ヴェール心理カウンセリング【精神療法・人生指針】/加藤直樹

神奈川県大磯町にある相談所です。人間を理解するための専門所であり、悩み・精神状態の相談所です。わかってもらえない苦しみを減らしていき、人間を学び、思慮を深め、どう生きるかを考えながら人間的成長をしていく所です。深層心理学・臨床心理学・発達心理学・精神分析・文化人類学などの専門。家族や夫婦の相談、子どもの心の相談。精神症状や心の病などの相談。TEL 0463-62-0325 加藤直樹

不満

指しゃぶり、爪噛み、そしてタバコ

私たち人間は、人を求めるという根源的な欲望を強烈にもっています。親、友人、恋人など誰かと一緒にいたいという衝動が強くある。 それがうまく満たされないときは、自身の身体を相手(人)とみなして、それを求めようとします。 どういうふうに求めるかと…

政府への不満よりも企業のしていることを疑う

政府に対して不満を示したり文句を言うよりも、もっと考えなければいけないのは、私たちは企業によって踊らされているということです。 企業のつくり出す世の中の風潮や流行に、私たちは気づかないうちに乗らされていて、気づいたときには手遅れだったなんて…

旦那に不満を感じていて文句を言いたい時に

旦那に不満を感じていて文句を言いたい時には、話しにいらしてください。

親への文句が減り、感謝する面が思い出される

親への不満は多くの人が自身の内に抱えています。 普段の生活ではそういう不満は人に話しませんから外からはわかりませんが、内には不満があります。 なぜそういうことが言えるかというと、心理カウンセリングの場では親への文句がよく出てくるからです。 「…

感謝をしすぎることによるイライラや抑うつ

人や生き物、モノなど世の中に対して感謝することはとても大切です。 ただ、感謝をしすぎていたり、敬意を表しすぎていたりすることで、自分本来の感情や気持ちが抑えられてしまって、それで不満やイライラ、あるいは抑うつが生じている人もおられます。

自己満足だからと言ってやっても満足しない

「これは自己満足なんだ」と口に出して言うことで、自身を納得させ、相手を説得する人もおられます。 満足したらそれで終わりにしてくれればいいのですが、しかし何度やっても満足せずに延々と同じことを繰り返すために、周りの人たちをあきれさせてしまいま…

旦那や奥さんへの不満やイライラすることを話す

旦那や奥さんのことでイライラしていたり、不満を感じていましたら、話しにいらしてください。 お聴きします。

ちやほやされない、相手にされない、待遇も悪いといった不満

女の人のなかには、「美人や可愛い子は、男の人にちやほやされたり、待遇が良かったりするけれども、そうじゃない子は、まったく相手にされなかったり、ひどい扱いをされたりすることがある」といった不満が生じてきます。 男に人のなかには、「お金持ちやか…

自分が大事に扱われているかに敏感

「私は大事に扱われてこなかった」と感じている人は、現在において相手から自分が大事に扱われているかどうかにすごく敏感です。 それゆえ、相手のちょっとした言葉遣いや態度から、自分に対する関心の度合を読み取ることができます。 それで、ちょっとでも…

ストレス解消として不満や文句を言うことが病態化する

不満や文句を言う、そうやってストレスを解消している人もおられるでしょう。 そしてそれによって、心の病にならずに済んでいると考えている人もおられます。 ただストレスの解消方法として、言い換えれば心身負担の回避方法として、不満や文句を言うことが…

吐き出したい感情を我慢できずに、その場で言ってしまう

精神分析には「肛門期」という概念があります。 「肛門期」というのはいわゆるトイレット・トレーニングの時期のことです。 トイレに行きたくなった時にその場では我慢して、トイレに入ってから排出する、ということを学習しています。 それを感情に当てはめ…

公平に扱われることに対する欲求不満

自己愛が肥大化しますと、公平に扱われているにもかかわらず、それを不公平に感じたりします。 誰かに何かしてもらっていることが当たり前だと思ったり、人から関心をもたれたり、褒めてもらっていないと不機嫌になったりする。 つまり、自分が特別扱いされ…

お金に細かい彼氏(彼女)への不満

彼氏(彼女)に対する不満はいつの時代も出てくるものでして、たとえばお金に細かいことの不満を誰かに言わなければ気が済まなかったりします。 1円単位で割り勘にするとか、クーポンが使える店にしか行かないとか、そういう不満は多く人が体験しています。 …

不満をお聴きしますのでいらしてください

不満なことがありましたら、私がそのお気持ちをお聴きしますのでいらしてください。 不満を聴いてもらうことでずいぶんと心身の状態が変わってきます。

相手の行為が理解できず腹が立ってくる時に

相手の言うことや行為が理解できず、腹が立ってきたり不満を感じる時は話しにいらしてください。 愚痴も言いにきてください。

奥さんの旦那さんについての愚痴でよく耳にする言葉

奥さんの旦那さんについての愚痴でよく耳にするのは、「あの人は話が通じない」と「幼くて子どもみたい」という言葉です。

他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりする

自分とは関係のない他人の人生にちょっかいを出したり干渉したりするというのは、自分の人生が納得いっていない状態にあるということでしょう。自分のことで楽しんでいたら他人のことなど見向きもしないものです。

若い女の人の「だいたい男っていうのは…」という文句

若い女の人が男の人に対して「うざい」とか「きもい」などと言うことがあります。これは仕方がないのもわかります。男の人がしている未熟な行為をよく見聞きすることがありますから。 ただ、「だいたい男っていうのは…」といって男全体に文句が始まる場合は…

幸せを感じるときもあれば不幸と感じるときもある

「幸せになるためには~したら良い」などと言われることがあります。 幸せになると言っても、実際には人が幸せを「感じる」わけでして、幸せという実態や存在があるわけではありません。 ですから、幸せになったとしてもそれは一時的なもので、「私って不幸…

きりがなく口から出てくる「不満や文句」

悩みは口に出して人に語れば徐々に解決してきたりします。また一般的な不満や文句も口に出して人に語れば徐々に無くなっていきます。 しかし、人格形成に問題を抱えている場合には「不満や文句」を口に出して人に語っても、キリがなく出てきます。無くなると…

悩みを言ってもわかってもらえないので言わなくなる

悩みを抱えている人が悩みを話さなかったりするのは、人に言ってもわかってもらえないと感じているからです。 わざわざ身を削って話したところで、またどうせ無駄に終わると思うと話す気が起きないのです。 たとえまた言ったところで、たいてい誰からも同じ…

ニュースを見聞きして非難や批判を言うことが癖になっている

非難や批判を言うことが癖になっている人がおられます。 世の中で起こった出来事や事件などをニュース番組で見聞きしては、それに対する非難や批判を人に聞かせたり、SNSに書き込んだりする。 癖になっていますから、出来事や事件の背景などはほとんど考えず…

「彼氏(彼女)ができない」、「あの男(女)はダメ」といった愚痴や不満

「彼氏ができない」「彼女ができない」、あるいは「あの男はダメ」「あの女はダメ」といった愚痴や不満を友人に聴いてもらうのもいいでしょう。 しかし毎度毎度、同じ愚痴や不満を言っていても精神的な成長は起こりません。 言いたくなった時は心理療法家な…

昔は不便で物の不足した生活だったという記憶

昔の生活は今と比べて不便で物も不足しており、苦労することや悔しい思いをすることも多かったですから、当時から生きておられる人のなかには大変な生活だったという記憶が何度もよみがえってくる人もいます。 それゆえ今の快適な生活と比べると、ことあるご…

彼氏や彼女ができない原因を自分の側に深く求める

彼氏や彼女がずっとできず、恋愛がうまくいかないと悩みはじめると、「なぜ私は恋人ができないのか」という自分の側の原因を考えることになります。 それは誰しもすることですが、ただあまりにも深く考えすぎて「なぜ」「なぜ」ということばかり考えて答えを…

人に不満を言ったり説教をするので自分は悩みがない

「私は悩みなどない」などと言う人がおられます。 そういう人は、自分が悩まないで済んでいる分、周りにいる人が悩んでいたりします。 周りにいる人に不満をいろいろ言ったり説教をしますから、周りにいる人は悩まされるけれども、本人はスッキリするので悩…

自分勝手な旦那さんもいれば、決断できない旦那さんもいる

旦那さんのなかには何でも自分勝手に決める方もおられます。 奥さんの意見を聞かずに決めたことを一方的に言ってくるので、奥さんは振り回されて腹が立ってくる。 それで「あんな旦那、ありゃしない」と不満が出てきます。 一方で、旦那さんのなかには自分一…

イライラする本当の理由に気づけていない

子どもは親から見捨てられるのではないか、という恐怖心を多かれ少なかれ持っています。見捨てられればどうしていいかわからないですから、しぶしぶ親の言う通りに従います。 親の言うことが納得できる範囲であればいいのですが、親の言うことがあまりにも理…

不満を心理療法家という人間に聴いてもらう

不満を言いたくなったら心理療法家という人間にきちんと聴いてもらう。 このことを習慣づけることで自分という人間が随分と変わってきます。

人から相談をよく受けるという人こそ相談をしてほしい

人から相談をよく受けるとか周りに悩んでいる人が多いという人、そういう人ほど心理の専門家に相談してほしいです。 といいますのも、そういう人ほど悩みや問題を抱えているからです。 しかし、そういう人はまず相談には来られません。 たいてい本人は「私は…