加藤直樹のヴェール心理カウンセリング/人間の理解

神奈川県大磯町にある心理相談所・心理療法 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

仕事・働く

会社の歓送迎会に出席したくない

会社の歓送迎会が嫌だという人もおられます。 嫌と感じる人たちの理由として、たとえば、話の合う人がいないのでつまらない、時間の無駄、上司の説教を聞きたくない、お酒を飲めない、などなど色々あるようです。 歓送迎会を楽しいか楽しくないかの二択で考…

ストレスがたまっていたら気持ちを語りにいらして

仕事などでストレスがたまっていましたら、気持ちを語りにいらしてください。

気持ちが仕事に行きたくなければ身体も同じようになる

毎日のように、仕事に行きたくない、仕事に行きたくないと感じていれば、身体も同じように反応してきて、仕事に行けないような身体状態になります。

どんな仕事でも苦労や大変さがある

どんな仕事でも、他人からは見えない苦労や大変さがあるものです。

長時間労働や仕事のプレッシャーによる精神的症状の相談

長時間労働や仕事の過度なプレッシャーで、精神的な症状が生じている場合はご相談ください。

企業努力やホスピタリティが素晴らしいという評価の陰に

マスメディアや個人の感想などで企業評価がなされる際に、企業努力がすごいとか、ホスピタリティが素晴らしいといった評価のされ方をよくみます。 そうした褒め言葉は企業としては高評価でしょうが、そうした企業に勤める社員が、精神科や心療内科や心理カウ…

仕事で集中力が続かなかったり、思考がまとまらない時には

仕事で集中力が続かなかったり、思考がまとまらない時は、ご自身の考えや気持ちを「語る体験」をおすすめします。 考えや気持ちを口に出して他人(専門家)に語り、聴いてもらうことで、頭の中が整理され、焦りも減り、ゆとりが出てきます。

人に従って仕事をするのが苦手

人に従って仕事をする方が楽でいいという人もいれば、人に従うのは耐えられないという人もいます。

働き方を見直したい人の相談

働き方を見直したいという人はご相談ください。

自宅と会社の往復の人生

毎日、自宅と会社の往復で「なんて面白くない退屈な人生なんだろう」と感じている人はたくさんおられます。 退屈なんだけれども、それで安定感を得ていますから、「それじゃあ…」といってその安定感を壊して、全く別のことをし始めるのは怖くてできない。

「頑張ってはダメ」といっても実行できない

「頑張ってはダメ」とか「無理してはダメ」とかいっても、会社で働いている限りは、それらの言葉は耳には入っていても、責任感のある人は実行できません。 実行できないので、「ではどうするのか?」という話になりますから、そのご相談をしにいらしてくださ…

贅沢な旅行や食事をするために仕事を頑張るという型

仕事がつらくても頑張ってお金をたくさん稼いで、豪華な旅行をする、贅沢な食事をする。 こういう型に多くの人がはまっています。

仕事で嫌なことやつらいことがあったら相談する

仕事で嫌なことやつらいことがあったら、いつでもご連絡ください。 何よりも相談することが大事です。

働き方で悩んでいたら語りにいらして

「どういう働き方をしたらよいか」と悩んでおられるときには、気持ちを語りにいらしてください。

上司は部下によって有難い経験を積ませてもらっている

親が子どもによって学ばされ成長していくように、会社の上司も部下によって学ばされ成長していくのです。 「部下の甘えた根性を変えてやる」などと意気込んでいるような上司もおられますが、そういう上司は部下によって有難い経験を積ませてもらっていること…

会社の世界はとても狭くて小さな世界

会社や組織のなかで肩書が上がっていくと態度や発言が横柄になったり厚かましくなったりする人もおられます。会社や組織というのはとても狭くて小さな世界なのですが、役職がついて部下が従うようになると、そのとても狭くて小さな世界のなかで偉くなったよ…

人の性格も意識もまず変わらない

人の性格はまず変わらないですし、人の意識もまず変わりません。変わるとしたら10年単位の年月が必要でしょう。それでも少し変わるだけです。 にもかかわらず、「性格改造」だとか「意識改革」などといった研修や集まりが世の中にはいまだに存在し、精神的な…

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっていたら

仕事をしすぎて心身の具合が悪くなっているかたは、健康相談にいらしてください。

心身を削るように猛烈に働くことががん細胞を発現させる

心身を削るように猛烈に働くこと、これががん細胞を発現させる一つの要因です。もちろん、全員がそうなるわけではありませんが、それを理解していながら、それでも猛烈に働くかどうかはご自身の判断になります。

心の病では仕事をするのが難しく、人格に問題を抱えている場合は仕事ができる

心を病んだ場合、たいていは仕事ができなくなります。気分障害の場合はさまざまな気分が自分を覆ってしまいますし、統合失調症の場合は様々な不安や恐怖が襲ってきますので、とても仕事どころではなくなります。 神経症の場合はかろうじて仕事はできますが、…

人と自分を比較しなくなると焦る気持ちも減ってくる

人と自分を比較しなくなりますと、「これをしなければ」「あれもしなければ」という焦る気持ちも減ってきたりします。 ただ、人と比較しないでいることは難しいことです。 焦る気持ちを抱えている場合の問題は、たとえば、人から「そんなに頑張らなくてもい…

会社をすぐ辞めて問題から避ける「退却神経症」

数十年前に転職を繰り返していたら、ただの「根性なし」と思われていました。現在は転職を繰り返しても、あまりそういうふうには見られません。 派遣業態も広まったし、正社員を望まない人もおります。また会社の倒産があったりとか、職を変えて自己躍進を求…

仕事のつらさを「語る」ことがまず初め

仕事がつらい時は、その気持ちを私に語ってください。まず何よりも「気持ちを語る」ことが大事です。 つらさをどうするかはその後に一緒に考えていけばいいことです。

積極的で対抗的(攻撃的)な人と心身不調

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。 そしていつも踏ん張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。 そのため、病気ではないのに身体のあちこちの具合が悪…

会社から外れたらもう生きていけないという意識

会社勤めの世界というのはとても狭い世界です。 とても狭い世界なのですが、その中にいる限りは、自分がいる世界しか見えませんから、その世界が絶対であり、かつ自分の人生だとみなしてしまいます。 そういう中にいれば見方も狭まってきて、会社から外れた…

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは

仕事のしすぎで心身の具合が悪いときは相談にいらしてください。

総合職や営業職の女性たちの「甘えられない性格」

総合職や営業職の女性のなかには、「私はどんなことにも頑張ってきた」、「私は誰にも負けなくない」という雰囲気がとても出ている人もいます。 男性と対抗しようとする「競争心」が過剰で、強迫的ともいえるほど勝ち負けや優劣にこだわります。 そういう彼…

人との関係で柔軟性と変革を求められ続ける

社会へ出ていれば、とくに多くの人と接していれば、自分という人間の柔軟性や変革を求められ続けます。 そうなると当然、精神的負担や悩みは次から次へと出てきます。 なぜなら普段から私たちは自分の安定を確保したり、自分の考えを秩序立てて守ろうとして…

無理な生き方による無関心、無気力、無感動

これまでの生き方に無理がたたってくると、無関心、無気力、無感動などが生じる場合があります。 そうすると、それに伴って自分の存在意義や目標がわからなくなって、自分がどうしたいのか、どうしたらいいのかすら分からなくなってきます。

効率を上げるための仕事になってしまっている

働くというのは、本来、楽しく過ごしたり、心豊かに生きるためにやってきたものです。 ところがだんだん、そういうことは忘れ去られて、いかに合理的に処理して、効率を上げていくかというために仕事をするようになっています。