読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

考えを深める体験をしておく

困ったときに相談や質問をして、パッと答えてくれる人がいてくれるのはありがたいですし、時には必要です。一方で、いつもそのようにして人から答えをもらって、わかったような気になってしまうと浅いところで解決してしまいますから思考が深まりません。 そ…

心の中の“頼れる人”が助けてくれる

心の中に“頼れる人”を持っていますと、「こんなとき、あの人ならどう考えるだろうか?」と考えることができます。そうすると、“あの人”がもっている観点から見ることができますから、「いま私はどうすればいいんだろう?」と考えを深めることができます。 そ…

相手のことを指導したくなったら

相手のことを指導したくなったら、まず自分のことを指導することです。

恋人や友達をつくるための方法ではなくて素地をつくる

「恋人ができない」と悩んでいる人にとっては、「どうしたら恋人ができますか?」ということを聞きたいのであり、「友達ができない」と悩んでいる人にとっては、「どうしたら友達ができますか?」ということを尋ね答えを知りたいのです。 それで心理カウンセ…

よい人間関係・恋愛関係をつくるための学習と頑張りが役に立たない

世の中にこれだけ人間関係や恋愛関係をよくするための本やセミナーなどがたくさんあるにもかかわらず、よい関係がつくれずに悩んでいる人が多いのはどうしてでしょうか。 「こうしたら人から好かれる、愛される」とか、「こんなふうにすると人間関係がスムー…

親身な助言に聞く耳をもたない

相手が親身な助言をしてくれても、人とというのはなかなか聞き入れられないものです。たとえば、「タバコをやめたら?」などと言われると、「そう言われることがストレスを感じるんだよ」などともっともらしい反論をしたりします。心配してくれている親や友…

私を引っ張っていってほしいという気持ち

私たちは誰か指導者的な人に引っ張っていってほしいという気持ちがあります。「こう考えたらいいんだよ」とか、「こうしたらいいんだよ」といったことを言われると楽ですし、安心できます。寄りかかっていられます。 そうした時に、いい人に出会えればいいで…

カウンセリングの学習は自分についてもっと探求する

心理カウンセリングを学びたい、あるいは学んでいる人たちは、知識だとかテクニックだけに囚(とら)われるのではなくて、自分についてもっと学ぶことが必要です。自分が今どんな行動をとっているのか、自分はどんな言葉づかいでどんなことを話しているのか…

善意でする助言が良くない方向に働く

心が弱っている人に対して、「これをした方がいいよ」などと言って相手を自分の導きたい方にもっていったり、弱気になっていることにつけ込んでくる人も世の中におります。そういう人はたいてい善意でやっているのですが、その善意が良くない方向に働くので…

人に対して助言するさいに

悩みを抱えている人に対して助言するさいは、相手の言うことを否定したりするのではなく、本人のこれまでの苦労やその苦労に対しておこなってきた対処を生かすような助言をすることです。