加藤直樹の深層心理の相談・治療

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

イライラ

腹が立つことやイライラすることがあったら

腹が立つことやイライラすることがあったら、私に話してください。話せばきっと気持ちが落ち着いてくると思います。

人と自分を比較しなくなると焦る気持ちも減ってくる

人と自分を比較しなくなりますと、「これをしなければ」「あれもしなければ」という焦る気持ちも減ってきたりします。ただ、人と比較しなくなるというのが難しいことですが…。 焦る気持ちを抱えている場合の問題は、たとえば、人から「そんなに頑張らなくて…

ニュースを聞いて文句や批判を言うことが癖になっている

文句や批判を言うことが癖になっている人がおられます。世の中で起こった出来事や事件などをニース番組から聞いては、それに対していちいち文句や批判を人に聞かせたりSNSに書き込んだりします。 癖になっていますから、出来事や事件の背景などもたいして考…

積極的で対抗的(攻撃的)な人に起きやすい心身症

生きることに積極的で対抗的(攻撃的)な人は、人生の目標を明確に立てたり、仕事の目的意識をとても強くもちます。そして大抵いつも頑張っており、また目まぐるしく動き回るので常に忙しくしています。 そのため、病気ではないのに身体のあちこちが具合の悪…

彼氏や彼女ができない原因を自分の側に深く求める

ずっと彼氏や彼女ができず恋愛がうまくいかないと悩みはじめると、「なぜ恋人ができないのか」という自分の側の原因を考えることになります。それは誰しもすることですが、あまりにも深く考えて「なぜ」「なぜ」ということばかり考えて求めるようになると、…

「私は負けない」という対抗心 -痛みと体調の悪さ-

困難に対して、「こんなことで私は負けない!」と気合を入れることもあるでしょう。そういう気持ちも大切です。 しかしその一方で、困難に“対抗”しようとしてばかりいると、神経が攻撃態勢に入りますから普段の生活でもイライラが起こったり、ケンカ腰になっ…

イライラする本当の理由に気づけていない

子どもは親から見捨てられるのではないか、という恐怖心を多かれ少なかれ持っています。見捨てられればどうしていいかわからないですから、しぶしぶ親の言う通りに従います。 親の言うことが納得できる範囲であればいいのですが、親の言うことがあまりにも理…

問題の深い夫婦は安易な解決方法ではどうにもならない

夫婦問題が起こっている場合に、当事者に向かって「こういうふうに直していきましょう」と他人が言って、それを受け入れてくれて変わってくれる夫婦は、問題の浅い夫婦です。問題の深い夫婦は「こういうふうに変えましょう」と言ったくらいではどうにも解決…

イライラしていると余計に腹の立つことが起こる

イライラしていますと腹の立つことがまた起こりますから、余計に怒りが増していくことになります。ですから、イライラすることは私にお話しください。

この気持ちは異性にはわからないと言いたくなる時もある

女性は男性に対して「この気持ちは男にはわからない!」と言いたい時があるでしょうし、男性は女性に対して「この気持ちは女にはわからない!」と言いたい時があるでしょう。 どちらもお互いに主張したいことが出てきますが、だからといって、いつもそう言い…

相手のネガティブな発言を聞いていられずに止めてしまう

相手が「あれもできない」「これもできない」と話をする場合、それを聞いている方は「ネガティブなことばかり言ってないで、実際にやってみたらどうなの?」と言いたくなる人がほとんどでしょう。 人はあまりにもネガティブなことを聞いているとイライラして…

家庭環境に恵まれなくて自己啓発しても自分が変わっていかない

家庭環境に恵まれなかった人たちの多くが、自分自身が心理的な問題を抱えていることに気づいています。人に嫉妬したり、人を疑ったり、人を裏切ってしまったり、約束を破ったり、相手を怒らせたり、相手を罵倒してしまったりして、人間関係をうまく平穏に継…

腹の立つ相手によって自分が正されていく

誰でも腹が立つ相手がいると思いますけれども、そういう人がいるから自分の考えや行動が修正される、という面もあります。

恋人に好かれたい気持ちから自分に無理をさせる

恋人に好かれたい、あるいは恋人本人の評価を高めたいと考えて、恋人に対して本来の自分ではしないような無理をしていますと、次第に怒りが積もっていき、イライラすることが多くなったりします。 無理をしてしまう気持ちはわかりますが、あまり無理をしない…

意識されない隠れた不満や怒りによる症状や人間関係の悪化

機嫌よく生きられたら、そんなに良いことはないわけでして、それができたら健康にも人間関係にも良い影響を与えるでしょう。しかし、人は時にイライラしたり怒りたくなったりするものです。なぜイライラするかといったら自分にとって気に食わないことがある…

見捨てられ不安による献身、そして怒り

見捨てられ不安が強いと、どうしても相手に尽くしすぎてしまいがちです。これ以上、淋しい気持ちを味わいたくないですから、これでもかというくらい異性や同性に献身します。 相手から見れば「これほど尽くしてくれる人はいない」と感じますから、すごく良い…

すぐに不機嫌になり相手をバカにしたり嫌味を言う

心の問題や病といいますと気分が落ち込んだり、不安になったりする状態を思い浮かべる人が多いでしょう。これは理解しやすいものです。 一方で理解しにくいのが「怒り」という心の問題や病です。 極端に真(ま)に受けやすく、すぐイライラしたり、すぐ不機…

イライラを抑えたくて、抑える方法を知りたい

ちょっとしたことでイライラや怒りが出てしまうので、「怒りを抑えたい」と言われる人はとても多くいます。それで「どうしたらイライラが抑えられるか?」という方法を知りたくなるわけですが、方法を頭で理解して意志や理性でコントロールができるようなら…

親が口やかましくて嫌という時に

親が口やかましくて嫌に感じている時に、「親が口やかましく言うのは、私に幸せになってほしいからだ」と言われる人もいます。 「そうか、そう考えないといけないな」と思う一方で、でも「そりゃ、そうかもしれないけど腹が立つ」というが本音でもあります。…

心身の歪んでいる部分に症状が出てくる

もともと身体はどこかが歪んでいますし、精神もどこかが歪んでいます。みんなそうです。完全体の人なんて一人もいません。ですから身体の歪みや精神の歪みがあること自体はそれほど問題ではありません。 しかし、そこに対人関係やら激務やらの外部からのスト…

世間の言っていることや世の中の出来事にイライラする

他人の言っていることや、世の中の出来事に毎回反応してイライラしていますと、身体の具合も悪くなってきます。

相手にも同じように苦労してもらいたい

自分が苦しいときには、相手にも同じように苦労してもらって、自分の苦しみをわかってもらいたいと思う時もあります。

怒りっぽさと攻撃性

怒りっぽい人は自分の攻撃性について考えてみるといいと思います。ご自身だけで考えても分からない場合は私にご相談ください。

自分を変えようと思っても変えられない

「相手を変えるには、まず自分から」というのは、相手の対応や周りの環境をつくっているのは自分自身だから、その自分が変われば相手も変わる、ということでしょう。 たしかにその通りでしょうし、ほとんどの人がそれをわかっていると思うのですが、しかし、…

キャリアを積み重ねてきている女性の相談

昔と比べてとても多くなってきている相談の一つは、キャリアを積み重ねてきている女性の相談です。 そうした女性は交友関係も広く、頭もよく、仕事もできて、つねに忙しくしているのですが、たとえば、付き合う男性と衝突しがちで、激しい言い争いの末に破局…

自分の中にある怒りをコントロールできない

自分の中にある怒りをコントロールできずに、「相手を不機嫌にさせたらどうしよう」とか、「怒らせたら嫌われるんじゃないか」と不安になっている人は多くいます。 まるで自分の中に地雷原があるようなものでして、“怒りが爆発してしまったらどうしよう?”と…

ストレスを軽減する仕方次第で、また別のストレス要因をつくりだす

どのようにストレスを感じているかを省みることが大切ですが、それと同等に、そのストレスを何気なくどういう仕方で回避・軽減させているかを省みることが大切です。 ストレスを感じ続けるのはつらいですから、それを避け、気持ちを良くするために、多くの場…

悩みは無くても問題を抱えている

「私は悩みがない」と言われる人がおります。「私は悩みがない」と言われるのですが、SNSなどネットでは汚い言葉を吐いたり、悪口や不満を言ったりしているのを見かけます。こういう人は自分では自分自身に悩みはないと認識しているのでしょうが、問題は抱え…

素晴らしい人格者を目指すことによるイライラと悪態

“いい人”になろうと努力し続けたり、“すばらしい人格者”になろうと自己向上し続けることが、イライラするもとをつくっていたり、相手に対して罵倒や悪態がでるもとをつくっていたりすることがあります。

「不満」が誰に向うか、どこに向うか

不満というものは移行したり、入れ替わったりします。たとえば自分が世の中でうまくやれない不満というのは、不満のやり場がないので親への不満になったりします。逆に、家庭での不満は社会や文化への不満に移ったりします。 また親に盾突(たてつ)けない場…

相手を変えようとしてイライラする気持ち

自分を変えたいと考えて、自分を変えてみようとする人も多いでしょう。しかし大抵うまくいかず、描いていた理想通りに自分を変えられなくて怒りがわいてきたりします。その怒りは自分に向わずに相手に向うことがありまして、その場合は、自分を変えられない…

頑張ることや踏ん張ることが人生の目的

頑張ることや踏ん張ることが人生の目的になってしまっている人もおられます。こうなってくると人生を楽しむよりも、他人に対してイライラすることが多くなったりします。

相手のことをとやかく言いたくなる時

自分に愛情が不足していたり自分に関心をもってもらえなかったりしますと、相手のことをとやかく言いたくなることがあります。関心をもたれていない自分自身を自分がみているのはつらいので、関心をもたれていない自分から意識をはずして、他人の言動に意識…

イライラや怒りの出やすいところ

イライラや怒りは出やすいところ出ます。出やすいところとは、言い換えれば「ある人」です。別の人には出ないのに、「ある人」に対してだとイライラが出てしまうということが起こります。それで怒ってしまった本人は、怒りを出してしまって申し訳なかったと…

なぜイライラしたり怒りが出てくるのかを理解する

「イライラや怒りをコントロールする」ということがよく言われます。社会生活をする上では、イライラや怒りをコントロールしないとやっていけませんから、それは必要なことでしょう。 ただ、イライラしたり怒りが出てくるということは、現実にイライラさせら…

年配者は失敗をうまく隠してしまう

人は誰でも失敗をするわけですけれども、歳をとってくると失敗を隠すのがうまくなります。歳をとって成長したからといって失敗をしないわけではないのです。 歳が若い人はまだまだ失敗を隠すのがうまくありませんから、失敗を見つかってしまって年上の人に指…

素晴らしい人として背伸びして生きている

「素晴らしい人格者にならなければいけない」と考えて背伸びをして生きていることが、窮屈さをつくりだし、そして不満を生み出し、そしてイライラを生じさせていたりします。

うつ状態を経験した人の苛立ち

うつ病やうつ状態を体験した人は、気軽に「鬱っぽくなった」などと発言している人をみると、苛立ちを覚えたりします。たとえば「そんな簡単に鬱だなんて言わないでほしい」「そんな甘いもんじゃないよ、鬱は」と発言することがみられます。 こうした発言がで…

相手の気持ちを読める人の苛立ち

相手の気持ちを深く読めてしまう人は相手にとても気をつかいますから、人の気持ちを読めない人をみるとイライラしてくるものです。「なぜ、人の気持ちを考えないのだろうか」と。人の気持ちを深く読めれば読める人ほど、その苛立ちも大きくなります。