読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の治療

睡眠薬や抗不安薬などによる薬物依存症の治療をおこなっています。ご相談を望まれるかたはご依頼ください。

会社や学校に行かなければいけないという義務意識

私たちは学校や会社に対して「行かなければならない」という義務意識を強くもちすぎています。「休んではいけないものだ」という気持ちが強すぎるために、人によっては余計に行けなくなったりします。

身体の不調と症状の治療をおこなっています

私のところでは、身体の不調と症状の治療をおこなっており、身体症状に関与している心理的問題も治していきます。また、健康相談をおこなっており、ストレス症状などのメカニズムを教えています。不安や心配事など色々と聞きたいことをじっくりと話せますの…

お金を使うというストレスへの対処方法について

ストレスを発散させるのに「お金を使う」という対処方法ばかりを選択していますと、「お金を使うこと」が唯一のストレス発散方法になってしまう場合があります。 その場合、お金を使っているときは一時的に快感を得られますが、その快楽は長く続かず、結果的…

病名にとらわれないことが大切

症状に病名をつけてしまうと、どうしても“それ”にとらわれてしまいます。たとえば、うつ病などといった気分障害の診断名がつけられると、「うつ病を治すためにはどうしたらいいか?」という観点だけから自分の身体を診るようになってしまいます。 でも、その…

会社におけるメンタルヘルスケアという動きについて

会社などのなかで行なわれている「メンタルヘルスケア」という動きは、心の病気になった患者の症状や精神状態を「正常に戻す」という意味合いがものすごく強い。しかし実際には、患者だけが病気なのではなく、社会や職場、世間のありかたなどの様々な良くな…

心が癒え、そして癒されるには

心が癒され、本当の意味で変わっていくためには、自分が変わっていくのをじっと待ち続けてくれる人がいる、という感覚を持てることです。 もっと成長した方がいいと説教したり、考え方を変えた方がいいと言う人はたくさんいるけど、そうじゃなくて、温かく見…

説教すると元気になる

人に説教をすると元気が出ます。「こうした方がいい」とか「そういう考えじゃダメだ」なんて言いますと、相手の活力を奪いますから話す側は元気になります。だから会社の上司もそうだし、友達や恋人の間柄でも優位に立っている人は元気がいい。一方で説教を…

人から「つらいね」「大変だよね」と言ってもらう

子どもが母親から「痛かったね」とか「つらかったね」と言ってもらうことにより、自分が痛かったのだとか、自分がつらかったのだとわかってきます。 それと同じように、大人になっても、人から「つらいね」とか、「大変だよね」と言ってもらうことにより、自…

人の役に立っていると感じるときほど嬉しい

相手から何かを頼まれること、言い換えれば、人の役に立っていると感じることほど嬉しいことはありません。相手の要望を叶えてあげて感謝されることで、自分の存在意義を確認でき、「相手と関われた」という嬉しさがこみ上げてくるからです。 だから、相手の…

特定無気力症

ある特定の事をやろうとすると気力が出なくなり、身体の具合も悪くなるといった状態を特定無気力症と私は呼んでいます。

お酒やゲームでのストレス発散

お酒を飲んだりゲームをしたりすることが、ストレス発散の方法の一つだと言われたりしますが、それらはある程度健康だからできることです。本当に悩んでいたり、病んでいる時には、お酒やゲームなどをしてもどうにもなりません。そんな事ぐらいでは自分を対…

家庭や会社の組織には外から別の空気(人)を入れる

家族は、たとえてみれば卵の殻みたいなものでして、内側ではいろいろなことが起こっているのですが外から見ても何もわかりません。だから外部から第三者が入らないと変わらないところがあります。 第三者が入ってくると中の動きに変化が生じて、家族の成員が…

リラックスすることが苦手

リラックスすることが苦手な人もいます。リラックスをすると疲れも同時に出てくるので、リラックスするのが嫌で、何かをしていた方がいいと言う人も多い。 そういう人たちが、普通にリラックス状態を楽しめるようになるまでには、ある程度の期間が必要です。…

ストレスをこれ以上気にしない、と考えること

「ストレスをこれ以上気にしない強いメンタルの作り方」などということが最近よく言われます。ストレスを感じるということは心身からの警告なのですから、それを気にしなくなったら、病気になってしまいます。