読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加藤直樹の心理相談・治療|ヴェール深層心理

神奈川県大磯町にあるヴェール心理カウンセリング TEL 0463-62-0325

自分の決めたこだわりを通しているために恋愛経験ができない

恋愛がうまくいかずに苦しんでいる人の中には、恋愛に関して「妙なこだわり」をもっていたりします。こうじゃないとダメとか、これは譲れないとか、これは許せないとか、何か理由があるわけでもなく何となくそう決めている。 自分の決まりから外れることは相…

できないことには“こだわらない”

できないことには“こだわらない”ことも大切です。難しいことを成し遂げて達成感を味わうことも一つの喜び・楽しみですが、だからといってそこに“こだわらなくても”いい。

頑張る方向がズレていて努力が報われない

どんなに頑張っても全然うまくいかない、報われないといったことがあります。そういう場合、確かに努力はしているんだけれども、それの方向がズレていて、的が外れた努力をしていたりします。 たとえば「自分のことをわかってもらいたい」という気持ちが優先…

人から相談をよく受けるという人こそ相談をしてほしい

人から相談をよく受けるとか周りに悩んでいる人が多いという人、そういう人ほど心理の専門家に相談してほしいです。といいますのも、そういう人ほど悩みや問題を抱えているからです。 しかし、そういう人はまず相談には来られません。たいてい本人は「私は悩…

ひきこもりの子どもが親を寝かせてくれない

引きこもる生活になりますとだいたい昼夜逆転の生活になります。そして夜になって親御さんが寝ようとすると、たいていお子さんが寝室にやって来て親を寝かせてくれません。 「俺の話を聞け!」ということを言ってくるわけです。 親御さんは「なぜこんな夜中…

家に引きこもっていることによる細かいことへの色々なこだわり

家の中にずっと引きこもっていると、強迫症状が出やすくなります。外の環境に触れたり誰か他人との接触がないので、細かいことに色々なこだわりが出てきて、「こうじゃないとダメだ」というふうに、ちょっとしたことでも完璧にしないと気が済まなくなってき…

総合職や営業職の女性たちの「甘えられない性格」

総合職や営業職の女性のなかには、「私はどんなことにも頑張ってきた」、「私は誰にも負けなくない」という雰囲気がとても出ている人もいます。 男性と対抗しようとする「競争心」が過剰で、強迫的ともいえるほど勝ち負けや優劣にこだわります。 そういう彼…

子どもの食べ物の好き嫌いが「体験」によって変わる

子どもに食べ物の好き嫌いがあっても、畑に行って子ども自身が収穫したりすると、嫌いだった食べ物がとたんに好きになったりします。 好きか嫌いかという気持ちはそんなちょっとしたものなのかもしれないし、また体験するということがいかに大事かということ…

取り留めもなく出てくる思考に悩まされ混沌となる

いったん「どうして私はこうなんだろう?」という思考渦が始まると、もう、いろんな考えや心配ごとが浮かんできて混沌となります。「ああじゃない、こうじゃない」という哲学的な考えが頭の中にあふれんばかりになり悩まされます。 そして、さらにはその思考…

「とらわれ」や「こだわり」が歳をとるにつれて減ってくる

歳が若いときは好き嫌いがとてもたくさんありますでしょ。食べ物もそうだし、人間関係もそうだし、洋服も音楽もありとあらゆるものに好き嫌いがハッキリしています。 これが歳をとるにしたがってだんだん減ってきて、好きじゃないけれども嫌いでもないといっ…