深層心理と人間理解/加藤直樹の「ヴェール心理」 ・大磯

神奈川県大磯町にある心理専門所  ご面談はこちらまで TEL 0463-62-0325

劣等感コンプレックス

先輩・後輩にこだわる

体育会系や不良(ヤンキー)を自認する人たちは、年齢、言い換えれば生まれた早さ・遅さにこだわることがみられます。 「歳が上か下か」という先輩・後輩にこだわり、学校を卒業してからもその呼称を使い続けたりします。

人と自分を比較しなくなると焦る気持ちも減ってくる

人と自分を比較しなくなりますと、「これをしなければ」「あれもしなければ」という焦る気持ちも減ってきたりします。 ただ、人と比較しないでいることは難しいことです。 焦る気持ちを抱えている場合の問題は、たとえば、人から「そんなに頑張らなくてもい…

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

お酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで酒を飲んだ」などと友達に言いふらしたりする。 そういう行為をしてしまう場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

人から相談をよく受けるという人こそ相談をしてほしい

人から相談をよく受けるとか周りに悩んでいる人が多いという人、そういう人ほど心理の専門家に相談してほしいです。 といいますのも、そういう人ほど悩みや問題を抱えているからです。 しかし、そういう人はまず相談には来られません。 たいてい本人は「私は…

人と比較してしまうのが自分なんだと感じていく

「人と比較しなくていいんだよ。」などと言われることがありますけれど、人と比較してしまうのが人間です。 人間とはそういうものです。 ただ他人があまり気にならない人もいますし、他人がとても気になる人もいて、そこに差はありますが程度の問題です。 で…

人と話すと自分の話ばかりしてしまう

「人と話すと自分の話ばかりしてしまう」と言う人がおられます。それで異性や友達との関係がうまくいかないと嘆かれていたりします。 そういう方のお話をお聴きしますと、これまでの人生で大変な生活をされてきていますし、そういうことをなかなか人に話せな…

完璧な自分などつくれない

完璧な自分なんてつくれないですし、完璧な人間もこの世には存在しません。しかしながら、そういう完璧な状態をどこかで望んでしまうのでしょう。

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよう…

モノは私を裏切らない、という気持ち

自分への評価が低くなると人をあまり信頼できなくなります。「あの人だって私のことをよく知るようになれば、きっと私を好きではなくなるだろう」と考えてしまう。 そういう時によく「モノは私を裏切らない」なんて考えたりするものです。食べ物やお金で買え…

総合職や営業職の女性たちの「甘えられない性格」

総合職や営業職の女性のなかには、「私はどんなことにも頑張ってきた」、「私は誰にも負けなくない」という雰囲気がとても出ている人もいます。 男性と対抗しようとする「競争心」が過剰で、強迫的ともいえるほど勝ち負けや優劣にこだわります。 そういう彼…

すぐに不機嫌になり相手をバカにしたり嫌味を言う

心の問題や病といいますと気分が落ち込んだり、不安になったりする状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは理解しやすいものです。 一方で理解しにくいのが「怒り」という心の問題や病です。 極端に真(ま)に受けやすく、すぐイライラしたり、すぐ不機…

精神的緊張が生じる場合

人はみんな誰かと一緒にいないと孤独感におそわれるので、誰かと一緒にいようという気持ちになります。 その際、相手に非常に気をつかってしまうとか、相手の機嫌をうかがってしまうという人は、知らず知らずのうちに精神が緊張した状態になります。 この精…