深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

子育て

子どもが自分を表現できる家庭

子どもが夢中になって画用紙に絵を描いていたり、あるいは九九の練習なんかをしているときに、大人というのはちょっかいを出したくなる。 それで、子どもから「ちょっと邪魔しないで!」なんて言われたりするわけですけど、そう言える子どもは、家庭の中での…

子どものために幼い頃から始める教育

多くの親御さんが子どもに対して、「今のうちに○○をさせておいた方が将来のためになる」と考えます。 そのときに、「子どもにさせる内容は何が良いか?」と考えることよりも、「なぜ親自身がそういうふうに考えるのか?」ということを、もっと深く考えること…

自分が育てられたように子どもを育ててしまう

子どもを育てるにあたって、自分が親から育てられてきたようにしか育てられない、ということで悩んでいる人もいます。 子どもへの接し方においても、自分が親から受けてきた接し方しか知らないがゆえに、それ以外の接し方を身につけようがないという気持ちな…

精神的に余裕がなくなり、子どもに対してイライラする

子どもが泣きやまなかったり、ダダをこねたりしていると、親は子どもを怒鳴りたくなる気持ちになることがあります。 そういう気持ちを抑えようとすればするほど我慢できなくなり、「いい加減にして」と言いたくなります。 怒鳴りたくなる気持ちが出てくるの…

子どものすることに細かく口を出してしまう

「子どものすることにいちいち口を出すのはやめよう」と思っていても、それができずに細かいことを指摘してしまい、「ああ、また言ってしまった」と後悔しているお母さんも少なくない。 子どものことを広い心でゆったり見ていられずに、私が言わなければこの…

子育てをしていて気づいたことを語る

子育てをしていますと、いろいろと気づいたり、わかってきたりすることがあると思います。 それらを私に話しにいらしてください。 話している間にまたいろいろと気づいたり、わかってきたりすることがあると思います。

子育てをうまくこなせなくても自分を責めなくていい

子育てをうまくこなせなくても、ご自身を責めることはありません。 子どもは勝手に育っていきますから、子どものすべてを背負い込んで頑張ろうとしなくてもいいのです。 むしろ完璧に育てようとすると、その親の大変な状態を子どもは感じとりますから、子ど…

子育てで悩んでおられましたら

子育てで悩みを抱えておられましたら私にご相談ください。

子育てが辛い時に

子育ては本当に大変です。 子は「何十人もの大人によって育つ」と言われているくらいですから、親だけの力では到底育てられません。 また子どもを育てていると友達ともなかなか会えず、話し相手がいないために、「自分だけがこんな状態」とふさぎ込みがちに…

子どもの習い事の悩み相談

子どもの習い事で悩みがありましたらご相談ください。

お母さんは私のことを見ないでスマホばかり見ている

心理カウンセリングに来られる人のなかには、こう言われる人がおられます。 「お母さんは私のことを見ないでスマホばかり見ている」と。

どんな学習方法もそれをする人次第で変わってくる

子どもの勉強で、リビング学習が良いという人も出てくれば、リビング学習は良くないという人も出てきます。 学習方法が良いか悪いかということがよく言われますが、そういうことよりも、本人がその方法をどう扱うかという方が問題です。 どんな学習方法もそ…

子どもの気持ちを尊重する

子どもの気持ちを尊重するのは、とても大切なことです。かといって、親が子どもの言う通りになってしまうと、それはまた困ったことです。 こう言いますと、厳しいしつけをする方がいいんだと考える親御さんがおられますが、それもまた違います。

思春期のつまづきやすさ

人は思春期につまづきやすい。人間の成長としてがらりと変わる時期でもありますし、これまで生きてきた(取り込んできた)体験が外に向けて出てくる時期でもあるからです。 その人が取り込んできた体験は当然周りからは見えませんので、その人の心のなかで何…

子どもへの親の教育熱心さ

教育熱心な親は子どもの将来のためを考えて教育をしている人がほとんどです。 それで、たまたま教育がうまくいって、その結果「子どもを一流大学に合格させた親の教育方法」などといった本を出版する親もいれば、一方で、たまたま教育がうまくいかずに、ひき…

相手を理解するには忍耐が要る

相手を理解するには、相手がどうしてそういう行為をするのかを考えなければなりませんから忍耐が要ります。

子育てでつらくなったらご連絡を

父親になる、母親になるという体験を元々もっている人は誰一人としておりませんから、誰にとっても初めてのことであり、学ぶことばかりです。 そして初めて子どもを育てるのですから上手に対応できる場合もあれば、対応できない場合もでてきます。上手く対応…

親自身の言動に子どもはどんな感情をいだいているかを知る

子育てをどういうふうにしていくかに関して、これがよい方法だとかこれは悪い方法だとかマニュアルで考えるのではなくて、親御さん自身が普段からしている言動に子どもがどんな感情をいだいているかを知り、それに柔軟に対応していくことが大切です。 それに…

どこに相談しようかと悩んいたらその相談をしましょう

困っている時にどこに相談しようかと悩んでいましたら、その相談を私としましょう。 世の中には親身になってくれる素晴らしい相談所もたくさんありますが、得体のしれない相談所もたくさんあります。 どういう所に行けば適切なのかを助言しますので、相談所…

親から関心を得られなかった子は刺激の多い世界に入ってしまう

親が子どもを理解しようとしなければ、子どもはどんどん激しいことや無茶な行為をやろうとします。 そうしないと親は気づいてくれないし、自分に関心を持ってくれないと感じるからです。 だから子どもが激しい行為をしている時は説教をするのではなくて、親…

子どもの本気によって大人が気づかされる

大人は子どもからとても多くのことを教えられます。子どもができるまでは全く気づかなかったことを、親になってから気づかされます。 それは子どもが本気で真剣になってぶつかってくるからです。 それで子どもに教えられて、やってみなかったことをやったり…

高い生活水準を維持するために子どもとの接触時間が少ない

高い生活水準を維持しようとすれば、夫婦が共に働いたり、または長時間働くことになりますから、そうすれば当然、子どもと接触する時間は少なくなります。

子育てでは子どもが感じていることを親も一緒に感じていく

子どもを育てるのに最良の方法などありません。 よかれと思ってやったことが良くない方向にいったり、逆に、失敗したと思っていても子どもはきちんと育っていったりするのですから、何が良いか悪いかなんて単純に判断できません。 ですから、子育てにおける…

頑張る私と頑張らない私

「頑張る私は認めてもらえるけど、頑張らない私は認めてもらえない」、これでは人間は生きていかれないのでして、両方の私を受け入れてもらえるからこそ生きていかれます。

子育てでは親が自分自身を見つめなければならなくなってくる

子どもを育てているときにつらく感じるのは、子どもに手がかかったり、自分一人だけの時間がつくれないからといった理由がありますけれど、一方で、子どもをみていると、親が自分自身を見つめなければならなくなるのでつらくなるという理由もあります。

マスメディアの影響を受けて子どもを操作する親御さん

現代の親御さんの多くは雑誌やインターネットなどのマスメディアの影響力に動かされやすくなっています。 それらに記載されている「これが良い」という方法や法則の影響を受けて、子どもをその通りに動かそうとしてしまいます。

子どもの食べ物の好き嫌いが「体験」によって変わる

子どもに食べ物の好き嫌いがあっても、畑に行って子ども自身が収穫したりすると、嫌いだった食べ物がとたんに好きになったりします。 好きか嫌いかの気持ちはほんのちょっとしたことで変わることが多いですし、ましてや体験をするとなおさらです。

過去のつらさや怒りや恨みが子どもに出てしまう

過去のつらさや怒り、恨みというのは、一見、乗り越えて忘れたようであっても、自分に子どもができるとそれらが出てきてしまう人もいます。 子どもに「なまけている」「だらしがない」「楽をしている」などと言うのは、ほとんどが自分の過去の恨みから出てき…

子どもは親のしていることをよく見ている

子どもは親のしていることをよく見ていますから、正しいことや道徳的なことをどんなに親が言っても、親自身の行動が伴っていなければ「これはおかしいぞ」と感じます。

子どもを育てるのに魔法はない

『子どもがよく育つ魔法の言葉』というようなことが言われたり、そんな題名の本も世の中に出回っていますけれども、魔法というのは「人間の力ではなしえない不思議なことを行う術」のことをいうのですから、大人が嘘をついている時点で子どもがちゃんと育つ…