ヴェール心理カウンセリング【人間理解】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などを専門としています。家族や夫婦の相談、子育てや子どもの心の相談、不登校やひきこもり、発達障害、恋愛や不倫、離婚の相談、仕事の相談などをしています。精神疾患、精神障害、精神症状や心の病などの相談をおこなっています。心理療法や心理カウンセリングが受けられます。人間性育成、人格育成などをおこなっています。TEL 0463-62-0325 心理療法家 加藤直樹

傾聴

本音を言いたい、弱音を言いたい時に

「本音を言いたい」「弱音を言いたい」時には、語りにいらしてください。 きちんとお聴きします。

「私の話を聞いてくれる人がいない」と感じていたら

「私の話を聞いてくれる人がいない」と感じておられましたら、私がお聴きしますのでご依頼ください。

「健康はお金に変えられませんから」と言っていても

「健康はお金に変えられませんから」と言っている場合でも、食べ物や衛生用品、薬や運動などには気をつかっていても、精神的なことをおろそかにしていたりします。 たとえば自分の考えや気持ちを専門家に聴いてもらって、気分を整えることをしていないもので…

考えていることや気持ちを人に聞いてもらう

普段自分が考えていることや、何気ない気持ちを聞いてもらうと、心が安らぎ休まります。

人に言っても理解されない話がありましたら

人に話してもどうせ理解されないだろうと思っていることがありましたら、私と話しましょう。

気持ちを聴いてもらったり、優しくしてもらう体験

気持ちを聴いてもらう。 優しくしてもらう。 こういう体験はとても心地がいいものです。

聞いてほしいことがありましたら

聞いてほしいことがありましたら、どのようなことでもおっしゃってください。

腹が立つことやイライラすることがあったら

腹が立つことやイライラすることがあったら、私に話してください。話せばきっと気持ちが落ち着いてくると思います。

相手に敬意をもって話を聴くことの難しさ

自分の考えや生き方を教えたがる人というのはたくさんおります。それを逆に言えば、相手に敬意をもって話を聴き、共に考えたり、共に悩むのがいかに難しいかということです。

言いたいことがあるけれども言えないのでしたら

言いたいことがあるけれども、それを言えない日々が続いているという人は、私がお聴きしますのでお話ししましょう。

自由に語ることを守られた空間

何らかの事情があって、人に心を許せなくなってしまったり、人を信用できなくなってしまったというかたは、その気持ちを話しにいらしてください。 ここは自由に語ることを守られた空間ですので安心して語ってください。

言いたいことがあっても言えずに過ごしてきた

「感情のコントロール」ということが世間で言われます。 世の中で生きていくためには感情のコントロールは必要ですけれども、これまでの人生で感情を過度に抑制してきたために苦しくなっている人もおられます。 言いたいことがあっても言えずに過ごしてきた…

相手の話を最後まで聞くことで本当は何を言いたかったのかを知る

正しいことを相手に説教するのは簡単です。 だから簡単なことをせずに、相手の言っていることがおかしいな、間違っているなと感じても、まず最後まで話をじっくり聞いてみる。 もちろん、それは骨の折れる大変なことです。何度も相手の話を途中で止めさせた…

抱えている気持が大きくなりすぎて暴発しそうなら

ご自身の抱えている気持が大きくなりすぎて暴発しそうでしたら、私にご連絡ください。しっかりお聴きします。

友達や知り合いのことで腹の立つことがあればお聴きします

友達や知り合いのことで腹の立つことがあれば、私がお聴きしますのでどうぞお話しください。

不満を心理療法家という人間に聴いてもらう

不満を言いたくなったら心理療法家という人間にきちんと聴いてもらう。 このことを習慣づけることで自分という人間が随分と変わってきます。

心の具合がよろしくないときに

心の具合がよろしくないというかたは、おっしゃってください。 これまで抱えてきている気持ちを聴かせてください。

心理療法家はクライエントの気持ちを聴いて考えて悩む

心理カウンセリングは相談に来られたクライエントに対して、強制してまっとうな生き方にさせるとか、説教してきちんとした考えに変えさせるとかするものではありません。 クライエントの気持ちをお聴きし受けとめるものです。 そして、クライエントがどうし…

つらいときにつらいと言える

つらいときにつらいと言える相手がいたり、寂しいときに寂しいと言える相手がいたら精神的に安定します。 しかも、そういう時に「うん、うん」と聴いてもらえたら、こんないいことはありません。

意見や持論を心理療法家に聴いてもらう体験

どんな人でも自分の意見をもっています。 自分の言いたいことを抱えています。 そうした意見や持論を心理療法家に聴いてもらう、そういう体験を多くの人にしてもらいたいです。

人の話を聴けるようになるには訓練が必要

人の話を「関心をもってじっくりと聴ける」ようになるには、相当な訓練を積むことが必要です。 そうした相当な訓練を積まなければ、相手の話を聴いているようで実際には「聴けていない」ものです。

親が口やかましくて嫌という時に

親が口やかましくて嫌に感じている時に、その気持ちを諭(さと)すように、「親が口やかましく言うのは、あなたに幸せになってほしいからだ」と言われる人もいます。 そう言われると、「そうか、そう考えないといけないな」と思う一方で、でも「そりゃ、そう…

人の相談を受ける訓練を積んでいない

人から「相談を受ける」という行為は、誰でもできるものと安易に考えてしまいがちです。 友人も他人の相談を受けているし、自身もそれなりに経験を積んでいるので、助言ぐらいはできると考えてしまいがちです。 それで気軽に人の相談を受けるのです。 しかし…

理論で相手を理解するのではなく、相手を尊重して話を聴く

理論をもちだして「あの人は今こういう心の状態だ」と言ったり、「あの人はこういう精神状態にある」と言うのは、少し勉強すれば誰にでもできます。 それよりも、相手がどうしてそうなっているのかを自分の知識を挟まずに、相手を尊重して素直に話を聴く方が…

話を聴いてくれる人がいなくて寂しい

話を聴いてくれる人がいなくて寂しい時には、私に話してください。

ご自身を語る時間があります

私の相談所では「ご自身を語る時間」がありますので、じっくり自分のことを語りたいというかたは、ご依頼ください。

気持ちを受けとめてもらえなくて悔しいときに

この気持ちを受けとめてもらえない、と悔しいおもいをしているときは、私のところにいらしてください。

関心をもって話を聴いてもらうことが必要

「関心をもって話を聴いてもらうこと」や「愛情をもって接してもらうこと」を必要としている人が、世の中にはどれほどいるかわからないほどです。 家族の問題を抱えている人たちは、とくにそれが必要と感じられます。

話を聴いてほしいと感じるときに

「話を聴いてほしい」と感じる時は誰にでもあります。 そんなときは私がお聴きしますので、どうぞご依頼ください。

気持ちを聴いてもらうこと

人に自分の気持ちを聴いてもらうことはとても大切です。話を聴いてもらうこと自体はちょっとしたことかもしれませんが、私たちはそうしたちょっとしたことの積み重ねでこころが支えられています。