読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

頑固な性格の問題

頑固なところをもっていると、なかなか相手の意見を受け入れませんから、相手からみれば「私の言っていることを聞き入れないなら、この人はもういいや」ということになりますので、相手も離れていってしまいます。 当たり前と思われるかもしれませんが、たい…

権利じゃなくて特権があると考えている

「私には~する権利がある」とか、「これは私のものなんだから何をしてもいいはず」などと言いたくなる時がありますでしょう。 そんなときにちょっと待って考えて、「私は、権利じゃなくて特権があると勘違いしているんじゃないか?」と省みることが大切です…

囚(とら)われによる極端な言動と人付き合いの苦悩

囚(とら)われがありすぎると発言や行動が極端になりがちです。たとえば、ある見方や過去の記憶に囚(とら)われている場合、それにひっぱられて自分自身の考えや意見を強引に主張しがちになり、相手の考えや意見を受け入れられずにバッサリと切り捨てたり…

過剰な倫理心による逸脱行為

倫理は人間にとって必要なものですが、より強く身につければいいというものではありません。倫理が過剰に身につきますと、思考が偏ったり逸脱行為をしてしまったりすることもあります。

イライラする本当の理由に気づけていない

子どもは親から見捨てられるのではないか、という恐怖心を多かれ少なかれ持っています。見捨てられればどうしていいかわからないですから、しぶしぶ親の言う通りに従います。 親の言うことが納得できる範囲であればいいのですが、親の言うことがあまりにも理…

「絶対○○をしない」と言う行為

「私は絶対○○をしない」と言う場合、大抵それをしています。絶対にしないなら、そもそもその行為について意識をしないですから、「○○をしない」などと口に出さないものです。わざわざ言葉にして言うということは、それが気になってしょうがないのです。

苦労をすることによって身につくもの

苦労をすれば、それによって人の気持ちが分かるという面もあるでしょう。それと同時に、苦労をしたせいで僻(ひが)みが出たり、劣等感コンプレックスを抱えるという面もあります。

自分の精神的な成長が進んで相手の対応も変わってくる

「あの人はこういう性格だから、こういうふうに接しよう」と決めてしまいますと、それ以上、相手のことを深く知ることをやめ、相手との関係状態も固定されたものになってしまいます。 そうすると当然、自分も固定されてしまって精神的な成長は進みません。 …

無邪気に心の底から遊んで楽しむ

自分を向上させることばかり考えていないで、無邪気に心の底から遊んで楽しむことができてますでしょうか。

何度も同じ気持ちが口から出てくる

何度も何度も同じ気持ちが口から出てくるのは、それだけそのことについて悩みが深いということです。 何度も同じことを言っていると、相手からは「しつこい」と言われることになりますが、それだけその気持ちが心を占めているのです。

過去から引きずっているものを捨てる必要はない

新しいことを始めるのに、または新しい気持ちに切り替わるのに、今もっているものや過去から引きずっているものを捨てなければならないということはありません。 過去を引きずっているから自分が変われないのではなくて、過去を無理に切り捨てようとしたり、…

精神世界ではあらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまう

精神的な世界に入りますと、感受性が鋭くなって敏感になり、あらゆるものの細部が鮮明に感じ取れてしまうようになりますから、周りの環境や他人の言動に多大な影響を受けるようになり、気分が自分では制御できないほど揺れることになります。 ですから、精神…

悩みの渦による苦悩と強迫状態

意識が自分の内面に向いすぎてしまうと、深いところまでどんどん思考がいってしまい、次から次へと思考があふれ出てきて、悩みの渦から脱け出せなくなり、ずーっと何かに悩まされている状態になります。 そうした苦悩状態は強迫状態を伴いますから、自分自身…

体の見た目が気になって仕方がない

女性に多く見られることですが、抱えている何らかの心理的問題が体の問題へと替わったりします。 本来なら、心の悩みをそのまま悩めればいいのですが、それが苦痛だったり、悩むことに耐えられない場合には、身体のことで悩むように悩み事がすり替えられてし…

記憶は現在のものの見方や気持ちを反映している

記憶というのは、本人の現在のものの見方や気持ちを非常に強く反映しているものです。ですから逆に言えば、現在のものの見方や気持ちが変わると、記憶も変わってきます。

病名にとらわれないことが大切

症状に病名をつけてしまうと、どうしても“それ”にとらわれてしまいます。たとえば、うつ病などといった気分障害の診断名がつけられると、「うつ病を治すためにはどうしたらいいか?」という観点だけから自分の身体を診るようになってしまいます。 でも、その…

心の悩みというもの

他人からみれば大したことないようにみえて、しかし自分にとってはものすごく大変で困ったこと、それが心の悩みというものです。 だから気軽に「こうしたらいい」なんて言えない。なぜなら、そうできなくて困っているのですから。

性格という枠から抜け出していない

みなさんの多くが自分の性格を変えようと色々試みて、「この性格はこうやって変えて、あの性格はこう変えて・・・」とやったりするわけですけど、なかなか変わりません。 というのも、性格という枠のなかで考えを変えたり、行動を変えたりしているだけだから、…

「過去のせい・誰かのせい」を捨てられないから困っている

「“過去のせい、誰かのせい”を捨てたときから人生は好転する」というようなことがよく言われますが、それができないから皆さん困っていたり、悩んでいたりするわけです。

考えが偏るからこそ人と話をしている

人というのは普通に生きているだけでも、どうしても考えが偏(かたよ)ってきます。偏ったままだと社会生活を送るのが難しくなったり生きづらくなってきますから、偏りを戻さないといけない。 ところが人間はうまいことできていて、その偏りが自然と元に戻る…

「とらわれ」や「こだわり」が歳をとるにつれて減ってくる

歳が若いときは好き嫌いがとてもたくさんありますでしょ。食べ物もそうだし、人間関係もそうだし、洋服も音楽もありとあらゆるものに好き嫌いがハッキリしています。 これが歳をとるにしたがってだんだん減ってきて、好きじゃないけれども嫌いでもないといっ…

何も持たず死んでいく

映画『ベンジャミン・バトン』の中で、こういうセリフがあります。「生まれたときと同じように、何も持たず死んでいく」。何も持たずに生まれてきたのだから、死ぬときも何も持たずに死ぬ。私たちは多くのモノを持ちすぎてしまって、自分が何だか分からなく…

「思い込み」を捨てなくてもいい

「思い込み」を捨てることまでしなくてもいいのです。そもそも思い込みを捨てることなんてできないですし、思い込みがあることによって、先を見ることを可能にしたり、予想できたりするのです。ですから、自分が思い込みをもっているということを分かってい…

子どもが無茶苦茶なことをやったり言ったりする

歳をとってきますと、ほとんどの人はだんだんと頭がかたくなってきます。それを若い人からみますと、ずいぶんと古い考え方をしていると感じられるわけで、それで歳をいった人に対して反論したり反発したりすることになります。 とくに子どもからみますと、そ…

老後のお金の不安をかき立てられる

老後のお金の不安をかき立てられて、よろしくない行為に走ってしまう人も少なくありません。また、お金の不安をかき立てる人に感化されて、よからぬビジネスに入っていってしまう人もよく見られます。お金の心配が起こるようでしたら、まず私にご相談くださ…

相手からしつこく依存されて腹が立ってくる

人を悩みから助けてあげたい、と考えて相手に介入しすぎる人は、人の悩みに巻き込まれていってしまい、そして相手からしつこく依存されて、いい加減にしてほしいと思い始めて腹が立ってくる、ということになりがちです。

精神の世界で起こる極端な言動と強迫

気持ちが不安定になっていると、言い換えれば、精神の世界に少し足が入っていると、向こうの世界とこちらの現実の世界を行き来するようになるので言動が極端になりがちです。 しかし本人にとっては必死でそれらの世界を行き来しているので、なかなか気づけま…