深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

健康

テレビで聞いた健康情報を盲信して、家族の言うことを聞かない

歳をとってくるとだんだん人の言うことを聞かなくなります。 それだけでも家族の成員からすると腹立たしいのですが、その一方で、テレビで聞いた健康や病気などの情報を盲信したりする。 それで自分が得た情報は正しいのだと譲らなくなり、さらに家族の言う…

「健康はお金に変えられませんから」と言っていても

「健康はお金に変えられませんから」と言っている場合でも、食べ物や衛生用品、薬や運動などには気をつかっていても、精神的なことをおろそかにしていたりします。 たとえば自分の考えや気持ちを専門家に聴いてもらって、気分を整えることをしていないもので…

健康的な食事や運動をしているが、健康的な生き方がおろそか

多くの人が健康に気をつかっています。 健康的な食事や健康的な運動と、どうしたら健康でいられるかを考えています。 ところが健康的な生き方をしているかというと、あまりしていません。 ここで言う生き方というのは、例えば生活態度や、自分自身や他人に対…

薬の副作用の相談

薬には必ず副作用がありますから、そのことを知ったうえで服用することが大事です。 ただ、ほとんど気にしないで飲んで、副作用が出てから不安になる人も多いですので、副作用のことを知りたいかたはご相談ください。

「美容と健康」という言い回し

「美容と健康」というように、二つのことをくっつけたがりますけれども、美容に意識がとらわれていると、やたら「健康」ということを言いたがります。

健康に不安を感じるときは

自分は病気なんじゃないかと健康に不安を感じるようでしたらご相談ください。

欲をかきたてたり不安をあおって、美容や健康の商品やサービスを買わせようとする行為

世の中には、優れた品物をつくってくれたり、助かるサービスを生み出して提供してくれる人たちがおり、そういうことを仕事としている人たちがいます。 一方で、必要でもなく害のほうが大きいサービスや品物を人々に買わせるにはどうしたらいいか、ということ…

食べ物が体に良いか悪いかでしか考えない

この食べ物が体に良いといわれるとそればかり食べたり、この食べ物が体に良くないといわれると、それを食べるのをスパッとやめたりする。 テレビ番組や本の影響を強く受けている人に多いですが、そういう「良いか悪いか」でしか考えない極端な考え方や、強迫…

体調は心理や精神の影響を大きく受けている

体調は私たちが考えている以上に心理的なものや精神的なものの影響を大きく受けています。

どうしてだか体の具合が悪いときの健康相談

どうしてだか分からないけれども体の具合が悪いというときは、私のところにいらしてください。健康状態を診ます。

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっていたら

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっているかたは、健康相談にいらしてください。

ゆとりがなくなってくると精神不安定になる

ゆとりがなくなってくると精神が不安定になります。 そういう状態になると人によっては症状が出たりしますので、ゆったりとした生き方をするように心がけるといいでしょう。

過労による体調不良で病気の不安がおこる

疲れが非常にたまってきますと体調も崩れてきます。 健康がすごく気になる人の場合、それで余計に身体の健康が非常に気がかりになってきますから、何かの病気なんじゃないだろうかと不安になったりします。

生き方をきちんと見直していくことが病気を治していくことにつながる

つらい無理な生活をしてたら健康を害して病気になります。 多くの人が頭でわかっていることです。わかっていることですが、そのつらく無理な生活をやめられないというのがこれまた多くの人の意見でしょう。そうやって多くの人は病気になっています。 ですか…

引っ越しが引き起こす精神の不安定さと負担

引っ越しをすることは慣れ親しんだ場所から離れることになりますから精神的に不安定になりがちです。引っ越しは大好きという人もいるでしょうが、多くの人にとっては大変なことで精神的負担になります。 ですから心身が弱っている時には引っ越しをしないほう…

不健康な依存の仕方から健康なそれに変えていく

依存する気持ち、依存したい気持ちというのは全くなくなるということはありません。自分自身では気づかなくても何かしらに依存しています。 ですから、何かに依存していることをやめたとしても別の何かにまた依存していきます。 そこで不健康な依存の仕方を…

「相手にされること」で心身の具合が良くなる

私たちは人に「相手にされていない」と感じるだけで心身の具合が悪くなります。たかが相手にされないというだけですけれど、それはものすごく大きな影響を及ぼします。 逆に、相手にされること、言い換えれば自分は関心をもたれていると感じられると心身の具…

病気が自分自身に何をしてくれているのかを知っていく

心理療法家や心理カウンセラーは患者の病気だけを診るのではなく、その人の生活や歴史、思考や傾向といった様々な部分を診ていき、それを語り合っていきます。 そうすることで、患者自身がどこでつまずいているのか、何が問題となっているのかに気づき知るこ…

健康でいられるのはたまたま病気になっていないだけ

「これを食べているから健康でいられている」とか、あるいは逆に「不健康なことをしていても病気にはなっていない」などと言う人がおられますが、それはその人がたまたま病気になっていないだけの話です。 心身が健康でいられるのはそんな単純なことではない…

精神的な健康について診ています

精神的な健康についてご心配な方は、その具合や状態を診ますのでご依頼ください。

身体は症状によって本人に現状を気づかせようとしている

症状は何らかの目的があって出ていることが多いものです。ほとんどの場合は本人に自分の現状を知らせるために出ています。 どのような現状を知らせるかといったら、「何かに対して無理をしすぎている」ということです。そして「自分自身を守りなさい」という…

健康のことで不安になったり心配してしまうときに

健康のことで心配なことや不安なことがありましたらご相談ください。

鼻炎を治すには海水浴もいい

鼻炎を治したいのでしたら海水浴もいいでしょう。浜に行くだけでなく、海の中で泳ぐことです。

自分をしっかりさせようとしすぎる行為

自分をしっかりさせようとか、自分をぶれさせないようにしようと考えることがあるかもしれません。 ただ、それがあまりにも極端すぎると思考が固定され、柔軟性が失われて頑固になりがちです。 そしてその傾向が健康を損なわせる場合もあります。

病気になっているのではないかという強迫的観念が心気症

病気になっていないにもかかわらず、「私は重い病気になっているのではないか」、あるいは「これから大変な病気にかかるのではないか」とずっと気に病んでしまう状態を「心気症」と呼んでいます。

頑張ることが生きる価値だと考えている

頑張って、さらに頑張って、「この大変さや苦しさを乗り越えていくことが大事なんだ」と考えていて、さらに「頑張ることが自分のすべきことなんだ」と考えていて、頑張ることをやめない。 生きる価値は頑張ることにあると考えていると、このようになりがちで…

お酒を浴びるように飲むのは自傷行為

お酒を浴びるように飲んだり、「ベロンベロンになるまで酒を飲んだ」などと友達に言いふらしたりする。 そういう行為をしてしまう場合、トラウマや心理的な問題を抱えていたりします。また、過去に非行に走ったり、グレかけたことのある人にもそういう人が多…

健康のことで援助や支援をおこなっています

健康のことで心理的な援助や支援をおこなっています。 精神的な具合が悪くて苦しんでいたり、情緒が揺れ動いて安定しないときに、心を支えたり不安を軽減したりしています。 電話でもできますのでご依頼ください。

気楽さを取り戻す

気楽さを失ってきますと同時に健康さが失われ、気持ちが病んだ状態になってきます。 ですから、ここにいらして話をして、気楽さを取り戻してください。

気持ちを聴いてもらい、頼り、相談して、心身を健康にする

ご自身の話や気持ちを聴いてもらうこと、何かあったら頼ること、すぐに相談すること、こういう行為が心身を健康にしていきます。