読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

彼氏や彼女ができない原因を自分の側に深く求める

ずっと彼氏や彼女ができず恋愛がうまくいかないと悩みはじめると、「なぜ恋人ができないのか」という自分の側の原因を考えることになります。それは誰しもすることですが、あまりにも深く考えて「なぜ」「なぜ」ということばかり考えて求めるようになると、…

不満を言ったり説教をすることで悩みがあることがわかる

「私は悩みなどない」と言っていても、悩みを自覚できていない場合もあります。そういう場合は不満をいろいろ言っていたり、人に説教をすることが多かったりしますから、この人は悩みがあるんだなと感じられます。

わがままな旦那さんもいれば、決断できない旦那さんもいる

旦那さんのなかには何でも自分勝手に決める方がおられます。そうすると、奥さんは「あんな旦那、ありゃしない」と不満をもらすのですが、そのわがままにつき合わざるを得ない。当然、すごく振り回されますから腹が立ってくる。 一方で、旦那さんのなかには自…

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という発言

「人は裏切るけれど物や食べ物は裏切らない」という言葉が口から出るということは、自分が相手から裏切られてつらい思いをしたということでしょう。 しかし一方で、自分も気づかないうちに相手を裏切る行為をしているものです。相手からのメッセージを無視す…

男が上か女が上かを言いたくなる

自分自身が悔しい思いをしていますと、「女の方が男より能力が上だ」とか、あるいは逆に「男の方が女より能力が上だ」などと、男や女をひっくるめて優劣を言いたくなるものです。

イライラする本当の理由に気づけていない

子どもは親から見捨てられるのではないか、という恐怖心を多かれ少なかれ持っています。見捨てられればどうしていいかわからないですから、しぶしぶ親の言う通りに従います。 親の言うことが納得できる範囲であればいいのですが、親の言うことがあまりにも理…

不満を心理療法家という人間に聴いてもらう

不満を言いたくなったら心理療法家という人間にきちんと聴いてもらう。このことを習慣づけることで自分という人間が随分と変わってきます。

人から相談をよく受けるという人こそ相談をしてほしい

人から相談をよく受けるとか周りに悩んでいる人が多いという人、そういう人ほど心理の専門家に相談してほしいです。といいますのも、そういう人ほど悩みや問題を抱えているからです。 しかし、そういう人はまず相談には来られません。たいてい本人は「私は悩…

子どもの両親や学校に対する不満

子どもは両親に対する不満や学校での不満をどこかで言いたいものです。その役割が昔はじいちゃんやばあちゃん、あるいは親戚のお兄ちゃんやお姉ちゃんだった。 じいちゃんやばあちゃんのところへ行って、バーッと話して聞いてもらうと、ずいぶんと気持ちがお…

頭脳では分かっているのに衝動を制御することが難しい

人は頭脳では理解していても行動が伴わないものです。これはほとんどの人が感じていることでしょう。たとえば、言わない方がいいと分かっているのに言ってしまって後悔するなんてことはよくあります。それで今後は気をつけようと思うわけですが、次の時には…

不満を語って新たな気持ちを生まれさせる

「不満を吐き出したい」と感じておられたら、私に不満を語ってください。人それぞれ様々な不満、たとえば親、世間、恋人、職場などの不満があるでしょう。そうした不満を専門家に語ることで気持ちがスッキリするでしょうし、そうすることで今度は新たな気持…

育った環境の不満や、親への怒り・恨みが引き起こす問題

育った環境の不満や、親への怒り・恨みをいまも持ち続けているという人は、心理療法や心理カウンセリングを受けてみてはいかがかと考えます。 なぜかと言いますと、そうした怒りや恨みは現在の人間関係や夫婦関係に影響を与え、問題を起こしたりするからです…

自分のつらい気持ちと、それを他人が感じるときの「差」

自分のなかですごくつらいと感じていても、他人からはそんなにつらくなさそうに見られることがよくあります。 悩みを抱えている場合、この「差」にも苦しめられることになります。 自分が感じている気持ちと他人が感じている感覚の間に差がすごく開いている…

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

なにか満たされない気持ちがある

みなさん、こうしたいとか、ああしてほしいといった願望がいろいろあると思いますけど、深いレベルでの自分の願望というのはなかなか気づくことができません。その深いところにある願望というのは叶えるのがものすごく難しいので、気づけないようになってい…

自分が変わっていくために

自分を変えようと思ってもなかなか変わらなかったり、あるいはどうして良いか分からないということが多いものです。自分が変わるためには、まず今の自分をまるごと受け入れてくれる人の存在が必要で、その素地があってはじめて“そこから”自分が変わっていけ…

人や世の中に対する文句や悪口で意気投合してつながっている相手

誰かの悪口を言ったり、世の中に対する文句を言いますと、たいていそれによってつながる相手が誰かしら出てきます。そういうつながりは、誰かを悪者にしてつながった危うい関係ですから、ちょっとしたことで今度は、自分や自分の周りの人に文句や攻撃の矛先…

SNSに不満や文句を書き込んでしまう生き方に悩んでいたら

「気がついたらSNSに不満や文句を書き込んでいる」、そういう生き方から脱したいと悩んでおられましたらご相談ください。

悩みは無くても問題を抱えている

「私は悩みがない」と言われる人がおります。「私は悩みがない」と言われるのですが、SNSなどネットでは汚い言葉を吐いたり、悪口や不満を言ったりしているのを見かけます。こういう人は自分では自分自身に悩みはないと認識しているのでしょうが、問題は抱え…

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない場…

お父さんが自分の気持ちを語ることで家庭の雰囲気が変わる

お父さんが優しくなり愛情を表現できるようになると、お母さんがイライラしなくなり不満も出なくなります。お母さんが家でゆったり過ごせるようになると、子どもに対して優しく接することができるようになります。そうなると家庭は穏やかで和やかな雰囲気に…

父親だけが美味しいものを食べれた時代

昔の家庭では父親だけが美味しいものを食べて、家族のほかの成員はその残りものなんかを食べるのが普通でした。子どもたちはそういういい思いをしている父親を見ながら、親から「あんたもいい学校を出て、いい会社に勤めれば、厚いステーキを食べられる」と…

年配者は失敗をうまく隠してしまう

人は誰でも失敗をするわけですけれども、歳をとってくると失敗を隠すのがうまくなります。歳をとって成長したからといって失敗をしないわけではないのです。 歳が若い人はまだまだ失敗を隠すのがうまくありませんから、失敗を見つかってしまって年上の人に指…

「男らしい人がいない」「女らしい人がいない」

「男らしい人がいない」とか「女らしい人がいない」と異性に対して文句が出てしまう場合、それは本当には異性に向けられたものではないのでしょう。 自分自身が男らしくない、あるいは女らしくなくてダメだという気持ちが心の奥底にあって、でもそれを認めた…

素晴らしい人として背伸びして生きている

「素晴らしい人格者にならなければいけない」と考えて背伸びをして生きていることが、窮屈さをつくりだし、そして不満を生み出し、そしてイライラを生じさせていたりします。

毒を吐くときや愚痴を言うときの話し方

毒を吐いたり愚痴を言ったりするのは人間ですから仕方ありません。でも、それが上から目線に聞こえて嫌がられる言い方もあれば、そうじゃなくて共感を生む言い方もあります。