読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

心を治したり人格を育てていくには

心を治したり人格を育てていくのには、臨床家がクライエントにきちんと向き合って、クライエントと一緒に成長していくことが必要です。

便利な世の中になるほど人格的成長が難しい

世の中が便利になればなるほど、人格的な成長をしていくことが難しくなります。

人格教育をおこなっております

人格教育をおこなっております。きちんとした人格をもった人間になっていきたい、という場合にご依頼ください。

「甘え」がどういう形で出ているか

私たちはみんな誰かに甘えています。甘えていない人はいません。その甘えがどういう形で出ているかで健康状態がわかります。 たとえば、人に「きちんと頼みごとする」という形で甘えることができる人もいるでしょう。一方で、「人を批判する」「相手を見下す…

仲間と結束しているうちに自分が正義の人になってしまう

誰か嫌な人を一人つくってターゲットにすればその他の人たちは結束力が強まる、とはよく言われることでして、大抵の人が実際にやっていると思います。 友達関係はもちろんのこと、職場などでもそういう人間関係によって成り立っている部分があります。 世の…

何を心理療法や心理カウンセリングから学ぶのか

心理療法や心理カウンセリングを学ぶといいますと、心理の知識や技を学ぶことと思われがちです。もちろんそれも大事ですが、それ以上に「人間を学ぶ」、あるいは「人間から学ぶ」ことの方が重要です。 先生や師やクライエントが自分のなかに入ってきて自分の…

人としての成熟とは

人間として「成熟している」というのは、たとえば相手が間違ったことを言ったりやったりしても、それを早急に咎(とが)めたりしないことができる、ということです。 まず何よりも相手に気持ちや意見を聞くことができる。つまり、相手の「時間」を作ってあげ…

苦しみが強すぎると人は歪む

苦しみを頑張って耐えることによって人は鍛えられます。けれども苦しみが強すぎれば人は歪んでしまいます。

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

誰かの真似をしながら発達・成長する

幼い頃は親の真似をしますでしょう。17歳前後では有識者や有名人の真似をするようになります。20歳を越えてくると先輩なり上司や師の真似をするようになります。 そして30歳くらいを過ぎると、だんだん自分の型が確立されてきて、自分独自のしぐさをするよう…

自分がつらさを受けている方がまだまし

心がきれいな人にとって、相手より優位に立ったり相手の悪口を言うのはとてもつらいことで耐えられません。自分が我慢をしたり自分がつらさを受けている方がまだましです。

人が人として成長していくために

人間が人間として成長していくためには別の人間の存在が必要です。人が人を育てるから人になるのでして、物や動物では人は育ちません。 ですから、精神が安定して成長していくには、精神的に成長している人と一緒にいることが必要ですし、人格が身につくには…

「飲んでおりますが、何か?」という挑発言語

「朝から(お酒を)飲んでおりますが、何か?」などと発言するのを見かけます。こうした挑発的な言語を発する人たちのなかには、一見楽しそうな生活を送っているようにみえても、実際の生活では、幼いころからの家庭環境が良くなく、つらい目に遭ってきた人…

自分にとって嫌いな性格を他人に言ってしまう

誰しも「ああいう性格の人は好きじゃない」というのがあります。人間ですからそういう気持ちが出てくるのは普通のことです。 そういう気持ちを言いたい時は仲のいい友達のなかだけで言えばいい。 ところがその気持ちをネット上に書き込んで、大勢の人にまで…

精神的成長とはどういうことか

精神的成長とは、自分自身を深く理解し、自分自身を省みれる能力を身につけていくことだと私は考えています。

自分が変わるのは一回死んで再生するくらいの体験

心が治るとか性格が変わるというのは凄まじいことで、たとえて言うならば一回死んで再生するくらいの体験です。そのくらいじゃないと人間は変わらない。「ちょっと何かをして自分を変えてみよう」というくらいではびくともしない。 だから皆さん何かを始めて…

素晴らしい人格者を目指すことによるイライラと悪態

“いい人”になろうと努力し続けたり、“すばらしい人格者”になろうと自己向上し続けることが、イライラするもとをつくっていたり、相手に対して罵倒や悪態がでるもとをつくっていたりすることがあります。

つらい環境の方にわざわざ行ってしまう傾向

つらい環境の中にいることが身についてしまっている人のなかには、わざわざ自分自身を困難な方向にもっていってしまう傾向のある人がおられます。もっと楽で面白い方向に行けばいいんですが、それができずに、わざわざ苦しい方に行ってしまう。これを「セル…

情緒不安定パーソナリティ -不安定という安定-

情緒不安定パーソナリティというのがあるんですが、これは「不安定さに安定している」性質です。気持ちが安定すると次に不安になってしまうために、不安定でいることで安定が保たれている。言い換えれば、気持ちがすごく揺らいでいて一定した状態でいられな…