加藤直樹のヴェール心理カウンセリング/人間の理解

神奈川県大磯町にある心理相談所・心理療法 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

優しさ

ゆったりドンと構えていてくれる人が欲しい

悩んでいる時や困っている時はどうしたらいいか分からないですから、なにも手につかなかったり、行動できなかったり、何も言えなかったりします。 周りの人はそういうのを見て、「はっきりしたら!」とか言いたくなったり、「じれったい!」とイライラしてし…

相手のために尽くしては嫌気がさして相手を拒絶したくなる

相手のために尽くしては後々嫌気がさしてしまい、最終的には相手を拒絶したいくらいにまでなってしまう。 その繰り返しをしている。 初期の動機は、相手のためにやってあげたいとか、自分の向上のためにと考えて尽くすのですが、そのうち自分の気持ちを我慢…

誰でも人の役に立ちたいと思っている

誰でも人の役に立ちたいと思っています。 ただ、他人と自分の感覚は同じではありませんから、役に立ちたい意識が相手と少しずれてしまうと、お節介になったり迷惑に感じられることがあります。

寂しい時に相手の「甘い言葉」に乗っからないように

寂しい時や孤独を感じている時は、相手の「甘い言葉」や「優しい言葉」に乗っかってしまいがちになります。 世の中に“都合のいい話”などありませんから、もし心配事があればご相談ください。

ビジネスの世界のなかにいる人の情に対する感覚

ビジネスと呼ばれる世界のなかにおりますと、自分の感情を切ったり、人や環境との関係を切ったりすることが非常に多くなります。 そういうふうに日々を過ごしていると、人の情、たとえば愛情や優しさ、親切、ありがたみ、などといったものを感じることが難し…

相手の気持ちを考えられる優しい人の気遣い

親切にしてくれたり、助けてくれる人は世の中にたくさんいます。 そして相手の気持ちを考えられる優しい人もたくさんいます。 ただ、そういう人はでしゃばりもしないですし、お節介なこともしない。 傍らでおとなしく見守ってくれていることが多いですから、…

人の気持ちを考えらるようになるための教育と訓練

人の気持ちを考えらるようになるための教育と訓練をおこなっております。受けたいとお考えの方はご連絡ください。

気持ちを聴いてもらったり、優しくしてもらう体験

気持ちを聴いてもらう。 優しくしてもらう。 こういう体験はとても心地がいいものです。

人のために尽くす行為

人のために何かをしてあげることについて、心の底から相手のことを想ってやってあげる場合もあれば、自分がすごいと思われたいために人に尽くす場合もあります。

相手のためを考えたら本音を言わない

相手のためを考えたら本音を言わないのが人間というものです。 何か辛いことがあっても、人から「大丈夫?」と聞かれたら、多くの人は「大丈夫」と答えるでしょう。何か悩みがあっても、人から「どうかしたの?」と聞かれたら、多くの人は「別に何でもない」…

人の失敗を非難することは誰にでもできる

人が失敗をしてしまった時に、その落ち度を非難することは誰にでもできます。ですから、誰にでもできることはしないでおいて、なかなかできない「相手を受け入れること」「相手を見守ること」に自分の時間と力を使いたいものです。

空気を読みすぎる人や空気を読めない人の事情を考える

世の中には空気を読み過ぎる人もいれば、空気を読めない、あるいは読まない人もいます。空気を読み過ぎるから駄目だとか空気を読まないから駄目だとかいう前に、どうしてその人がそうしているのか、あるいはそうせざるを得ないのかという事情を考えることが…

自分の話が重いんじゃないかと気をつかって語るのを遠慮する

人の気持ちを考える優しい人は相手をとても気づかいますから、自分自身のつらい話を語ろうと考えても、その話が相手にとって重いんじゃないかと憂慮して語るのを遠慮しがちです。友人にも気をつかって語らない人もおられます。 本心をほとんど語らず、人前で…

人に気を使いすぎてイライラが起こってくる

人に気をつかえるのは人間としてすばらしいことです。 ただ気をつかうことが身につきすぎてしまって、自分の意志とは関係なしに、あまりに人に気をつかうようになっていると、人と一緒にいるだけでも疲れてしまいます。 気をつかうのを程ほどにしておければ…

「人に対して優しくなりたい」という願い

「人に対して優しくなりたい」という願いをもっているかたは、私にご相談ください。

寂しい時やつらい時は私に電話を

寂しい時やつらい時は、私に電話することをためらわないでくださいね。

自分が我慢したりつらいおもいをしている方がまし

心がきれいな人にとって、相手より優位に立ったり相手の悪口を言うのはとてもつらいことで耐えられません。 自分が我慢をしたり、自分がつらいおもいをしている方がまだましと考えます。

人に優しく接することや厳しく接すること

人に優しくありたいと考えて、人に優しく接している人は世の中にたくさんいるけれども、しかしながら、それが本当に相手のためになっているかは別な問題です。 また、人は厳しく育てなきゃと考えて、人に厳しく接している人は世の中にたくさんいるけれども、…

見捨てられ不安による献身、そして怒り

見捨てられ不安が強いと、どうしても相手に尽くしすぎてしまいがちです。 これ以上、淋しい気持ちを味わいたくないですから、これでもかというくらい異性や同性に献身します。 相手から見れば「これほど尽くしてくれる人はいない」と感じます。 しかし、こち…

断ったり、反論したりすることがうまくできない

人から何かを言われたときに、断ったり反論したりすることがうまくできないと感じている人もいます。 脳が素早く回転せず、すぐさま言葉が口から出ないという人もいれば、気質的性格的に人に反論したり断ったりするのが苦手という人もいます。 それで人間関…

相手のことを本気で考えている人は

相手のことを本気で考えている人は、相手に何も言わなかったりします。 何も言わずにグッと我慢して見守っている方が、よっぽどつらいものです。

その場の空気を壊したくない

「その場の空気を壊したくない」と考えて、嫌なことでも我慢してその場をやり過ごしている。 そうしたことが積み重なっていて、気分も重く、気持ちもつらくなっていましたら、語りにいらしてください。

相手から頼られてしつこく付きまとわれて腹が立ってくる

人を悩みから助けてあげたいと考えて相手に介入しすぎると、相手の悩みに巻き込まれていってしまい、そして相手から頼られてしつこく付きまとわれ、いい加減にしてほしいと思い始めて腹が立ってくる、となることがあります。

「いい人」になっているから…ということ

「いい人」になっているから損をするとか、「いい人」でいるから心を病むといったことが言われたりします。 そうするとすぐに、「いい人」にならなくていいとか、「いい人」をやめた方がいい、という主張をしがちです。 しかし、「いい人」が損をしているか…

人の優しさに気づけない時期もある

つらい時期や苦しい時期には、人から優しくされてもその有難さに気づけなかったりします。むしろ悪態をついたりすることもあるでしょう。自分のことで精一杯なのですから、これは仕方ありません。でも心に余裕が出てくれば、また周りの人に優しくできるよう…