読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

考えを深める体験をしておく

困ったときに相談や質問をして、パッと答えてくれる人がいてくれるのはありがたいですし、時には必要です。一方で、いつもそのようにして人から答えをもらって、わかったような気になってしまうと浅いところで解決してしまいますから思考が深まりません。 そ…

将来に対する不安の相談 -他者から煽られないために-

ほとんどの人は将来に対して不安を抱くものです。「この先どうなるんだろう」とか、「このままでいいんだろうか」とか、また「これからどうしていくのがいいんだろうか」といったことで悩みます。 悩むことは大切なことですが、その不安を他者から煽(あお)…

「過去のせい・誰かのせい」を捨てられないから困っている

「“過去のせい、誰かのせい”を捨てたときから人生は好転する」というようなことがよく言われますが、それができないから皆さん困っていたり、悩んでいたりするわけです。

自分のしていることに自覚がないとアドバイスをもらっても活かせない

自分のしていることを自覚していないと、いくら良いアドバイスをもらっても、それを活かすことは難しいでしょう。人からアドバイスをしてもらって実践しているのに、うまくいかないのでしたら、アドバイスが本当の意味では活きていないのかもしれません。で…

「こう考えたらいい」とうたう人生論の本を読みたがる場合に

人生について書かれた書籍などにありがちなのは、「こういうことをやったらいい」とか「こう考えたらいい」などと書かれたものです。そういうものを読みますと、参考になったりヒントをもらったように感じて、次から私もこれを実践しようなどと考えてしまう…

よい人間関係・恋愛関係をつくるための学習と頑張りが役に立たない

世の中にこれだけ人間関係や恋愛関係をよくするための本やセミナーなどがたくさんあるにもかかわらず、よい関係がつくれずに悩んでいる人が多いのはどうしてでしょうか。 「こうしたら人から好かれる、愛される」とか、「こんなふうにすると人間関係がスムー…

人から相談をたくさん受けている人の陥りやすい罠

人から相談をたくさん受けている人の陥(おちい)りやすい罠(わな)は、相手に対して「こういう見方をしたらいいのに」とか、「こういうふうに考えたらいいのに」と言ってしまいがちになることです。 にっちもさっちもいかなくなって困って相談してきた人に…

心理カウンセリングは「聴いているだけ」と感じたら

心理カウンセリングを受けて、1回で行かなくなってしまった人、あるいは2、3回行ってやめてしまった人もたくさんおられると思います。理由としてはいろいろあると思いますけれど、カウンセラーが「ふんふん」聞いているだけで価値がないと思った、というのが…

人に対して助言するさいに

悩みを抱えている人に対して助言するさいは、相手の言うことを否定したりするのではなく、本人のこれまでの苦労やその苦労に対しておこなってきた対処を生かすような助言をすることです。

アドバイスをして人を変えたくなる気持ち

どの世界、どの職業でもその道を極めてくると、人に助言や教義はしなくなるものです。その道に入りたての時は、色んなことを学び、それを知った喜びでみんなにも教えてあげたいという気持ちになります。そして、「こうしたらいいんだよ」と言いたくなる。自…

言うよりも聴く方が大変でつらい

専門家が相談に来られた人に「こうした方がいい」とアドバイスするのは簡単ですし気が楽です。もっている知識を披露すればいいのですから。それを言わないでお話を聴いているだけの方が大変でつらいものです。 身近なことに当てはめてみますとわかりやすいと…