深層心理と精神の専門・人間理解の相談--加藤直樹

神奈川県大磯町にある心理相談所 ご予約はこちら TEL 0463-62-0325

人間理解

大きな問題が起きないように心身が均衡を保ってくれている

人間というのは常に均衡と保とうとするものです。 「どうしてこんなことしているんだろ?」と感じるときでも、それが均衡をとるための行為だったり、「なんでこんな気持ちになるんだろう?」と感じるときでも、それが均衡をとっている感情だったりします。 …

その時代時代に生きた人々が感じてきたことの歴史を学ぶ

わたしたち人間は歴史を学ぶ必要があります。 歴史といっても私が言う歴史は、平安時代とか関ヶ原の合戦といった出来事や事件を学ぶことではなくて、その時代時代に生きた人々がどういう気持ちを感じてきたか、そしてどういう体験を繰り返しているのかという…

個性を認めるということを考える

個性を認めるとはどういうことか、を深く考えたいかたはご依頼ください。

相手の気持ちがわからないという場合に

相手の気持ちがわからない、という場合にはご依頼ください。

「ポジティブに生きる」と宣言している人

「私はポジティブに生きる」と宣言している人ほど、好きではないことや気に食わないことが起こると、相手に冷たくしたり、人との縁を大事にしなかったりすることがみられます。

年月が経てば考えや気持ちが変わってくる

人の考えや気持ちは年月が経てば変わってきます。 「こうしたい」と願っていることでも、何年も経てば興味がなくなることもありますし、「これが正しい」と考えていることでも、何年も経てばその考えは浅はかだったとわかることもあります。 自分の考えや気…

人と話が合わないと感じるかたは深層心理を学びに

人と話が合わないと感じるかたは、深層心理学を知りにいらしてください。

自分のことや人間のことを詳しく知りたい場合はご連絡ください

自分のことや人間のことを詳しく知りたい、ということでしたら、私にご連絡ください。 そして、これまで抱えてきている疑問や腑に落ちないことを語ってみてはいかがでしょうか。

自分のことを過剰に反省してしまう人が増える

自分のことを反省できない人が増えれば、それに伴って自分のことを過剰に反省してしまう人が増えます。

相手を理解するには忍耐が要る

相手を理解するには、相手がどうしてそういう行為をするのかを考えなければなりませんから忍耐が要ります。

安心感を得るための本能的な回避行動

私たちはあまり自覚はしていませんが、安心感を得るために自分の行動を統制しているところがあります。 あそこは危ないから行くのをやめておこうとか、良くないことが起こりそうだから何もしないでおこうといったように自覚している時もありますが、自分の意…

相手のためを考えたら本音を言わない

相手のためを考えたら本音を言わないのが人間というものです。 何か辛いことがあっても、人から「大丈夫?」と聞かれたら、多くの人は「大丈夫」と答えるでしょう。何か悩みがあっても、人から「どうかしたの?」と聞かれたら、多くの人は「別に何でもない」…

深く悩んでいる人は他人になかなか理解されない

深く悩んでいるときは意識が自分の内面に向っていますから、心や精神の世界に入り込みやすくなります。 心や精神の世界は現実の世界とは異なりますから、向こうの世界の話をこの社会で普通に暮らしている人にしても話がかみ合いません。 それゆえ、深く悩ん…

空気を読みすぎる人や空気を読めない人の事情を考える

世の中には空気を読み過ぎる人もいれば、空気を読めない、あるいは読まない人もいます。空気を読み過ぎるから駄目だとか空気を読まないから駄目だとかいう前に、どうしてその人がそうしているのか、あるいはそうせざるを得ないのかという事情を考えることが…

現在の社会の価値観のなかで生きている

私たちは現在の社会の価値観のなかで生きています。その価値観が自分に合っている部分は何も気になりませんが、その価値観が合わない部分では疑問や不満や生きづらさを感じることになります。 私が生きてきたこの数十年間だけでも随分と価値観が変わりました…

私と相手との間にはどういう関係がつくられているのか

人間関係の悩みを自分ひとりで考えているときは、相手とうまく付き合うにはどうすればいいのかを考えます。 それゆえ、相手はこういう性格だから自分はこう対応していこう、と考えたりします。 この対処法は相手に自分を合せるやり方です。 このやり方でうま…

一つの完璧な人間体になるという幻想

「治る」「変わる」というと、なんだか理想形、あるいは完全形みたいなものがあって、そこに行きつくいくようなイメージがあります。 外科や内科であれば、身体を回復させる(元に戻す)という意味で理想形があると思いますが、心の場合は、そのような理想形…

パーソナリティに問題を抱えた人への困惑した対応

パーソナリティ障害(人格障害)は一般の人にはなじみがありません。 パーソナリティ障害がどのようなものか知られていないので、パーソナリティに問題をもった人と接すると、理解できないことが多々起こってくるので、どうしてよいのか分からず対応に困惑す…

今まで知らなかった言葉を知ると相手に使いたくなる

私たちは「ある単語」や「ある言葉」を知ると、その単語を使いたくなります。 たとえば、他人が「こんな症状で悩んでいる」とか言っているのを聞くと、「それはうつ病というものだよ」と言いたくなったりする。 相手の問題を本当のところは理解していないの…

「甘え」がどういう形で出ているか

私たちはみんな誰かに甘えています。 甘えていない人はいません。 その甘えがどういう形で出ているかで健康状態がわかります。 たとえば、人に「きちんと頼みごとする」という形で甘えることができる人もいます。 一方で、「人を批判する」「相手を見下す」…

遺伝ではなくて人との関わり合いによって人は変わってくる

脳や容姿などといったものは遺伝やDNAなどで決まっていますから、受け継いだ通りに発達していきます。 ただ、発達といっても遺伝やDNAなどで決まっているのは「方向」だけですから、自分という人間が心身を含めてどうなっていくかは、人との関わり合いによっ…

悩みを人に相談をしながら、悩みだけでなく人を理解していく

人は悩むことで精神的成長をしていくわけですけれども、いつもいつも一人で考え抜いていたのでは見方が広がりませんし、解決できるものも余計に複雑になってしまう場合もあります。 そして何よりも自分がつらくなってしまいます。 ですから人に相談をするの…

人は矛盾したことを言ったりしたりしてる

誰でも矛盾した考えをもっていますし、誰でも矛盾した行為をしています。みんなそうです。 自分が過去に言ったことと反対のことを言ったり、したりしています。 その時の状況や対人関係に応じて、そうなるのが人間です。

安定したところに帰りたくなる

「変化が大切」とはいっても、安定したところに帰りたくなるのが人間です。

悩むことに価値がある

「悩んでいる時間はもったいない。どんどん先に進んだ方がいい」と考える人もおられるでしょう。しかし悩んでいるからこそ人間は成長します。 悩みに対する解答が見つからないと先へ進めないのではなくて、悩んでいること自体に価値があります。

生命力が回復するとき

人というのは不思議なもので、自然体でいる人と一緒にいると、自分の生命力が回復してきたりします。自分に対してこれといって何をしてくれるわけではないけれど、その人がその人の生き方をしていることで、自分が自分の生き方をできるようになるのかもしれ…

自分や相手を理解するために心理学を学ぶ

自分自身のことを理解したい、あるいは相手のことがどうしても理解できないので理解したいという場合には、一つの方法として心理を学ぶことがいいと思います。 心を深く学んでいきますと、これまで疑問に思っていたことが明確になったり、納得できなかったこ…

相手にラベルを貼ると自分の心が安らぐ

人を理解する際に、相手の話をじっくり聞いたり行動を共にしたりして、長い時間をかけてちゃんと知っていくというのは大変なことです。 そのため、人というのは相手のことをパッと知りたいのです。この人はどういう人かということを時間をかけずに知りたい。…

人間を深く理解していく ~反抗期などの発達過程~

私たちは「反抗期」というものを知っています。子どもが成長していく段階で親に歯向かったり、言うことを聞かなかったりするものです。 私たちはその反抗期というものを知っているから、子どもの悪態や暴言、無視などを温かく見守っていけるわけでして、もし…

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。 たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない…