抱えている問題を子どもが代わりに抱えてくれている場合があります。そのために、子どもが家から出れなくなっており、それが表面的には不登校やひきこもりという形をとっていたりします。 親が屈曲した人生を送ってきていたり大変な生活をしてきており、…

親から関心を得られなかった子どもが刺激の多い世界に身を投じてしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるためです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親は…

昔の酷かった時代の記憶を抱える親たちの問題

昔の親の多くは子ども時代に戦争で食糧や物が不足していたり、軍人の親に厳格に育てられて愛情をもらえなかった人がとても多い。 しかし現在は物も豊かにあり快適に過ごすこともできます。だから複雑な気持ちになるのです。昔はひどかったけれども今はこんな…

子どもの両親や学校に対する不満

子どもは両親に対する不満や学校での不満をどこかで言いたいものです。その役割が昔はじいちゃんやばあちゃん、あるいは親戚のお兄ちゃんやお姉ちゃんだった。 じいちゃんやばあちゃんのところへ行って、バーッと話して聞いてもらうと、ずいぶんと気持ちがお…

共働きで子どもとの接触時間が少ない

高い生活水準を維持しようとすれば、夫婦が共に働こうと考えますから、そうすれば当然、子どもと接触する時間は少なくなります。

頑張る私と頑張らない私

「頑張る私は認めてもらえるけど、頑張らない私は認めてもらえない」、これでは人間は生きていかれないのでして、両方の私を受け入れてもらえるからこそ生きていかれのです。

親からひどいことを言われてきて人生を楽しめない

親からひどいことを言われて育ってきて、それで人生を楽しむことができないという人も少なくありません。そして、自分が結婚して子どもができたときに、同じような悪影響を自分が子どもに与えてしまうのではないかと心配する人もおられます。 そういう人たち…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

育った環境の不満や、親への怒り・恨みが引き起こす問題

育った環境の不満や、親への怒り・恨みをいまも持ち続けているという人は、心理療法や心理カウンセリングを受けてみてはいかがかと考えます。 なぜかと言いますと、そうした怒りや恨みは現在の人間関係や夫婦関係に影響を与え、問題を起こしたりするからです…

気づかないうちに周りの人を振り回してしまう

幼い頃から家族、たいていは親に振り回されてきた人は、大人になってからそのトラウマを治そうと自己治癒機能が動きだすために、本人も気づかないうちに周りの人たちを振り回してしまうことがよくあります。

家庭に帰ってくることで得られる安心感

誰でも外に出れば体も心も疲れますし、傷つくこともあります。そうやって一日終わって家庭に帰ってきます。家庭に帰ってくると安心感が起こり、また再び外に出て行かれる元気が回復します。それほど家庭ということはすごいところです。 しかし「私には家庭と…

親が口やかましくて嫌という時に

親が口やかましくて嫌に感じている時に、「親が口やかましく言うのは、私に幸せになってほしいからだ」と言われる人もいます。 「そうか、そう考えないといけないな」と思う一方で、でも「そりゃ、そうかもしれないけど腹が立つ」というが本音でもあります。…

家庭の状態と心身の状態

患者さんが「体調が悪い」と言われるのでお話を聴いていきますと、「実は家庭の状況が…」と少なからず家族の問題を口にされることがあります。 家庭の状態は心身の状態にあらわれますので、家庭の状態があまり良くないと、気持ちの上ではなんとか我慢してい…

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない場…

お父さんが自分の気持ちを語ることで家庭の雰囲気が変わる

お父さんが優しくなり愛情を表現できるようになると、お母さんがイライラしなくなり不満も出なくなります。お母さんが家でゆったり過ごせるようになると、子どもに対して優しく接することができるようになります。そうなると家庭は穏やかで和やかな雰囲気に…

父親だけが美味しいものを食べれた時代

昔の家庭では父親だけが美味しいものを食べて、家族のほかの成員はその残りものなんかを食べるのが普通でした。子どもたちはそういういい思いをしている父親を見ながら、親から「あんたもいい学校を出て、いい会社に勤めれば、厚いステーキを食べられる」と…

家庭内でひどい目に遭っていたら相談してください

家庭内でひどい目に遭っている人は今すぐにでも相談してほしいと思います。優しい人は自分が我慢すれば済むと考えてしまいがちで、ひどい状況から抜け出せなくなってしまいがちです。また、夫婦関係の場合、あなたの優しさにつけこんで離婚しづらいような状…

家事や弟妹の世話に追われてきた人

大人の見本となるべき両親もいない状況で、幼い頃から家事をしなければならなかったり、弟や妹の世話に追われてきたという人も少なくありません。友達と遊ぶこともなかなかできず「若い時期に楽しめなかった」と聴くこともしばしばです。そういう人たちの中…

家庭のことで自分に負担をかけすぎている

家庭のことで自分に負担をかけすぎていれば心身の具合も悪くなります。家庭のことでつらくなっている人からすれば「そんなこといっても仕方ないでしょ」と言いたくなると思います。なぜなら、その状況から逃れることがまずできないのですから。 だからこそ心…

家庭の悩みを人に話さずに隠しておく気持ち

とても多くの人たちが家庭の悩みを抱えておられます。こんなにたくさん悩みがあるのか!というくらいありますし、こんな壮絶な悩みがあるのか!というくらい酷い悩みもあります。 しかしなかなかそれが表に出てこないのは、家庭、ことに親との問題はどうして…