読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

発達障害ではなく精神発達や人格の問題

発達障害のために相手の気持ちを読めなくて人間関係を悪くさせてしまう、ということは世間でよく言われています。そのため、発達障害をもっている本人も、自分の人間関係の悪さは発達障害によるものだということを理解していることが多い。 ところが、発達障…

「私は一人なのかな」という気持ち

幼い時から「私は一人なのかな」という気持ちを持っている人もいます。幼いながらに人との関わりにぎこちなさを感じていて、孤独感がなんとなく漂(ただよ)い、しかし、そんなことを人に話しても誰もわかってくれないとわかっているので、大人になってもず…

理屈で人間関係を学ぶのではなく、人づきあいのなかから学ぶ

人間関係がうまくいかなくて悩んでいる場合、心理学の本や人生・生き方に関する本をたくさん読んできた人も多いでしょう。本に書かれている内容を頭で理解して人間関係がうまくい人はいいですが、たいていはうまくいかないものです。なぜならそれは理屈だか…

自分のしたいことがあってもそれをしない、という考え

「自分のしたいことがあってもそれをしない」という考えを持つことも大切です。自分がしたいことをしないから相手がしたいことをできる。 現代は、「夢を叶える」という名目のもと、自分のしたいことをして欲を満たすことが流行っていますが、自分がしたいこ…

相手の話を聞き取りづらいので笑顔でごまかす

何らかの事情で相手の言っていることを聞き取りにくい場合、何度も相手に聞き返すのは失礼だと感じますから、人によっては笑顔でごまかしたり、聞き取れたようなふりをしたりします。 しかし、実際には相手が何を言ったのか分かっていないわけですから、そう…

相手にも自分と同じ状態になってみてほしい気持ち

自分がむちゃくちゃ頑張っている時は、相手にももっと頑張れと言いたくなるものです。 同じように、自分がつらい状況にいると、相手にも「あなたももっとつらい状況になってみたら」と感じたりする。 そして、自分が幸せな環境にいると、相手にも「あなたも…

「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出る

もっと自分のことに関心をもってもらいたいという気持ちが強くあったり、自分のことをもっとわかってもらいたいという気持ちが強くあれば、「ひがみ」や「背伸び(見栄)」が出るものです。

「人から好かれたい」とも「人から嫌われてもいい」とも思える

私たちは様々な考えや気持ちになりながら暮らしています。たとえば、「人から好かれたい」という気持ちにもなれば、「人から嫌われてもいい」という気持ちにもなりますし、その間で心が揺れることもあります。 あるいは「人から関心をもたれたい」と感じると…

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という発言

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という言葉が口から出るということは、自分が相手から裏切られてつらい思いをしたということでしょう。 しかし一方で、自分も気づかないうちに相手を裏切る行為をしているものです。相手からのメッセージを無視す…

自分の精神的な成長が進んで相手の対応も変わってくる

「あの人はこういう性格だから、こういうふうに接しよう」と決めてしまいますと、それ以上、相手のことを深く知ることをやめ、相手との関係状態も固定されたものになってしまいます。 そうすると当然、自分も固定されてしまって精神的な成長は進みません。 …

快適に過ごせることの陰には無理をしている人がいる

ある人が快適に過ごせるということは、その陰で、無理をしている人や我慢している人がいるということです。

人間関係がうまくいかない理由がわからない

人と関係がうまくいかないと悩んでいる場合、何が理由なのか分からないことがほとんどです。人に対して気も使っているし、人のためを考えて行動しているし、また、人が喜ぶようなことをしているのにもかかわらず、人との関係が上手くいかずに悩んでいたりし…

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になってしまう

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすればその他の人たちは結束力が強まる、とはよく言われることでして、大抵の人が実際にやっていると思います。 友達関係はもちろんのこと、職場などでもそういう人間関係によって成り立っている部分があります。 世の…

スマホや携帯電話によるコミュニケーション中毒

「あなたの必需品は?」という質問に対して、現代人のほとんどがスマホや携帯電話を挙げます。スマホや携帯電話をどこかに忘れたり、壊れて使えなくなったりしただけで、精神的なパニック症状を起こす人すら出てくるようになりました。 つまりスマホや携帯電…

頑張りを認めてくれる人が必要

私たちは幼い頃からいろいろな状況でずっと頑張ってきているわけです。だから、これまで頑張ってきた過去を認めてくれる人が必要なのです。

腹の立つ相手によって自分が正されていく

誰でも腹が立つ相手がいると思いますけれども、そういう人がいるから自分の考えや行動が修正される、という面もあります。

嫌いな人が社内にいる時に考えてみること

会社に勤めれば嫌な人はたいてい一人はいます。嫌な人といっても自分にとって嫌な人なわけでして、嫌だと思っても相手をどうにも変えようがないですから、「仕方ない」と考えるのが一般的な考えでしょう。 それとは別に「それを自分のこととして考えてみる」…

気づかないうちに周りの人を振り回してしまう

幼い頃から家族、たいていは親に振り回されてきた人は、大人になってからそのトラウマを治そうと自己治癒機能が動きだすために、本人も気づかないうちに周りの人たちを振り回してしまうことがよくあります。

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

人に優しくなりたいという気持ち

人に優しくなりたいと考えて、人に優しくできる人は世の中にたくさんいるけれども、しかしながら、それが本当に相手のためになっているかは別な問題です。 一方で、人は厳しく育てなきゃと考えて、人に厳しく接している人は世の中にたくさんいるけれども、し…

初めての誰かと出会うと違う自分になっている

私たちは初めての誰かと出会うと、いままでの自分とは違う自分になっています。そして、また違う初めて人と出会えばまた違う自分になっています。初めての人と出会うたびに自分というものがどんどん変化していきます。 そして、自分が変化していればそれだけ…

攻撃性を振りまいているせいで嫌がらせを受けている

攻撃性を外側に向ければ、たとえば人や世の中に対する文句を言ったり挑発したりすれば、それは自分に返ってきて、誰かから文句を言われたり嫌がらせを受けたりすることになります。 「そんなこと当たり前のことじゃないか」と思われる人もおられるでしょうが…

自信は他者によってつくられてくる

私たちの「自信」というものはとても他者に依存しています。他者から良い評価をもらえるから自信を強化・維持できています。 現実に自分が凄いか凄くないかというよりも、自分をきちんと認めてくれる人がいるかどうかということによって自信はついたり喪失し…

相手のことを本当に考えている人

相手のことを本当に考えている人は、相手に何も言わなかったりします。

何かを抱えている人の愚痴

健康な人の愚痴というのは、聴いていて単に「愚痴だな」と思えます。その奥に何もないという感じです。だから、愚痴を吐き出してしまえばそれで終わりという感じの浅さがあります。 ところが何かを抱えている人の愚痴は、その愚痴の奥にすごく深いものがある…

人前ではニコニコしなければいけないと考えている

「人前では笑顔でいなきゃ」という信念があって、いつもニコニコしている人もおられます。そうした“良い人間性”だけで自分を形成しようと努力をし続けていると、心の中ではそれに反する状態が形成されるものです。

この人と付き合ってもメリットがないと思うとき

人とのつき合いで、この人と付き合っているとメリットがあるけれど、あの人と付き合っていてもメリットがない、などといった考え方をしがちです。しかしながら、人間の関係というのはそんな単純・浅薄なものじゃなくて、そのメリットがないと思っていた人と…

人の役に立っていると感じるときほど嬉しい

相手から何かを頼まれること、言い換えれば、人の役に立っていると感じることほど嬉しいことはありません。相手の要望を叶えてあげて感謝されることで、自分の存在意義を確認でき、「相手と関われた」という嬉しさがこみ上げてくるからです。 だから、相手の…

人に気をつかうのをやめたいと思うのにできない

人に気をつかう生き方はもう嫌だと感じて、人のことを気にしないようにしよう、と頑張る人も多いと思います。 ところが人を目の前にすると、相手から何を言われるのかを考えてしまい、何かを言われる前に相手の心を読もうとして、結局、気をつかって疲れてし…

心身の歪んでいる部分に症状が出てくる

もともと身体はどこかが歪んでいますし、精神もどこかが歪んでいます。みんなそうです。完全体の人なんて一人もいません。ですから身体の歪みや精神の歪みがあること自体はそれほど問題ではありません。 しかし、そこに対人関係やら激務やらの外部からのスト…

人が心を開くとき

人はどんな時に心を開くかといったら、自分のことを親身に聴いてくれたり、自分のことに関心をもって一緒にいてくれると感じた時でしょう。いくら正しいことを説教しても人は心を開かないものです。

よい人間関係・恋愛関係をつくるための学習と頑張りが役に立たない

世の中にこれだけ人間関係や恋愛関係をよくするための本やセミナーなどがたくさんあるにもかかわらず、よい関係がつくれずに悩んでいる人が多いのはどうしてでしょうか。 「こうしたら人から好かれる、愛される」とか、「こんなふうにすると人間関係がスムー…

嫌われたらどうしようという不安

「言いたいことを言って嫌われたらどうしよう」とか、「何か言って、関係がこじれたらどうしよう」と思えば、実際に言いたいことがあっても言えないものです。自己主張というのは、そういう怖さをもっています。

考えが偏るからこそ人と話をしている

人というのは普通に生きているだけでも、どうしても考えが偏(かたよ)ってきます。偏ったままだと社会生活を送るのが難しくなったり生きづらくなってきますから、偏りを戻さないといけない。 ところが人間はうまいことできていて、その偏りが自然と元に戻る…

人や世の中に対する文句や悪口で意気投合してつながっている相手

誰かの悪口を言ったり、世の中に対する文句を言いますと、たいていそれによってつながる相手が誰かしら出てきます。そういうつながりは、誰かを悪者にしてつながった危うい関係ですから、ちょっとしたことで今度は、自分や自分の周りの人に文句や攻撃の矛先…

自分のものを相手と共有する行為

皆からかまってもらいたいという人もおられれば、あまり多くの人と関わりたくないという人もおられます。 皆からかまってもらいたい人は、自分のことをひけらかすことが多くなりますから、自分のものを相手にももってもらうことが多い、言い換えれば、多くの…

その場の空気を壊したくない

「その場の空気を壊したくない」と考えて、嫌なことでも我慢してその場をやり過ごしている。そうしたことが積み重なっていて気持ちもつらく心も重くなってきていましたら、語りにいらしてください。

自分を変えようと思っても変えられない

「相手を変えるには、まず自分から」というのは、相手の対応や周りの環境をつくっているのは自分自身だから、その自分が変われば相手も変わる、ということでしょう。 たしかにその通りでしょうし、ほとんどの人がそれをわかっていると思うのですが、しかし、…

「いい人」になっているから…ということ

「いい人」になっているから損をするとか、「いい人」になっているから心を病むといったことが言われたりします。そうするとすぐに、「いい人」にならなくていいとか、「いい人」をやめた方がいい、という発想になりがちです。 しかし、「いい人」が損をして…

自分のことは干渉されたくないけど、相手のことは干渉したい

私たちは、自分自身のことについてはあまり干渉されたくないという気持ちがありますが、相手のことには干渉したくなったりします。 たとえば自分が煙草を吸っていて、相手から「やめた方がいい」などと言われると、「大きなお世話」と言いたくなりますが、相…

自分を裏切らないテレビや趣味との関わり

親子関係で苦しんできたり、人間関係でひどい目に遭ってきた人にとって、なかなか人を信じることができなかったり、人と関わることが非常に嫌になることがあると思います。 そういう人たちが相談に来られて、人間関係で悩んでいるといった話をされるわけです…

話を聴いてほしいと感じるときに

「話を聴いてほしい」と感じる時は誰にでもあります。そんなときは私がお聴きしますので、どうぞご依頼ください。

コミュニケーションをうまくとる方法への興味

多くの人が興味をもっているのは、人とどうコミュニケーションをとるかという方法です。それは話す内容だとか、話し方をどうするかということです。その方法さえわかれば、人といいコミュニケーションをとれると考えてしまいがちです。 ところが、実際にもっ…

ふれ合いが苦手

コミュニケーション、言い換えれば「会話が苦手」と感じている人はたくさんおられます。「何を話したらいいか」「どういうように会話を続けたらいいか」と悩んでいたりします。 しかし実際には、会話が苦手なんじゃなくて、「人とのふれ合いが苦手」だったり…

意識せずに話を聴いてもらえる環境

話す方は何気なく話をして、聞く方はさらりと聞く。こうした大した意識もせずに話を聴いてもらえるとか、何気なく話しているといった環境があることで、私たちは精神の安定を保っていられます。

人の優しさに気づけない時期もある

つらい時期や苦しい時期には、人から優しくされてもその有難さに気づけなかったりします。むしろ悪態をついたりすることもあるでしょう。自分のことで精一杯なのですから、これは仕方ありません。でも心に余裕が出てくれば、また周りの人に優しくできるよう…

コミュニケーション能力が高い低いという話

コミュニケーション能力が低いから人間関係が良くないとか、コミュニケーションが足らないから人との仲が悪くなる、などと言われることがありますが、そんな単純に決めつけられることではありません。 コミュニケーション能力が高くても悩みは出てきますし、…

「この人は何を考えているんだろう」と感じる

心はものすごい深みをもっていますから、たとえ「心がわかった」と感じても、それは瞬間的なある一側面、瞬間的なある一部分をわかったにすぎません。だから少しでも状況が変わったり、自分や相手の気分が少しでも違うと、心をまったく読めなくなってしまい…

みんながいると聞き役になる

二人のときは相手と会話をするけれども、三人以上になると自分は話さずに聞き役になる、という人もいます。人は場に応じた役割を演じるもので、聞き役になるということは、ご自身がそういう人間なんだということかもしれません。 もちろん、それが自分自身で…

一緒に居て、とても落ち着く人

その人と一緒に居ると、とても落ち着くという人がいますでしょう。そういう人は何気ない話をさりげなく聴いてくれて、かといって、自分の心の中にズカズカと入り込んで色々と聞き出そうとはしない、そういう距離を保っていてくれる人なのかもしれません。