読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

孤独で話ができる人がいない時には

「孤独で話ができる人がいない」という時には私がおります。私に連絡ください。私と話しましょう。

相手の話を聞き取りづらいので笑顔でごまかす

何らかの事情で相手の言っていることを聞き取りにくい場合、何度も相手に聞き返すのは失礼だと感じますから、人によっては笑顔でごまかしたり、聞き取れたようなふりをしたりします。 しかし、実際には相手が何を言ったのか分かっていないわけですから、そう…

つらい出来事だったので今まで秘密にしてきたこと

人の悩みや苦しみはその人個人の感じ方によるものですから、あなたよりも私の方がつらいと言うことはできません。比較できるものではないですから。他人から見たらどうでもいいような些細なことでも、本人にとってはとても重大なことはいくらでもあります。 …

コミュニケーション能力を上げるための訓練

研修やセミナーなどで、「コミュニケーション講習」といったのがよくあります。そうしたものは「こういうことを話したらいい」とか、「こういう話し方や聞き方をしたらいい」、あるいは「こんな態度をとるといい」といったようなことを学ぶことが多いですが…

気楽で楽しい会話ができずに重たい話になってしまう

悩んでいる度合が大きいと、話す内容が深くなります。どうでもいいような気楽で楽しい会話ができない。「こんな重い話をしたら悪いだろうな」、「こんな重い話なんか聞きたくないだろうな」と相手の気持ちを考えてしまい、なかなか自分の気持ちを打ち明ける…

感受性の強い人からみた「空気を読む」行為

世間で言われている「空気を読む」という行為ですが、感受性の強い人からみたら、そんなレベルでは全然物足りないと感じています。感受性の強い人たちは、もっと深いレベルで空気を読みますから、相手に対して「どうしてもっと考えて対応ができないの?」と…

友人をうっとうしいと感じることによる心の安定

私たちは人との関係によって気持ちが安定したり乱れたりします。時には友人に対して「うっとうしいなぁ」なんて感じるときがありますが、そのうっとしさで心が乱されているかというと、そうとも限らず、実はそれによって自分の心が安定したりもします。

ひとこと余分に言ってしまう

「ここで一言余分に言わなければ、ケンカにならずに済んだのに」と後から思うことが結構あるかもしれません。相手の話を聞いていたり、あるいはSNSに書かれたことを見て、言わなくていいことをパッと言ってしまう。一言多く言ってしまう。 たいていは言って…

心が折れそうなときは

心が折れそうなときは一人で踏ん張らずに、お気持ちを私に語ってください。

モヤモヤした感覚を理解していく

モヤモヤっとした感覚は本人だけが感じているものです。本人にしてみれば言葉では表現しづらく、なんだか分からないけれど何か違和感があったり、しっくりこないという感じです。なにかがわからないから「モヤモヤ」という感覚になっています。 そういう時に…

自分の秘密をポンポン話す行為

健康な人というのは自分の秘密をポンポン話したりはしません。その代わりに、どこどこに行ってきたとか、何々を食べたといった話をします。そういう何気ない話題で秘密を覆っているのです。 ですから、普段の友人関係や恋人関係なのにもかかわらず、秘密をポ…

人から言われた言葉で傷つく

人の言葉には様々な意味が含まれていますから、相手が言った言葉をそのまま受け取ってしまうと自分が傷ついたりしますし、かといって、あんまり勘繰りすぎると、これまた自分が傷ついたりします。

ふれ合いが苦手

コミュニケーション、言い換えれば「会話が苦手」と感じている人はたくさんおられます。「何を話したらいいか」「どういうように会話を続けたらいいか」と悩んでいたりします。 しかし実際には、会話が苦手なんじゃなくて、「人とのふれ合いが苦手」だったり…

会話における沈黙

会話は、沈黙があることで会話になります。