人間理解と悩みの深層「ヴェール心理カウンセリング」

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

人間関係・人づきあい

内気な人にとって新しく出会う人への接しづらさ

内気な人にとって、新しく出会う人と話すのはしんどいものです。 相手にどう接していいのか、あるいは接しないほうがいいのか困惑してしまいます。 黙っているのも気まずいし、かといって自分から話せるわけもないしと、そうやって焦れば焦るほど、どうして…

人に対する好きか嫌いかの気持ち

人に対する好きか嫌いかの気持ちは、ほんのちょっとしたことで変わったりします。

相手のために尽くしては嫌気がさして相手を拒絶したくなる

相手のために尽くしては後々嫌気がさしてしまい、最終的には相手を拒絶したいくらいにまでなってしまう。 その繰り返しをしている。 初期の動機は、相手のためにやってあげたいとか、自分の向上のためにと考えて尽くすのですが、そのうち自分の気持ちを我慢…

「あなたも悪いところがある」と言われたら頭にくる

人間関係がうまくいかない時には、誰しも自分に悪い部分があることは分かっています。 分かっているけれども、それをどうしたらいいのか分からないから苦しんでいるのであり、その苦しみをどうにもできないので、多かれ少なかれ相手を非難してしまうことにな…

相手のことをケチだと感じる自分もケチ

相手のことをケチだと感じるということは、自分もケチな面をもっているということです。 それでもまあ、相手にケチと言いたくなる時もありますし、自分がケチと言われれば腹が立つ時もあります。

自分の問題点を指摘してくれる人もいなくなる

だんだん歳を重ねていきますと、自分の問題点を指摘してくれる人もいなくなってきます。 指摘する側としては干渉して面倒なことになりたくないという気持ちもありますし、言い合いになったり、嫌われたりするのも嫌だという気持ちがありますから。 たとえ指…

気楽な人間関係を追い求めすぎると

上辺だけの人間関係やコミュニケーションはとても気楽で、深い付き合いがないぶん、いちいち干渉されなくて済みます。 人から干渉されることが嫌いな人は、そうした都会的な繋(つな)がりの浅い関係がとても快適に楽しく感じるため、それを追い求め続けます…

人間関係の成り立ちを学びたい人の相談

「人間関係をよくするにはどうしたらいいか?」ということを学ぶ人は多いです。 始めはそういうことから人との関係を学ぶものですが、もっと深い部分を学びたい人は、そもそも人間関係とはどういうふうに成り立っているのかを学ぶことをおすすめします。 た…

人間関係がうまくいかない時には相談を

人間関係がどうもうまくいかない、という時にはご相談ください。

一人でいることが好き、それでいい

一人でいることが好きな人は、それがその人の性格なのですから、それでいいのです。 それを社交性がないとか協調性がないとか言うのはおかしいことです。 もちろん、本人がそういう性格が嫌で変えようとしている場合は別ですが、そうでなければ直すようなも…

活力のある人は相手に元気を与えもするが奪いもする

活力のある人は相手に元気を与えもするし、元気を奪いもします。 人との関係において、あまりにもバイタリティー(活気、活力、生命力)が強いと、それで元気をもらえるという人も出てきますが、一方で、元気を吸いとられてしまって、元気が出なくなってしま…

生い立ち・育成歴から人格・性格形成の相談

「私はこんなふうに育てられたので、こういう性格・人格になっている」と認識できていながら、その性格や人格が対人関係に問題を生じさせていることに気づいていない場合があります。 そういう人の生い立ちの傾聴と、性格・人格形成そして人間関係の相談をお…

すぐに仲良くなるけど長い付き合いができない

誰とでもすぐに仲良くなれるけれども、長期的な関係を築くことができないという問題を抱えている場合はご相談ください。

二人で遊ぶのが苦手

二人で遊ぶのは気楽で、大勢で遊ぶのは苦手という人は多い。 一方、みんなで遊ぶのは楽しめるけれど、二人で遊ぶのが苦手という人もおります。

相手の性格に自分をうまく合わせられない

相手の性格に自分をうまく合わせることができず、自分の地のままでいってしまって、相手とうまく関係を築けずに苦しんでいる人もおられます。

LINEなどで相手からのメッセージを無視する対応が癖になっている

LINEなどで相手から来たメッセージを無視する、ということをしている人は多いでしょう。 理由としては忙しいからとか、面倒だからとか、興味がないからとか、嫌だからなど色々あると思います。 あるいは自分がそういう対応を人からされてきたから、自分も同…

自分の周りに集まってくる人たちが好きではないという場合に

自分の周りに集まってくる人たちが好きではないという場合には、自分の傾向と同じ傾向をもつ人が集まってくるのが人間ですから、自分の傾向を変えていく必要があります。 しかし、自分はそうじゃないのに、好きじゃない人たちが集まってくることもあります。…

興味のない相手には冷たい態度をとっている

興味のない相手には気づかないうちに冷たい態度をとっているものです。 相手からのメッセージを無視するとか、約束を破って後から言い訳するとか、無礼な発言をするとか、そういうことをしていたりする。 だから、自分を知ることが大事です。

先輩・後輩にこだわる

体育会系や不良(ヤンキー)を自認する人たちは、年齢、言い換えれば生まれた早さ・遅さにこだわることがみられます。 「歳が上か下か」という先輩・後輩にこだわり、学校を卒業してからもその呼称を使い続けたりします。

相手と競争関係だったり依存関係だったりする

私たちは様々な相手といろいろな関係をつくっています。 相手と比較・競争関係であったり、依存関係であったり、あるいは幇助(ほうじょ)関係(支援関係)の場合もありますし、代替関係(身代わり関係)の場合もあります。 それは相手によって関係が替わり…

人間関係が「仲間か他人か」「敵か味方か」

若い時期は、白黒をはっきりつけたがるものです。正しいか間違っているかの二通りで判断しがちです。大人でもそのように判断する人は多いです。 そのため人間関係も白黒をはっきりつけてしまうために、「仲間か他人か」、「味方か敵か」の区分になりやすい。

人に寛容になれれば争いは起きづらくなるはずですが

人に寛容になることができれば相手との衝突やトラブルは起きづらくなるはずです。しかしそれは理想論であって、人に寛容になれない場合も出てきます。それゆえ世の中には争いごとが絶えず、その歴史を私たちは繰り返しています。

相手を理解するには忍耐が要る

相手を理解するには、相手がどうしてそういう行為をするのかを考えなければなりませんから忍耐が要ります。

自分が属している世界を世の中とみなしている

人は、ある世界にいったん身を置きますと、その世界が世の中であり、みんなが生きている世界だとみなすようになります。 それはたとえば今いる会社もそうですし、なんらかの業界、あるいはインターネットの中にある集団に属していれば、それが自分にとっての…

心理的、精神的なものによって心身の調子が変わる

心身の具合の良し悪しには心理的、精神的なものが関与しています。 たとえば「嫌だと感じている感情」や「つらいと感じている感情」が身体の機能に影響を与え、体調のバランスが崩れて具合が悪くなっていたりします。 そもそも、心理的なものや精神的なもの…

人に興味をもって会話すれば理想的ですが

人に興味をもてば相手との会話も弾んで相手のことを理解できて、その人との関係も良くなるかもしれません。そうなれば、人と仲良くしたい人にとっては理想的です。ただ、相手によっては興味が起こらない場合もあるでしょうし、そもそも人に対して興味が起こ…

自由に語ることを守られた空間

何らかの事情があって、人に心を許せなくなってしまったり、人を信用できなくなってしまったというかたは、その気持ちを話しにいらしてください。 ここは自由に語ることを守られた空間ですので安心して語ってください。

人間関係を良くしようと力(りき)みすぎ

人間関係が良くないのでそれを変えようとしている場合に、どうしたら良くなるかと深く考えすぎてしまいますと、相手に対して気軽に接することができなくなってしまうこともあります。言い換えれば、力(りき)みすぎてしまう。 そうすると自分が自分を追いつ…

「相手にされること」で心身の具合が良くなる

私たちは人に「相手にされていない」と感じるだけで心身の具合が悪くなります。たかが相手にされないというだけですけれど、それはものすごく大きな影響を及ぼします。 逆に、相手にされること、言い換えれば自分は関心をもたれていると感じられると心身の具…

人間関係がうまくいない場合に心理学や技法論を学びたくなりますが

人間関係がうまくいない場合、うまくいくための技法とか心理学といったものを学びたくなります。ただ、それを知ったからといって人間関係が良いほうに変わるかどうかはわかりません。 といいますのも、問題を生じさせているのは自分が無自覚にしている発言や…